プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Alodokter

AlodokterがシリーズCのエクステンションでMDI Venturesから資金調達

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011137115-O1-OIdu95vk

AsiaNet 86571 (2110)

 
【ジャカルタ2020年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】
国内有数の遠隔医療会社は同資金を活用し、数百万人のインドネシア人のためにプラットフォームのアクセシビリティー、可用性、価格の手頃さを向上させる

インドネシアを代表する遠隔医療のスーパーアプリAlodokterは12日、Telkom Indonesia傘下のコーポレートベンチャーキャピタル、MDI Venturesからの資金調達に成功したと発表した。今回の資金調達は、Alodokterが2019年に実施した3300万米ドルのシリーズCのエクステンションである。Sequis、Golden Gate Ventures、Heritas、Hera Capitalなどの元投資家もこのエクステンションに参加した。

https://mma.prnewswire.com/media/1332789/4__Suci__3_2.jpg
(写真説明:AlodokterのSuci Arumsari取締役社長)

MDI VenturesのDonald Wihardja最高経営責任者(CEO)は「Telkomグループのコーポレートベンチャーキャピタル部門であるMDIは常に、最高で実績のあるスタートアップの優れたイノベーションをパートナーに届け、Telkomと共に成長していく架け橋が当社の役割だと考えてきた。Telkomから今年、新たにより大きな資金を託された当社は、他の国営企業、とりわけヘルスケアのような重要セクターに、そうした革新的パートナーシップをもたらすことも求められている。遠隔医療の採用の増加とAlodokterのリーダーシップで、そのようなソリューションの影響がインドネシア全体に広がる手助けができるのを楽しみにしている」と語った。

AlodokterのSuci Arumsari取締役社長は「MDIのAlodokterへの出資は、インドネシア全土で数百万人の人々の生活を改善するという当社のコミットメントを裏付けるものだ。今回の出資で、インドネシア人に対するTelkom Indonesiaの公益事業者としての使命と、一般医療をサポートするAlodokterのビジネスアプローチがひとつになった。この資金を活用し、 インドネシアのユーザーの期待に応えられるよう能力をスケールアップし、当社のデジタルヘルスプラットフォームをより安定し、アクセスしやすく、価格も手頃なものに強化していく」と語った。

このプラットフォームは、3万人以上の医師と1500の病院、診療所を数百万人のインドネシア人患者と接続する。さらに、オフラインの医師予約、保険サービス、デジタルヘルスケアコンテンツなど、遠隔医療関連のさまざまなサービスも提供している。Alodokterは今後数カ月以内に、新たに薬局サービスも開始する予定である。同社は、人々が自らの健康を完全に管理できる世界で最も完全なワンストップソリューションの1つを開発中である。

Similarwebとapptopiaによれば、Alodokterは、モバイルウェブとアプリの両方でインドネシアで最も利用されているヘルスケアプラットフォームである。同社は現在、月に2700万人以上のアクティブユーザーを誇るが、これはインドネシアの全人口の10%以上が少なくとも月に1回、Alodokterのサービスを利用していることになる。今日のこの急速なデジタルヘルスに向けた急速な動きは、主にアプリユーザーの70%以上を占める若い成人女性によって推進されている。

AlodokterのNathanael Faibis CEOは「当社秘伝のソースは、常に優れた医療にこだわってきたことだ。われわれは全てのインドネシア人に確実で信頼できる医療サービスを提供するためにAlodokterを開発した。質の高い医療サービスを非常に手頃な価格で提供できるかどうかが、何百万人もの患者を引き付ける鍵だと常に考えてきた。この戦略は成果を上げつつあり、毎日数百万人の人々をサポートできていることを非常に誇りに思っている」と語った。

MDI VenturesはTelkom Indonesia傘下のコーポレートベンチャーキャピタルである。今回の発表はAlodokter、MDI Ventures、Telkomグループ間の長期的、戦略的コラボレーションに道を開くものであり、この遠隔医療プラットフォームが普及し、インドネシアの人々のニーズの高まりに応えることができる。

▽Alodokterについて
Alodokterは、Nathanael Faibis、Suci Arumsari両氏が2014年に開発したインドネシアを代表するヘルスケア・スーパーアプリである。Alodokterは、遠隔医療、医師の予約、メディカルコンテンツ、健康保険サービスなど、エンドツーエンドのデジタルソリューションを患者に提供している。インドネシア有数の遠隔医療プラットフォームであるAlodokterには、月間2700万人以上のアクティブユーザーがおり、同プラットフォームには3万人以上の認定医師がいる。

ソース:Alodokter

画像添付リンク
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376530
(画像説明:AlodokterのSuci Arumsari取締役社長)

AlodokterのSuci Arumsari取締役社長
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ