プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

VoltDB

VoltDBがグローバルチャンネルパートナープログラムを発表

AsiaNet 86629 (2149)

 
【ベッドフォード(米マサチューセッツ州)2020年11月18日PRN=共同通信JBN】
*新しいプログラムは、OEM、付加価値再販業者、技術パートナー、および産業用IoT、金融サービス、通信分野のシステムインテグレーターを支援する

リアルタイム意思決定向けの大手データプラットフォームであるVoltDB (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2981793-1&h=3412008325&u=https%3A%2F%2Fwww.voltdb.com%2F&a=VoltDB )は18日、OEM、付加価値再販業者(VAR)、技術パートナー、システムインテグレーター(SI)向けの新しいグローバルチャンネルパートナープログラム(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2981793-1&h=1892976886&u=https%3A%2F%2Fwww.voltdb.com%2Fproduct%2Fpartners%2F&a=global+channel+partner+program )を発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1334383/VoltDB_Logo.jpg

このプログラムにより、これらのパートナーはVoltDBのクラス最高のデータプラットフォームを活用して、迅速なデータ分析の力を十分に引き出し、デジタルトランスフォーメーションを次のレベルに引き上げることができる。

VoltDBは、エッジ処理などの技術が急速に発展する中、旧来型のインフラストラクチャーだけでは生き残れない通信、金融サービス、産業用IoTに特に適用できる機能を備えた、実績のある安定したスケーラブルなデータプラットフォームを提供している。

VoltDBのDavid Flower最高経営責任者(CEO)は「われわれは過去18カ月で、リアルタイムデータ管理環境における劇的な変化を目の当たりにした。ますます多くの組織が、イベントが発生したときに意思決定を行って反応できるアプリケーションへのニーズを認識している。われわれの新しいパートナープログラムは、企業がチャンスを十分に生かし、測定可能な競争優位性を実現するために、既に実績のあるテクノロジーを用いて自らを差別化することに役立つよう特別に設計されている」と述べた。

このプログラムが提供するのは以下のとおり。

*優先価格と特別割引
*割り当てられたテストおよび開発ライセンス
*認定付きの包括的な技術およびL1サポートトレーニング
*VoltDBカスタマーサクセス・パートナーチームの専用リソース
*優先サポートと危機管理

VoltDBはすでに世界中のパートナーと協力しており、アーキテクチャー設計、試作およびベストプラクティスのサポート、スケーラブルなライセンスモデル、入札協力、重大なインシデントなどに関する特定のニーズについて詳しい。

VoltDBのグローバルチャンネル・カスタマーサクセス担当ディレクターであるMichael Holcroft氏は「当社のパートナーは、考え得る限り最先端の技術のいくつかでVoltDBを導入し、それによって革新的な結果を生み出している。VoltDBが完全に実用可能であることを確認し、そのあらゆる段階でサポートすることで、パートナーのジャーニーに参加することをうれしく思う」と述べた。

VoltDBとの提携が、どのようにして可能な限り最先端のソリューションを顧客に提供するかについて詳しく知るには、当社のウェブサイト(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2981793-1&h=1543968633&u=https%3A%2F%2Fwww.voltdb.com%2Fproduct%2Fpartners%2F&a=website )を参照。

▽VOLTDBについて
VoltDBは、グローバル組織がビッグデータ分析から高速データの意思決定へ発展し、高速データの複数のストリームにわたりキャプチャーされた特異なイベントから即座に価値を引き出すことを可能にする。このプラットフォームは、10ミリ秒未満でなされた正確な意思決定を提供し、その場での収益化に直接影響を与え、デジタル詐欺を防ぎ、デジタル・トランスフォーメーション・イニシアチブを強化する。詳細については、VoltDB(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2981793-1&h=3412008325&u=https%3A%2F%2Fwww.voltdb.com%2F&a=VoltDB )を参照。または、LinkedIn(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2981793-1&h=3376291209&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fvoltdb%2F&a=LinkedIn )で当社のフォローを。

ソース:VoltDB

▽問い合わせ先
Lindsey Hudson
lhudson@voltdb.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ