プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Sai Life Sciences

インドのCRO-CDMO大手Sai Life Sciencesが東京に代表事務所を開設

AsiaNet 86682

インドのCRO-CDMO大手Sai Life Sciencesが東京に代表事務所を開設

– 11月25-27日開催の第2回ファーマラボExpo東京-医薬品研究・開発展(PharmaLab Expo Tokyo)に参加し、アウトリーチ活動を活性化

東京(日本)、ハイデラバード(インド)2020年11月20日/PRNewswire/ — インドで最も急速に成長している医薬品受託研究開発製造機関(CRO-CDMO)の1つであるSai Life Sciences(https://www.sailife.com/?utm_source=pr&utm_medium=web&utm_campaign=opens-representative-office-in-japan )は、東京にアジア太平洋地域の代表事務所を開設すると発表した。新事務所は、日本やその他のアジア太平洋地域諸国の革新的な製薬・バイオ技術企業への同社のアウトリーチの拠点機能を担う。経験豊富な業界スペシャリストである佐藤純次郎氏が代表取締役に任命され、東京を拠点に活動の陣頭指揮を執る。

Sai Life Sciencesは、2020年11月25-27日に開催される「ファーマラボExpo東京」(「インターフェックスWeek東京」の中で開催)に参加し、創薬、開発、商業生産の全般にまたがる同社独自の一貫サービス提供に対する認識を広めることを目指す。

Sai Life Sciencesはすでに日本の市場での実績を保有。具体例を挙げれば、同社は現在日本へのNCE(新規化学物質)の商用API(原薬)供給工場の役割を担っており、過去4年間に、50キログラムから150キログラムのバッチサイズで10トン以上のAPIを供給してきた。他にも2件の商用API向け重要中間体の供給者でもある。創薬の観点からは、同社はその化学、生物学、DMPKサービスを通じて、バイオテック企業や製薬企業が開発中のプログラムをHIT(ヒット)からリード最適化/候補段階へと前進させることに貢献してきた。

過去20年間、Sai Life Sciencesは多様なNCE開発プログラムにサービスを提供し、その品質と対応力に基づく価値を一貫して提供してきた。同社は、FDA(米食品医薬品局)とPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)の両方による研究開発(R&D)と製造施設全体に対する規制検査に100%合格した実績を有している。同社は現在、大手製薬企業上位10社のうち7社、さらには多数の中小規模の製薬・バイオ技術企業と協業している。インド、英国、米国の施設の全体で2000人を超える従業員を抱えている。

2019年の創業20周年に合わせて、同社は新世代のCRO-CDMOへの変革を目指した組織全体のイニシアチブであるSai Nxtを発表した。顧客からの知見とフィードバックに導かれ、同社は1億5千万米ドル以上を投資して、研究開発・製造施設を大幅に拡張、アップグレードし、科学的能力を深化させ、自動化とデータシステムを強化し、何よりも安全性、品質、顧客重視のサービス水準を引き上げている。

▽Sai Life Sciencesについて

Sai Life Sciencesは、2025年までに25の新薬上市をサポートするというビジョンを掲げるフルサービスのCRO/CDMO(医薬品受託研究開発製造機関)である(https://www.sailife.com/?utm_source=pr&utm_medium=web&utm_campaign=expansion-of-biology-capabilities-at-integrated-R&D-campus )。同社は、世界中の革新的な製薬、バイオテック企業と連携し、低分子分野における創薬、開発、製造を加速させている。新薬専業CDMOであるSai Life Sciencesは、多様な新規化学物質(NCE)開発プログラムに携わり、そのサービスの品質と対応力をベースとする価値を一貫して提供してきた。同社は現在、大手製薬会社上位10社のうち7社、中小の製薬、バイオテクノロジー企業数社と協業している。Sai Life Sciencesは株式非公開企業で、グローバルな投資家であるTPG CapitalとHBM Healthcare Investmentsの支援を受けている。https://www.sailife.com  

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1336500/Junjiro_Sato_Sai_Life_Sciences.jpg  
Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1044186/Sai_Life_Sciences_Logo.jpg  

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ