プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

成都ハイテク区

デジタル経済に注目し、中国・EU協力を深化:第15回EU・中国ビジネス・技術協力展示会を成都ハイテク区で開催

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011137101-O1-vP5TIdDA

AsiaNet 86576(2115)

 
【成都(中国)2020年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】15th EU-China Business and Technology Cooperation Fair(第15回欧州連合(EU))・中国ビジネス・技術協力展示会)が11月11日、成都ハイテク区の中国・欧州協力ビジネス・イノベーションセンター(CCEC)で開幕した。今年のイベントは中国国際商業会議所と在中国欧州連合(EU)商業会議所が主催し、「Opening Up a New Phase of EU-China Digital Trade, Creating a New Pattern of EU-China Synergy Innovation(EU・中国デジタル貿易の新段階を開き、EU・中国シナジーイノベーションの新たなパターンを創出)」というテーマが掲げられた。2日間のイベントでは、開会式やEU-China Digital Trade Opportunities and Challenges Summit Forum(EU・中国デジタル貿易の機会と課題サミットフォーラム)、China-EU 5G Technology and Smart City Development Forum(中国・ EU 5G技術とスマートシティー開発フォーラム)、China-EU Enterprise Project Matchmaking Conference(中国・EU企業プロジェクトマッチメーキング会議)などが中心になった。

https://mma.prnewswire.com/media/1333080/Chengdu_Hi_tech_Zone.jpg 
(画像説明:展示会の開会式)

今年はパンデミックの影響により、展示会は初めて、革新的な「ライブストリームと現場での参加」という形式を採用した。展示会には中国と外国から100人を超す来賓や、シーメンス(Siemens (China))やH3Cといった200以上の企業や機関からの代表が招かれた。同時に展示会には100を超す欧州企業からの参加があり、オンラインの視聴者は100万人近くに上った。

開会式で、国連開発計画(UNDP)とWestern China Regional Collaboration Center (Chengdu)(西部中国地域協力センター(成都))の持続可能な開発イノベーションのためのデモンストレーションプロジェクトと、国連工業開発機関(UNIDO)―Investment and Technology Promotion Office (China.Beijing) (投資・技術振興事務所(中国・北京))のプロジェクトが正式に公開された。前者はChengdu Hi-tech Zone(成都ハイテク区)、UNDP、 China Center for International Economic Exchanges(中国国際経済交流センター)によって共同で構築された。これは現在、国連と中国地方政府間の協力に関する唯一のイノベーションプラットフォームであり、技術イノベーションを強調するUNDPのアジア太平洋計画にとっての重要なプラットフォームにもなっている。

EU-China Business and Technology Cooperation Fairは2006年に成都で発足して以来、14回にわたって成功裏に開催され、累計で4000を超す欧州企業や7600を超す中国企業からの参加が特徴となっている。展示会は2万9000を超す商談会を設定し、3100を超す国際交流協定が成立するのを支援した。こうしたことにより展示会は、最も広範なEU加盟国と欧州企業の参加を得ている投資、貿易、技術革新の協力イベントとなり、最大規模のEU・中国交流となっている。

ソース:Chengdu Hi-tech Zone

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376575 
(写真説明:展示会の開会式)

展示会の開会式
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ