プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

SupermicroがSuperComputing2020(SC20)で業界をリードする高度なHPCプラットフォームのポートフォリオを発表

AsiaNet 86671 (2160)

 
【サンノゼ(米カリフォルニア州)2020年11月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*Supermicroがスーパーコンピューティングの専門家の世界最大の集まりで、BigTwin(TM)、FatTwin、SuperBlade(R)、AI・機械学習を含むHPCシステムの最新の革新的な躍進を発表

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティングのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(Nasdaq:SMCI)は、11月17日から19日まで開催中のSuperComputing 2020(SC20)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2984270-1&h=3605833735&u=https%3A%2F%2Fsc20.supercomputing.org%2F&a=SuperComputing+2020+(SC20) )のSupermicroの仮想展示ブース(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2984270-1&h=1535219724&u=https%3A%2F%2Fwww.eventscribe.net%2F2020%2FSC20%2Findex.asp%3FboothTarget%3D412805%2520%255beventscribe.net%255d&a=booth )で、業界で最も広範囲のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)システムのセレクションを披露した。製品デモのほか、Supermicroの上級代表者による最近のHPC展開に関するいくつかの講演セッションも主催している。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1336229/Super_Micro_Computer_SC20_HPC_Lineup.jpg

Supermicroは、特定のソフトウエア、ストレージ、電力・冷却要件に最適化された幅広い最先端のHPCシステムを提供し、現場で実証済みの完全なHPCソリューションの展開を加速している。

Supermicroのチャールズ・リアン(Charles Liang)社長兼最高経営責任者(CEO)は「Supermicroはさまざまな分野にわたる科学研究と発見のためのコンピューティング集約型アプリケーションを対象とした最先端のHPCシステムを提供している。Supermicroは、これらのダイナミックな市場にカスタマーソリューションを提供するために積極的に革新を進めている。当社の広範なポートフォリオは、顧客が消費電力とTCOを削減できるように設計されて当社が重点を置くResource-Saving Architecture(TM)、そしてITの無駄を減らし、TCE(環境への総コスト)を最小限に抑えるために重要な部品を交換し、複数のリフレッシュサイクルで多くの部分組立品を再利用する機能をサポートしている」と述べた。

▽SC20でのSupermicroのセッション

*COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の治療法を見つけるための高度な高性能コンピューティングシステム-ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)でのコロナと巨大なクラスター:2020年11月17日(火)午後2時30分-午後2時45分

*困難な環境での大規模な液体冷却スーパーコンピュータークラスターの展開-ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)でのルビー・クラスター:2020年11月18日(水)午後12時45分-午後1時

Supermicroは、最大280ワットのプロセッサーをサポートする1​​ソケット、2ソケット、4ソケットのブレードサーバーを備えた最新のSuperBlade(R)システム、NVMe、200G HDR InfiniBandスイッチ、25G/10G Ethernetスイッチ、シングルまたはダブル幅GPU、リダンダントAC / DC電源、バッテリーバックアップ(BBP(R))を含む最先端のコンピューティングソリューションを提供しており、企業、クラウド、HPCのアプリケーションに理想的になっている。HPCにとって重要なのは、SuperBladeが提供する業界をリードする密度(10×4ソケット、または20×1もしくは2ソケットのブレードサーバー)であり、8Uで最大40基のCPUと40基のGPUを提供している。

Supermicroは、AI、ディープラーニング、HPCワークロード向けに最適化された、業界で最も幅広いGPUサーバーのセレクションを提供しており、単一システム内のSuperBlade向けの1つのノード内の2つのシングル幅のPCI-E GPUにより最大40基のGPUをサポートする1​​Uから10Uまでのシステムのフルラインが含まれる。Supermicroは、相互接続された4-GPUおよび8-GPUボードを備えた高密度2Uおよび4Uサーバーと、4-wayおよび8-wayのボードに基づく8つのPCI-Eを提供している。現在PCIeフォームファクターでも利用可能となったいくつかのGPUによって、顧客は1U Ultraを含むマルチGPUサーバー、BigTwin(TM)、GPUをサポートする組み込みシステム、当社の8U SuperBlade(R)のモジュールあたり最大2GPUのGPUブレードモジュールなどのSupermicroの広範なポートフォリオ全体で、パフォーマンスが大幅に向上するのを期待できる。Supermicroは、業界で最も幅広く奥が深いなGPUシステムのセレクションを提供し、スーパーコンピューティングアプリケーションを強化している。

SupermicroのマルチノードTwinファミリーは、HPC環境の密度と共有電力の要件を満たすように設計されている。Supermicroの新しいBigTwin(TM)マルチノードファミリーは、HPCに密度、共有パワー、フルパフォーマンスを提供している。BigTwinはノードごとに6つのNVMeドライブを備えた2Uの4デュアルプロセッサーノードシステムだ。このシステムは、最大280Wのプロセッサーをサポートできる。また、H12 BigTwinファミリーのサーバーは、最新のスーパーコンピューティングクラスターに新しいレベルの統合と優れたパフォーマンスを提供するように最適化されている。

HPCアプリケーションは、新しい科学的インサイトが公開されて、複雑さを増し続けている。HPCの展開は、特にデータ集約型のプロジェクトでは、高度な環境上の課題(電力と冷却)が発生する可能性がある。Supermicroは今日のHPCデータセンターでのコンピューター的に集中したワークロードに伴う電力と冷却の課題に対処するために、自社の液冷式サーバーソリューションの拡張された製品を提供している。

SupermicroによるHPCソリューションに関する詳細な情報は、ウェブサイトのHPCセクション(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2984270-1&h=3522748841&u=https%3A%2F%2Fwww.supermicro.com%2Fen%2Fsolutions%2Fhigh-performance-computing&a=HPC+section )を参照。

▽Super Micro Computer, Inc.について
高性能、高効率なサーバーとストレージテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro (Nasdaq: SMCI)は、世界中の企業データセンター、クラウドコンピューティング、人工知能、エッジコンピューティングシステム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、Server Building Block SolutionsおよびWe Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標および・または登録商標である。

その他のブランド、名称および商標はすべてそれぞれの所有者に帰属する。Supermicro、Building Block SolutionsおよびWe Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標および・または登録商標である。

その他のブランド、名称および商標はすべてそれぞれの所有者に帰属する。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Greg Kaufman
Super Micro Computer, Inc.
pr@supermicro.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ