プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Artmarket.com

Artprice指数:美術品の価値は持ちこたえています・・・

AsiaNet 86683

Artprice指数:美術品の価値は持ちこたえています・・・

パリ、2020年11月19日/PRNewswire/ — Artpriceの四半期ごとの世界のアート市場指数は、通常は季節的な変動を示すものの、長期的には若干の減少傾向を2016年以降示してきました。2020年においては、健康危機にもかかわらず、穏当に推移しており、目に見える落ち込みは見受けられません。

このたび、Artpriceが更新した世界美術品の価格指数(カテゴリー別、期間別、国別にセグメント化)は、以下のサイトで無料でご覧いただけます:https://imgpublic.artprice.com/pdf/agi.xls?ts=2020-11-17 10:19:15

統計と個別調査に関するご要望については、エコノメトリクス部門までお問い合わせください:econometrics@artprice.com

ある種の潜在的な価格修正が見られるようになることを期待したいですが、「通常」の取引に戻るまでは、おそらく目に見えるようにはならないでしょう。危機の時代においては、アート市場は失望感を回避し、価格水準を維持するために提供されるロットの質的な選択性を高めることにより、供給を減速させます。今年は、オークションハウスが対応する時間的余裕も無いままロックダウンが発動され、突如取引停止に陥いると、その後の回復に遅れが生じました。

「アート市場には、独自の防御メカニズムがある」と語るのは、Artmarket.comの社長兼創業者であるThierry EhrmannとそのArtprice部門です。「昨今の健康危機による価格への影響が本当に出てくるのは、オークション市場が通常の取引量(年間出品数50万点)を取り戻すまで、そして何より個人取引が、主要なフェアの中止や多くのギャラリーの閉鎖を相殺するに十分な新しいチャネルを確立するまでは、完全には見えるようにはならないでしょう。当面の間、我々は活動に適切なレベルを確保するため、セカンダリーアート市場に提供されるロット数、技術的なソリューション、金融流動性について必要な資源を見つけつつあることを嬉しく感じています。」

Artpriceは、公売のみにより得られた結果に基づいて世界のアート市場指数を計算しています。しかし、このセグメントの市場では、より迅速かつ的確にロックダウン対策に適応しているように見受けられます:今年の初めから10月末まで、世界の美術品のオークションの売上高は25%の減少のみであり、落札されたロット数で見ても前年比でわずか16%減少したに過ぎません。そのため、多くの画廊や美術品フェアとは異なり、オークションハウスは事業の大部分を継続することができました。

また、オークション記録の幾つかは、美術品の市場価格が総崩れには陥っていないことを証明しています。それどころか、今年は比較的堅調に推移しています。2020年10月29日、ニューヨークのサザビーズでジョルジオ・デ・キリコの絵画Il pomeriggio di Arianna(1913)が、1,590万ドルで売却されたことは、名画の獲得に市場が依然として意欲的であることを示しています。ボティチェッリのYoung Man Holding a Roundelの取引は、1月まで延期となりました。オークションハウスは、一部の販売を遅らせている可能性がありますが、取引の継続性を確保しています。

イメージ:(https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2020/11/ARTMARKET-artprice-global-index-Indices-2020-nov.png

Copyright 1987-2020 thierry Ehrmann www.artprice.comwww.artmarket.com

弊社のサービスを試す (無料デモ):https://www.artprice.com/demo

弊社サービスを購読する:https://www.artprice.com/subscription

Artmarket について:
Artmarket.com は、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 – ブルームバーグ:PRC – ロイター:ARTF

動画でArtmarketとArtpriceを見る: https://en.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who’s who (c) 内の公式バイオグラフィーを見る:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2019/10/biographie_oct2019_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3,000万件以上のアート指標とオークション結果、74万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8千万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6,300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7,200)。450万人のログインメンバーが、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artprice by Artmarketによる2019年度グローバルアート市場報告書は、2020年2月に発表されています:
https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2019

Artmarket と Artprice によるプレスリリースのインデックス:
http://serveur.serveur.com/press_release/pressreleaseen.htm

フェイスブックとツイッターで、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:
https://www.facebook.com/artpricedotcom/(フォロアー数490万人)
https://twitter.com/artmarketdotcom
https://twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をみるhttp://web.artprice.com/video有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く “The Abode of Chaos”(The New York Timesより):https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

L’Obs – 将来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o
https://www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999
(フォロワー数450万人)
https://vimeo.com/124643720

Artmarket.com および Artprice 部門へのコンタクト: ir@artmarket.com, thierry Ehrmann

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1336516/Artprice_Global_Index.jpg 
Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1009603/Art_Market_logo.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ