プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GCash

GCashが地元アプリランキングで人気ブランドを上回る

AsiaNet 86784 (2216)

【マニラ2020年11月23日PR Newswire=共同通信JBN】フィリピンで現在トップの金融アプリであるGCashは、フィリピンでトップのデジタルブランドの1つとして浮上し、他の人気アプリを上回った。

信頼できる世界的なアプリランキング機関App Annieのデータランキングは、GCashが2020年1月から9月までのAndroidおよびiOSのアクティブユーザーでトップアプリとなり、9月のアクティブユーザーの伸びが2020年初めと比較して、130%の急増を記録したことを明らかにした。

GCashは、最近の月間ダウンロードが2020年前半と比較して270%急増した。

App Annieのこの最新データは、フィリピンでナンバー1のデジタル金融アプリとしてのGCashの牙城をさらに強化するものである。これによって、輝かしいフィリピンのデジタルブランドのGCashは、トップのグローバルブランドを凌駕し、現在はフィリピンの日常的なデジタルライフスタイルに組み込まれている。

GCashのMartha Sazon社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれGCashは、このマイルストーンを誇りに思うとともに、人々が活用できるさまざまなデジタル金融サービスによって、より多くの人々を支援していきたい」と語った。

同CEOは「とりわけ、われわれは、フィリピン人が在宅時でも働き、通常の日常活動を実行できるサービスを切望していることを理解している。人々は、在宅で便利にショッピングできる以外に、オンラインでその他の用事を済ますことも望んでいる。このためGCashはこれらのニーズをサポートする」と語った。

GCashは現在、2600万以上のユーザーを擁している。

ますます多くのフィリピン人が、日常生活での、とりわけニューノーマルでの、パートナーとしてGCashを利用している。GCashは多数のデジタル金融サービスをフィリピン人に提供し、中でも請求書の支払い、預金、送金、借金の支援をしている。

GCashが世界トップのデジタルブランドに迫っているのは、パンデミックでデジタル金融の人気が高まっていることの表れである。

地元では主要なグローバルブランドを追い越しているGCashは、ニューノーマルのライフスタイルに適合する手段としてフィリピン社会と生活様式にさらに食い込もうとしている。

Sazon氏は「われわれはステイホームのライフスタイルおよび経済にさらに深く入り込んでおり、ますます多くのフィリピン人が家計を調整し、生活費を管理することに集中するようになり、これに役立つ最高のツールを獲得することになる」と語った。

Sazon氏はさらに「GCashは、こうした厳しい時代において金融乱高下の課題を切り抜けることがより簡単にできるようにすることで、フィンテックへの民主化されたアクセスアクセスを提供している」と語った。

非接触決済や送金に加え、GCashのユーザーは、多くの金融サービスの中でも、請求書の支払い、携帯ロードの購入、借金、投資、保険加入を実行できる。

GCashを運営するGlobe Fintech Innovations Inc.(Mynt)は、917のベンチャーの1社であり、Golbe Telecom Inc.が完全所有するフィリピン最大の法人インキュベーターである。

GCashは、App StoreとGoogle Playでダウンロード可能である。詳細はウェブサイトhttps://www.gcash.com/ を参照。

▽問い合わせ先
Winsley Bangit
Chief Customer Officer
GCash – (Mynt – Globe Fintech Innovations, Inc.)
8th Floor, W. Global Center, 9th Avenue corner 30th Street
Bonifacio Global City (BGC), Taguig, Philippines
Landline: +63 2 7967848
Email: corpcomm@mynt.xyz

最新情報はGCashのソーシャルメディアページを参照。
https://www.facebook.com/gcashofficial
https://www.instagram.com/gcashofficial
https://twitter.com/gcashofficial

▽Myntについて
MyntはGlobe Telecom、Ayala Corporation、Ant Financialのパートナーシップであり、革新的かつ世界初のソリューションを顧客、小売店、団体に提供している。同社のビジョンは、デジタル金融テクノロジーを通じて従来のチャンネルを破壊することによって、消費者や小売店向けに金融アクセスを実現することである。同社は、フィンテック企業2社を運営している。この2社は、モバイルフォンをバーチャルウォレットにセキュアに転換するマイクロペイメントサービスのGCashと、フィリピン人が銀行やその他の融資期間が設定した従来の要件なしで、小口融資から企業融資まで受けることを可能にするテクノロジーベースの融資企業のFuseである。詳細はmynt.xyz を参照。

ソース:GCash

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ