プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hong Kong Trade Development Council

HKTDCがオンラインソーシングプラットフォームをアップグレード

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011127034-O1-164Dv9BG

AsiaNet 86490

HKTDCがオンラインソーシングプラットフォームをアップグレード

【香港2020年11月12日PR Newswire】
*オンライン展示会によってバイヤーとサプライヤーのつながりを強化

Hong Kong Trade Development Council(香港貿易発展局、HKTDC)は、2020年11月16日~27日開催予定の大規模オンライン展示会「Autumn Sourcing Week | ONLINE(秋季ソーシングウィーク・オンライン)」(http://asw.hktdc.com/index_en.html )の開催に先駆けて、同局のhktdc.com Sourcingプラットフォーム(https://sourcing.hktdc.com/ )をアップグレードした。このプラットフォームのアップグレードは国際貿易業者がデジタルソーシングモデルに移行し、ポスト・パンデミックの新たな日常の下で中国本土を含む広範なアジア地域でのビジネス機会を得るのに貢献することができる。

HKTDCのベンジャミン・チャウ上席副総裁は「COVID-19のパンデミックは全世界で約4000件の物理的な展示会が中止または日程変更を余儀なくされ(注1)、2960億米ドル相当の取引に影響を与えたと推定されている(注2)。同時に、企業は従来の働き方を見直し、新たなソーシングとマーケティングのチャネルを開発する機会に直面している。パンデミックは多くの企業のソーシングパターンを変え、グローバルなサプライチェーンの変革を加速する契機になった」と説明している。

▽先進的スマートソーシングがグローバルなビジネス機会を拓く

デジタルソーシングのパイオニアであるHKTDCは、今をさかのぼる2000年に香港初の大型企業間取引(B2B)マーケティングプラットフォームであるhktdc.com Sourcingを導入している。現在までに、このプラットフォームは13万を超えるサプライヤーと200万を超すバイヤーによって利用され、HKTDCの50のグローバル事務所の支援で年間約2400万のビジネスコネクションを実現している。

こうした困難な時期に、世界のバイヤーとサプライヤーが新たなパートナーを発見し、取引関係先の確保をサポートするため、HKTDCはhktdc.com Sourcingの重要なアップグレードを完了した。チャウ氏は「ユーザーは、刷新されたデザインと使い勝手の良さが、いつでもどこでもより優れたスマートソーシング体験を提供できることに気付くだろう。われわれは人工知能(AI)や機械学習などの新しいテクノロジーを導入し、カスタマイズされた企業プロフィールページ、商品推奨、商品画像認識によるキーワード候補など、より柔軟でパーソナライズされた機能を実現し、一層効率のよいビジネス接続サービスを提供することができる」と述べている。

バイヤーの信頼をさらに強化するため、サプライヤーはThird-Party Authentication Service(第3者認証サービス)(https://supplier-centre.hktdc.com/supplier-reference_sc.html )で自らの信頼性を強調することができる。チャウ氏は「新たなサプライヤー認証システムは、企業の評価と積極性をゴールド、シルバー、ブロンズの3カテゴリーに分類している。HKTDCイベントへの企業の参加記録と最終更新日時も明示し、バイヤーが最適なサプライヤーを探す際の参考資料の役割を果たすことができる」と付け加えた。

もう1つの新たな特徴はNewsBites(https://newsbites.hktdc.com/ )コンテンツページで、最新の調達トレンドと人気商品を紹介、さまざまなオンラインメディアチャネルを通じてプッシュ通知し、バイヤーに対して、関連するサプライヤーのプラットフォーム上のページへのアクセスを推奨する。

▽より多くの貿易促進機関がプラットフォームに登録

香港工業総会、日本貿易振興機構(JETRO)、中国国際貿易促進委員会や他の海外組織などの貿易促進機関が本プラットフォーム上にクラスターと称される特設ゾーンを開設し、各組織に所属するメンバーの商品や各国・地域で優位性を持つブランドや産業を推奨している。

日本貿易振興機構(JETRO)の高島大浩香港事務所長は、COVID-19パンデミックは日本と香港間の物理的な貿易活動に大きな打撃を与えたが、海外市場を開拓中の日本の輸出業者は迅速にオンラインマーケティングへの移行を進めており、HKTDCがアップグレードしたhktdc.com Sourcingオンラインプラットフォームを導入したことは喜ばしいことだと述べている。同氏は「JETROは、HKTDCが提供するカスタマイズされたオンラインとソーシャルメディアのプロモーションプランを利用し、家庭用品・ヘルスケア・美容製品などの150を超える日本のサプライヤーを取り上げるページをプラットフォーム上に開設した。このプラットフォームが日本企業と香港、その他諸国のバイヤーを効果的に結びつけ、全ての関係者にビジネス機会を創出することができると確信している。日本ページは、異なるさまざまな産業のより多くのサプライヤーを取り上げるために、徐々に拡大していく予定だ」とも説明している。

▽来週月曜にAutumn Sourcing Week | ONLINEが開幕

HKTDCは、本年夏に多数の物理的展示がオンラインに移行して開催されたSummer Sourcing Weeks | GO ONLINE(夏季ソーシングウィーク・ゴー・オンライン)の成功を受け、「A New Connected World Beyond the New Normal(新しい日常を超えた新たなコネクテッドワールド)」のテーマで、Autumn Sourcing Week | ONLINE(秋季ソーシングウィーク・オンライン)(http://asw.hktdc.com/index_en.html )を来週から開催、33カ国・地域から2600のサプライヤーを集める。本展示会はエレクトロニクス、家庭用品、照明、屋外照明、環境保護技術、ギフト・プレミアム、玩具、ベビー用品、文具、眼鏡、ウォッチとクロックを含む11の産業のサプライヤーを取り上げ、向こう1年間バイヤーが再仕入れできるワンストップのソーシングプラットフォームを提供する。出展者と商品の詳細な情報もhktdc.com Sourcingにアップロードされ、バイヤーが新しい取引先を見つけるのに役立つことになるだろう。

オンライン展示会は、AI駆動のClick2Matchbビジネスマッチメーキング・プラットフォームを呼び物としており、バイヤーとサプライヤーを引き合わせるだけでなく、商談ミーティングのスケジュール設定、ビデオ会議、ライブチャット、連絡先交換などについても支援する。

Autumn Sourcing Week | ONLINEは、Intelligence Hub(https://seminar.hktdc.com/registrationsite/seminar-list/view?language=en&eventId=42&systemCode=Web&vmsProjectCode=039&vmsProjectYear=2020 )において20を超すウェビナーも開催する。ウェビナーはスマートテック、ライフスタイル、ビジネス上の必需品、グリーンと持続可能性の4つの主要テーマに沿って行われ、100人を超す業界第一人者が最新トレンドに対する知見を共有する。

▽オムニチャネルのプラットフォームはより多くのビジネス機会を創出

チャウ氏は、今後を見据えて、グローバルなバイヤーとサプライヤーに一層多くのビジネス機会を創出して貰うためにHKTDCはオンラインサービスを強化し続けるつもりだと述べた。また、同氏は、互いを補完する必要性から今後、物理的な展示会とオンラインプラットフォームは統合されることになるだろうと付け加えた。「物理的な展示会が再開されても、HKTDCは、さまざまな部門の異なるソーシングサイクルに応じた定期的なテーマ別オンラインソーシングイベントを開催し続ける。これによって、長期にわたる展示会体験を創出し、O2O(オンラインツーオフライン)の優位性を十分に活用することができる」。

▽ウェブサイト

hktdc.com Sourcing:http://sourcing.hktdc.com
Autumn Sourcing Week | ONLINE:http://asw.hktdc.com
写真ダウンロード:https://bit.ly/2GvzAFM

▽HKTDCについて

Hong Kong Trade Development Council(香港貿易発展局、HKTDC)(https://www.hktdc.com/tc/ )は、香港の貿易を促進・支援・発展させるために1966年に設立された法定機関である。中国本土の13カ所を含む全世界50カ所に事務所を構える(http://aboutus.hktdc.com/tc/#global-network )HKTDCは、双方向のグローバルな投資とビジネスの拠点としての香港をプロモートしている。HKTDCは、特に中小企業(SMEs)を対象に中国本土と国際市場における企業のビジネスチャンスを創出するため、国際展示会、国際会議(https://event.hktdc.com/tc/ )を主催し、ビジネスミッション(https://home.hktdc.com/tc/search?type=all&q=missions )の派遣と受け入れを実施している。HKTDCはまた、最新の市場インサイトや商品情報を、貿易関連出版物(http://www.hktdc.com/mis/pm/tc/HKTDC-Product-Magazines–TC-.html )、調査レポート(http://research.hktdc.com/tc/ )、デジタルニュースチャンネル(http://mediaroom.hktdc.com/tc )を通じて提供している。

詳細はwww.hktdc.com/aboutus/tc. を参照。

Weibo:@HKTDC(http://weibo.com/hktdc )

@HKTDCLifestyle(http://weibo.com/hktdclifestyle )
@HKTDCBusiness(http://weibo.com/hktdcbusiness )、WeChat @HKTDCでフォロー、 またはFacebook(https://www.facebook.com/hktdc.hk )、Youku(http://i.youku.com/hktdcsimpchi )、YouTube(http://www.youtube.com/user/hktdctradchi )でチャンネル登録を。

注1:
https://www.expodatabase.de/en/articles/125890-coronavirus-leads-to-exhibition-cancellations
注2:
https://www.ufi.org/wp-content/uploads/2020/07/MR-2020-UFI_Global_Impact_20july.pdf

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376456
(写真説明:HKTDCのベンジャミン・チャウ上席副総裁)

(日本語リリース:クライアント提供)

HKTDCのベンジャミン・チャウ上席副総裁
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ