プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通グループ

電通グループ、ESG投資指標「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に5年連続で選定

世界的なESG投資指標Dow Jones Sustainability Indicesの Asia Pacificを構成する銘柄に5年連続で選定

2020年11月17日

電通グループ、ESG投資指標「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に 5年連続で選定

株式会社電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、世界的なESG投資指標である「Dow Jones Sustainability Indices (DJSI)」※1のアジア・パシフィック版「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティー・アジア・パシフィック・インデックス(DJSI Asia Pacific)」を構成する銘柄に2016年から5年連続で選定(昨年までは前身の㈱電通として)されました。

DJSIは、1999年に世界の金融市場指数を提供する米国のS&P Dow Jones Indices社と、社会的責任投資に関する調査・格付けを行なうスイスのRobecoSAM社が共同で開発した株式指標です。環境・社会・ガバナンス(ESG)の側面から企業の持続可能性(サステナビリティー)を測定し、時価総額を加味した上で総合的に優れた企業の銘柄を年1回選定しており、今回で20回目となります。今年度のDJSI Asia Pacificには、主要企業611社の中から、158社(うち日本企業82社、日本のメディア・エンターテインメント企業は当社を含む2社)が選定されました。

現在、電通グループは、DJSI Asia Pacificに加え、FTSE4GoodやFTSE Blossom Japanの構成銘柄にも選定されています。今後も当社グループは、多様なコミュニケーション活動を通して、人へ、社会へ、新しい価値をもたらす役割を担うとともにサステナブルな社会の実現と持続的な企業価値の向上に努めてまいります。※2

 
※1 DJSIの詳細は、S&P Global社の下記ウェブサイト(英語のみ)をご参照ください。 
  https://www.spglobal.com/esg/csa/indices/djsi-index-family

※2電通グループのサステナビリティーに関する取り組みはこちらをご参照ください。
  https://www.group.dentsu.com/jp/sustainability/

 
(ご参考)電通グループのサステナビリティー関連の外部評価

電通グループは、2016 年から5 年連続で「Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)」のアジア・パシフィック版「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティー・アジア・パシフィック・インデックス(DJSI Asia Pacific)」を構成する銘柄に選定されています。またCDP(2019 年:A-)、ecovadisなどでも高い評価を得ており、FTSE4Goodなどのインデックスにも組み入れられています。
                                                以 上

 

【リリースに関する問い合わせ先】
株式会社電通グループ グループコーポレートコミュニケーションオフィス
TEL:03-6217-6601 Email:group-cc@dentsu-group.com
株式会社電通グループでは、新型コロナウイルス対策の一環として、現在リモートワークを実施しておりますので、同期間のお問い合わせは、Eメールにてお願いいたします。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ