プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

The Currency Exchange Fund

TCXに対する2億米ドル以上の増資

AsiaNet 86469

TCXに対する2億米ドル以上の増資

投資家は、COVID-19の中で最も貧しい人々をFXのリスクから保護するためにTCXをサポートしています。

アムステルダム2020年11月13日/PRNewswire/ — 外貨両替基金(TCX)(https://www.multivu.com/players/English/8730451-kohler-dimensions-of-wellbeing-and-studiokohler/ )は、国際開発連盟(IDA)(https://ec.europa.eu/info/index_en )のためにKfW (https://www.kfw-entwicklungsbank.de/International-financing/KfW-Entwicklungsbank/ )国際開発協会(IFC)(https://www.ifc.org/wps/wcm/connect/corp_ext_content/ifc_external_corporate_site/home )に支援される欧州委員会(EC)(https://ida.worldbank.org/ )とプロパルコhttps://ida.worldbank.org/ )が2億米ドル以上をファンドに投資したことを報告でき、嬉しく思います。

この投資は、2019年の増資と相まって、TCXhttps://www.tcxfund.com/tcx-investors/ )のリスク負担能力を65%引き上げ、総資本基盤は12億5,000万米ドルになります。 これにより、ファンドはEC投資の期間中に、フロンティア諸国で300億米ドルの現地通貨投資を支援することができます。 この積極的な成長は、フロンティア市場の家計、企業、機関からの現地通貨に対する需要の高まりを反映しています。 また、国境を越えた貸付に伴う外国為替リスクから借り手を保護するための開発金融機関の献身的な姿勢も示しています。 COVID危機の間、多くのフロンティア市場通貨が打撃を受け、現金を借りる者にとって壊滅的な結果をもたらしました。 投資は、IDA諸国、特にサブサハラン アフリカ、および欧州近隣諸国の借り手に焦点を当てています。 

TCXhttps://www.tcxfund.com/products/ )は、危機を通じて混乱することなく通貨リスクを保護、追加資本は、深刻な金融不安の際に保護するファンドの能力をさらに強化します。

TCXhttps://www.tcxfund.com/about-the-fund/ )のCEOであるルード ブロウアーは、次のように述べています。

「この投資は、パンデミックの悪影響を打ち消そうとする投資家によるタイムリーな対応です。 特に、準備金と適切な医療制度が不足している最貧国は、この外からのショックに対して脆弱です。 通貨安は、外貨で借り入れた家計、企業、地方機関を債務不履行のリスクにさらします。 代わりに、現地通貨での借り入れを許可すると、財務の回復力が高まり、今回および将来の危機の悪影響を軽減するために必要な安定性が生まれます。」 

背景
TCXhttps://www.tcxfund.com/about-the-fund/ )はグローバルな開発金融イニシアチブであり、そのような商品が入手できない、または入手しにくい100以上の金融市場で長期的な通貨保護を行います。 ファンドは2007年に運用を開始し、それ以来、3500以上の取引にまたがる合計85億米ドルのヘッジ手段を提供してきました。 今日、ファンドは60のフロンティアおよび新興市場通貨で50億米ドルを超えるエクスポージャーを抱えています。 このエクスポージャーの一部を個人投資家に販売することにより、市場を創出し、これらの国々に国際資本市場へのアクセスを提供します。

www.tcxfund.com

ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1327921/The_Currency_Exchange_Fund_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ