プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Cision Ltd

CisionとPRWeekが「2020 Comms Report」でコミュニケーター向け業界最新動向を発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011197393-O2-N5qRdvqQ

AsiaNet 86609

CisionとPRWeekが「2020 Comms Report」でコミュニケーター向け業界最新動向を発表

【香港2020年11月19日PR Newswire】CisionとPRWeekは前例のない時期に、PRとコミュニケーションの専門家に向けて最大の課題、機会、驚くべき傾向を詳述する第4回年次報告を発表した。報告は前年比データ、主要ブランド・代理店幹部とのインタビューを活用し、コミュニケーターの進化する役割、最も効果的なアーンドメディアチャンネルとインフルエンサー、ビジネスROI(投資収益)測定のハードル、新技術導入などに焦点を当てている。

最新のインサイトを明らかにするため、2020年8月12日から9月14日にかけて、米国の上級コミュニケーション、マーケティング専門家計314人を調査した。

2020 Comms Report: Measuring Up to the Momentの全容は以下参照:
https://misc.prnasia.com/atd/custeventreg.php?event_id=526/&utm_source=prnasia&utm_medium=press_release
 

CisionのMaggie Lower最高マーケティング責任者(CMO)は「2020年の出来事は組織内のコミュニケーターの役割を高めた。最高幹部が戦略的カウンセリングとビジネス目標サポートでより一層彼らに依存しているからである。PRWeekとの最新報告は、経営幹部の影響、マルチチャンネルの働きかけ、リアルタイムデータ機能、ソーシャルメディアの優れた能力の強化によって、いかに業界が課題に立ち向かう自信を深めているかを強調している」と語った。

Measuring Up to the Momentは不確実性に満ちた年に、社内コミュニケーションチームとPR代理店がどのようにテクノロジー、データ、測定、コンテンツ、インフルエンサーを活用するかについて深い理解を提供している。

▽報告の要点は以下の通り:

   ・回答者の25%は、彼らの単一最大課題として影響を効果的に測定できない点を挙げ、39%はPR測定基準を収益とその他の重要なビジネスKPI(重要業績評価指標)に整合させる困難性を訴えた

   ・回答者の80%は今年、メディアに対する目的ベースの働きかけを増大
   ・回答者の56%は、従業員が消費者行動への最も効果的なインフルエンサーであると述べた。昨年の34%から増加
   ・回答者はコンテンツ作成を単一最重要のPR業務として選定(41%)、次いでメディアへの働きかけが重要と述べた(27%)
   ・LinkedInは広範なコンテンツ戦略で重要性を増しており、回答者の79%は最重要チャンネルの1つとしている。昨年の45%から増加
   ・回答者のほぼ90%は、最新のテクノロジーと分析ツールを使って、コミュニケーションを改善する余地があると述べた

PRWeekのGideon Fidelzeid編集長は「今年はもちろん、世界的なパンデミックに直面する中で調査が行われた。報告内の見解の多くは、COVID-19が今後ともコミュニケーション業界・業務に影響を与えると強調している。しかし、この報告は、PRが実際に進展している分野、およびさらに進展が必要な分野を明確にするのに役立つ」と語った。

▽Cisionについて
Cisionはパブリックリレーションズとマーケティングコミュニケーションズ専門家に向けたアーンドメディア・ソフトウエアとサービスの世界的な大手プロバイダーである。Cisionのソフトウエアにより、ユーザーは重要なインフルエンサーを見いだし、戦略的コンテンツを作成して配信し、有意の影響を測定することができる。Cisionは米州、欧州・中東・アフリカ(EMEA)、アジア太平洋(APAC)の24カ国にオフィスを持ち、4800人以上の従業員を擁している。Cision Communication Cloud(R)といった受賞歴があるCisionの製品やサービスについてのより詳しい情報は、www.cision.com を参照し、Twitterの@CisionでCisionのフォローを。

▽PRWeekについて
PRWeekは現代のビジネス出版ブランドの代表的存在で、オンライン、プリント、イベント、ソーシャルメディアにわたり、有料コンテンツ戦略とゲーテッドウェブサイトを組み込んでいる。1998年創業で、PR専門家に不可欠のタイトルである。

PRWeekは、企業、ブランド、組織のマーケティング戦略だけでなく、役員室や経営幹部内でも、これまで以上に重要な役割を担う業界を反映している。ソーシャルメディアで代表される透明な世界で、企業の評判は決定的に重要である。経営幹部はこの状況でかじ取りするため、タイムリーで信頼できかつ洞察力あるコンテンツを必要としている。そこがPRWeek参入の場である。

ニュース速報、分析、オピニオンがPRWeekのコンテンツに盛り込まれている。ブランドはさらに、PRWeek Awards、年次カンファレンス、円卓会議、ウェブキャスト、バーチャルフォーラムに展開している。詳細はwww.prweek.com を参照。

ソース:Cision Ltd

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376752 
(写真説明:CisionとPRWeekの「2020 Comms Report」)
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376753 
(写真説明:CisionとPRWeekの「2020 Comms Report」:主な結果)

(日本語リリース:クライアント提供)

CisionとPRWeekの「2020 Comms Report」
CisionとPRWeekの「2020 Comms Report」:主な結果
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ