プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ピクセルカンパニーズ

ピクセルカンパニーズが長崎での統合型リゾート開発に取り組むと発表

AsiaNet 86636 (2139)

 
【東京2020年11月16日PR Newswire =共同通信JBN】ピクセルカンパニーズ株式会社(PIXEL COMPANYZ INC.)は11月16日、同社が参画する日本型IR(統合型リゾート)開発コンソーシアムが長崎での統合型リゾート(IR)の開発に取り組む方針を決定したと発表した。

ピクセルカンパニーズとコンソーシアムのメンバーはこれまで長崎県と情報交換を続けており、同県が近く発表するRFP(事業者公募選定)のスケジュールに合わせて準備を進める。

長崎県は統合型リゾート開発を公式に進めてきた日本で数少ない地方自治体の一つで、九州地方の他の県から強力な政治的・経済的支援を得ている。

ピクセルカンパニーズの吉田弘明最高経営責任者(CEO)は「長崎は日本で統合型リゾートに最適の場所である。開発用地のある佐世保市は、歴史と国際文化に富んでいる美しい海港都市である。長崎県は県議会と市議会、そして九州地方の民間経済界からも統合型リゾート開発への支援を得ている」と語っている。

「われわれは長崎をこの地方とわれわれのコンソーシアムの力に適したユニークな地方リゾートを創造する大きな機会であるととらえている。われわれは地域の観光と事業を促進する統合型リゾートの創造を期待しており、地域社会を活性化し、最高の地域・国際文化を開花させる」

既にコンソーシアムのパートナーとして発表されているのは、 TTLリゾーツ、フランスの大手カジノ運営事業者のGroupe Partouche SA、著名な建築家のPaul Steelman氏(Steelman Partners)、有力ゲーミング金融アナリストのAlidad Tash氏(2NT8)である。

コンソーシアムは今後も国内外のパートナーを追加して上記のゲーミング産業専門家と協力し、ピクセルカンパニーズの日本における事業と開発の経験と合わせ、長崎での統合型リゾートの実現に向けて熟練したチームを組織する。

▽ピクセルカンパニーズについて
ピクセルカンパニーズ(Pixel Companyz)は1986年に設立され、現在、日本での統合型リゾートの開発を追求している国際コンソーシアムのメンバーである。同社の統合型リゾートに関係する主要な3事業セグメントはエンターテインメント、ディベロップメント、システムイノベーションである。同社は東京証券取引所に上場しており、ゲーミングやeスポーツ、フィンテック、太陽光発電施設およびリゾート開発など幅広い事業を展開している。

ソース:Pixel Companyz

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ