プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

長沙市委員会宣伝部

長沙:中国ニューメディアのイノベーション高地

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011207477-O2-5h7W96GA

AsiaNet 86740 (2201)

 
【長沙(中国)2020年11月20日新華社=共同通信JBN】China New Media Conference 2020(2020年中国ニューメディア会議)が11月19日、長沙で成功裏に開催され、長沙は再び中国ニューメディア業界全体の注目を集めた。長沙市委員会宣伝部によると、長沙は昨年以来ニューメディア会議を2回連続で開いており、このことは中国ニューメディア業界のリーダー都市になるという長沙の大きな願望を明白に示すものだ。

China New Media Conference 2020は主として、クラシック映画の4K復元技術、リアルタイムAI手話ニュースリポート、先端製造分野での5G+VR産業レンダリング技術の適用、5Gインテリジェントラジオ局、4K UHDV技術とパノラマ音響効果などの代表的な製品と技術を展示した。これらの革新的な成果はすべて、ビデオ文化と創造的産業を配置した長沙のクラスター効果の成果である。

インターネット技術に依存し、ビデオ文化に焦点を当てるMalanshan Video Cultural Parkは、近年長沙が設立したイノベーション高地である。2年間にわたる開発の後、すぐにデジタルビデオを主要産業として、文化的かつ創造的な集いの場になった。エピデミック期間中、Malanshan Video Cultural Parkはオンライン競争入札、オンライン交渉、オンライン契約署名により、主要企業グループがサイト選択と決済を行うことをサポートした。これまでに1462社の新規企業が登録されており、うち18社はGlobal 500で有名な上場企業であり、その中で主要証券取引所上場の4社はMANGO EXCELLENT MEDIA、TVZONE、CHINA SOUTH PUBLISHING & MEDIA GROUP、HUNAN TV & BROADCAST INTERMEDIARY CO., LTD.である。

今年、「Sisters Who Brave the Winds and Waves(風と波に勇敢に立ち向かう姉妹)」という名のヒット番組が中国の夏に火をつけた。これはMalanshan Video Cultural ParkでMANGO EXCELLENT MEDIAが制作した高品質のバラエティー番組である。その人気の高さから、MANGO EXCELLENT MEDIAの株式時価総額は1300億元を超えた。

AIの急増に伴い、Malanshan Video Cultural Parkは技術革新の発展を追い続け、最先端を走っている。数日前、長沙市開福区の官庁ホールに「新しい友達」がいた。ホールでは聴覚障害者向けに24時間手話サービスを提供することができる。このハイテク製品は、Malanshan Hunan Qianbo Information Technology Co. Ltd.が発明した。

Hunan Qianbo Information Technology Co. Ltd.は、ライブニュースコラムで広く適用されている「仮想手話アンカー」技術の研究開発に専念してきた。彼らの製品は、多くのメディア、学校、政府系ホールによって購入されている。2020年10月、Qianbo Information Technology Co. Ltd.は、聴覚障害者向けのAI手話翻訳技術と手話ITプロジェクトの適用についてUNOSSCと合意に達した。

将来的には、長沙ニューメディア産業のレイアウトは、高品質な経済発展という目標を達成するための重要なエンジンになるだろう。長沙はまた、中国ニューメディア産業のイノベーション高地になるという目標を実現するためにペースを加速しよう。

ソース:The Publicity Department of Changsha Municipal Committee

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377331
写真説明:2020年中国ニューメディア会議

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377337
写真説明:Qianbo Information Technology Co. Ltd.のスタッフが「仮想手話アンカー」技術を紹介している

Qianbo Information Technology Co. Ltd.のスタッフが「仮想手話アンカー」技術を紹介している
2020年中国ニューメディア会議
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ