プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Megvii

MegviiがKoalaスマートアクセスソリューションの国際展開を加速

AsiaNet 86438 (2038)

 
【北京2020年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】Megvii Technology Limitedは、顔認識ベースのスマートアクセスソリューションであるKoalaをタイ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)に展開し、国際的な企業顧客が商業およびオフィス環境で安全性を高め、セキュリティーを強化できるようにすると発表した。これは世界中の企業がAIを使用して自社のデジタルトランスフォーメーションを加速するのを支援するという同社の取り組みにおける新たなマイルストーンを表している。

Koalaのソリューションは、企業の顧客が、オフィスビル、学校のキャンパス、住宅地などのプライベートな場所や制限された場所へのアクセスを認証および制御するのをサポートするように設計されている。 Megviiの独自のアルゴリズムを搭載したこのソリューションは、許可された従業員の迅速な認証と登録を可能にし、出席追跡や訪問者の登録と管理などの機能をサポートする。

最近、Koakaを設置した海外の場所は次のとおり。

*タイ・チェンマイのHug Gym:Megviiは職員と登録会員の1対1の顔認証を可能にするなど、 Hug Gymのマネジャーが受付エリアを簡単に監視および監視できる包括的なスマートアクセスソリューションをカスタマイズして展開した。このソリューションには、施設への不正アクセスにフラグを立てるリアルタイムアラートも含まれている。
*ブラジルのSEB高校:Megviiはキャンパスの安全性とセキュリティーを向上させるためにKoalaソリューションを展開し、生徒、教師、管理者、その他の学校スタッフの1対1の顔認証と本人確認を可能にした。このシステムは、許可されていない人物によるアクセスを迅速に検出してフラグを立てることもできる。
*アラブ首長国連邦(UAE)で最大の石油掘削装置ビルダーの1つ:Koalaソリューションは、2万人を超える従業員と登録された訪問者の効率的な検証を可能にするために展開された。これによって従業員は、特に現場作業の困難な環境において1対1の顔認証よりもかなり時間がかかる可能性があるアクセスカードや指紋認証を使用せずに済むようになる。

▽Megviiについて
2011年に設立されたMegviiは、ディープラーニングのコアコンピテンシーを持つ世界クラスのAI企業だ。Megviiは、独自のAI生産性プラットフォーム「Brain++」を活用して、パーソナルIoT、シティIoT、サプライチェーンIoTの3つの主要分野に特化している。Megviiは、アルゴリズム、ソフトウエア、ハードウエア、およびAIを活用したIoTデバイスを統合して、フルスタックソリューションを顧客に提供している。

 ソース:Megvii

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ