プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

Supermicro、液冷式スケーラブル・スーパーコンピューティング・クラスターをCOVID-19研究向けにローレンス・リバモア国立研究所に納入

AsiaNet 86583

Supermicro、液冷式スケーラブル・スーパーコンピューティング・クラスターを 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)研究向けにローレンス・リバモア国立研究所に納入

TwinPro(TM) 2U 4ノードサーバー1,500ノード以上で 先駆的な実験・分析のための高度な計算集約型ワークロードを支援

カリフォルニア州サンノゼ, 2020年11月13日 /PRNewswire/ — Super Micro Computer, Inc.(Nasdaq:SMCI)は、エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティングテクノロジーのグローバルリーダーです。同社は本日、米国ローレンス・リバモア国立研究所(以下、LLNL)にSupermicroのTwinPro 2U 4ノードサーバーのクラスターを納入したことを発表しました。これにより、国家安全保障のための既存のコンピューティング機能を強化し、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の治療法発見を支援します。

Rubyクラスターと呼ばれ、最新の第2世代インテル(R) Xeon(R) Platinumプロセッサーを採用し、AIアクセラレーター、192ギガバイト(GB)のメモリーを搭載しています。このクラスターには合計約85,000コアを備えており、推定6ペタフロップスのピーク性能を実現します。1,500以上のノードを26ラックに搭載し、それぞれ16台の2U TwinProサーバー(64ノード)を搭載した各ラックは、D2C(direct-to-chip)方式で液冷されています。これらの非常に高密度なラックと液冷を組み合わせることで、データセンターの設置面積を大幅に縮小し、エネルギーコストを削減します。また液冷は、空調と冷却ファンの使用量を削減することができ、TCOを最大40~50%削減します。Supermicroは、ステージング、テスト、オーケストレーションを通じてラックレベルの統合を実現し、完全なプラグ・アンド・プレイシステムをLLNLに納入しました。

Supermicroの社長兼最高責任者(CEO)であるチャールズ・リアン(Charles Liang)は次のように述べています。「Supermicroの高度なTwinProおよびUltra 2UデュアルCPUサーバーが選ばれたのは、その超高密度、大規模なコンピュートワークロードへのサポート、柔軟性の高いサーバーBuilding Block Solutions(R) アプローチにより、LLNLが要件に応じて最適なクラスター構成を構築することができるためです。Supermicroは、この壊滅的な世界的パンデミックに関する研究を支援し、COVID-19のワクチン発見を支援するLLNLの取り組みを支援できることを光栄に思います。」

国家核安全保障局(NNSA)の先進シミュレーションおよびコンピューティングプログラム、研究所のM&IC(Multi-programmatic and Institutional Computing)プログラム、およびコロナウイルス支援・救済・経済保障(CARES)法による資金提供を受けたスーパーコンピューティングクラスターは、NNSAの核兵器備蓄性能維持計画、LLNLオープンサイエンスとCOVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2に対する治療薬やデザイナー抗体の探索をサポートする非機密扱いのプログラム作業に使用されます。

LLNLのASCプログラムのプログラム責任者、クリス・クローズ(Chris Clouse)氏は次のように述べています。「Rubyは、テレワークの増加や外部とのコラボレーションの増加によって需要が大幅に高まったオープン・コラボレーション・ゾーンにおいて、実用的なコンピューティングリソースを提供しています。Rubyのようなリソースは、我々のプログラムの使命にとって重要な分野のためにオープンコミュニティの専門知識やツールを活用する場を提供してくれます。」

インテル副社長ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)本部長、トリッシュ・ダムクロガー(Trish Damkroger)氏は次のように述べています。「Rubyスーパーコンピューターは、COVID-19の研究を含む幅広い分野の科学研究と発見における驚異的な進歩の促進に役立つでしょう。」

Supermicroの最新ニュースおよび発表資料は、 LinkedInTwitterTwitter(Japan)Facebook でご覧いただけます。

(以上)

Super Micro Computer, Inc.について(SMCI)
高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro(R)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーです。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。

Supermicro、Server Building Block Solutions、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc. の商標または登録商標です。

Intel、Xeonは、Intel Corporationまたはその子会社の商標です。

他のすべてのブランド、名称、商標は、それぞれの所有者に帰属します。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1332561/Super_Micro_Computer.jpg

報道関係者お問合せ先: Super Micro Computer Inc. 国内広報代理, ホフマンジャパン株式会社, 担当: 小嶋 / 佐藤 / 小倉, Email: supermicrojp@hoffman.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ