プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

BOE Technology Group Co., Ltd.

BOEがInnovation Partner Conference 2020を開催

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011197403-O2-XjGSGstl

AsiaNet 86721 (2180)

 
【北京2020年11月19日PR Newswire=共同通信JBN】BOE Innovation Partner Conference 2020(BOE IPC 2020)は11月18日、「ICPST. Intelligence Leads the Future(ICPST-インテリジェンスは未来をリードする)」をテーマに開催された。今年のイベントは、BOE Technology Centerの会場と初めてライブストリーミングされたオンラインの両方で開催された。このイベントには、世界中のBOEのパートナーが集まり、IoTイノベーションを共有し、将来の業界トレンドを話し合い、協調的イノベーションと総合的開発の可能性を探求した。

PHOTO – https://mma.prnewswire.com/media/1337741/image_836030_40821557.jpg

BOE IPCは極めて影響力のある国際IoT会合として認められてきた。技術的イノベーションと業界協力を推進するために重要なプラットフォームであるこの年次会議は、世界のパートナーから幅広い称賛を浴び、多数の革新的IoTアプリケーションシナリオの実現に寄与してきた。

BOE IPC 2020で、BOEのChen Yanshun会長は「ICPST. Create IoT Ecology(ICPST-IoTエコロジーを生み出す)」と題する基調講演を行った。会長は、インターフェースデバイスはIoT時代のデータ生成および提供の中核であり、インテリジェントIoTはアプリケーションシナリオを統合したバリューチェーンを構築するためにデータコネクティビティーおよびプラットフォーム構築を必要とすると指摘した。インターフェースデバイスおよびインテリジェントIoTに関してデータをいかにしてより効率的に生成、提供し、ハードウエアとソフトウエアの統合とシステム統合をいかにして達成するかは、BOEが長年探求してきたことである。これらは、パートナーとともにエコシステムを構築し、データの価値を最大限に活用するというBOEの取り組みを象徴している」と語った。

PHOTO – https://mma.prnewswire.com/media/1337739/1.jpg

グローバルな革新的IoT企業であるBOEは、業界のリソースおよびエクスパティーズをIoTと深く一体化させることにコミットし、ハードウエアとソフトウエアの組み合わせおよびシステム統合によって一連の製品およびソリューションを開発し、無数のIoTアプリケーションシナリオを生み出してきた。BOE IPC 2020で、China Center for International Economic Exchanges(中国国際経済交流センター、CCIEE)のチーフリサーチフェローであるZhang Yansheng氏も「Development Opportunities for Enterprises under the Double Cycle(複合サイクルにおける企業の開発機会)」と題する基調講演を行った。BOEのLiu Xiaodong社長は「Scenarios・Partnership・Harmony(シナリオ・パートナーシップ・ハーモニー)」と題する基調講演を行った。インベントにはまた、BOEの執行副社長(EVP)兼ディスプレービジネス・グループ最高経営責任者(CEO)のGao Wenbao氏、BOEの上級副社長兼インテリジェンスシステム・イノベーション事業CEOであるLu Kuan氏、ならびにNIO Co., Ltd.のEVPであるShen Feng氏、JingDeZhen Ceramic Culture Tourism Groupの会長であるLiu Zili氏、JD DigitsのチーフデータサイエンティストであるZheng Yu氏、Neusoft Corporationの会長兼CEOであるLiu Jiren氏を含む主要パートナーが参加した。参加者はさまざまなアプリケーションシナリオにおける実務を共有し、インテリジェントIoTの新しいエコシステムを共に描いた。

イベントでは、BOEは柔軟なAMOLED、ミニ/マクロLED、55インチ4K QLEDなどの最先端ディスプレー製品や、スマートパーク、スマートポート、スマートエデュケーション、スマートリテール、スマートファースト、IoT向けのソリューションを展示した。コンピュータービジョン、機械学習、ヒューマンマシンインタラクション、画質向上などの最先端テクノロジーによって裏打ちされたこれらの製品およびソリューションは、スマートリビングの新しい展望を開く。さらに、インターフェースデバイス・フォーラム、インテリジェントシステム・フォーラム、スマートエンジニアリング・フォーラム、産業インターネット・フォーラムでは、参加者がIoTアプリケーション、産業デジタル化、AI、健康管理を支援する革新的ディスプレーなど幅広い議題を深掘りし、さまざまなIoTセグメントにおけるテクノロジー、製品、アプリケーションについて話し合った。

未来に目を転じると、時代はあらゆる面でこれまで以上の速さで変化しており、インターフェースデバイスおよびインテリジェントIoTの分野もその例外ではない。BOEのChen会長は、「徹底的な協力、協調的開発、価値の共同創設」というコンセプトと「テクノロジーおよびアプリケーションを開放し、ICPST(Integration of chips, panels, software and things)を通じて価値を生み出し共有する」というIoT戦略によって、BOEは世界のパートナーとの協力のプラットフォームを拡大し、協力してオープンなIoTエコシステムを構築し、明るい未来を形成する、と語った。

LOGO – https://mma.prnewswire.com/media/1274424/image_836030_24376813_Logo.jpg

ソース:BOE Technology Group Co., Ltd.

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377222
 (キャプション:BOE Holds Innovation Partner Conference 2020 )

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=377224
(キャプション:BOE Holds Innovation Partner Conference 2020 )

BOE Holds Innovation Partner Conference 2020
BOE Holds Innovation Partner Conference 2020
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ