プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Yellow Messenger

Yellow Messengerがビジネスを強化する無料のAI搭載WhatsApp仮想アシスタントを提供

AsiaNet 86549 (2099)

 
【ベンガルール(インド)、ウィルミントン(米デラウェア州)2020年11月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*パンデミックを契機に、「Get AI Ready」(https://get.yellowmessenger.com/whatsapp-chatbot-pr-en/ )キャンペーンはWhatsApp Businessアカウントの仮想アシスタントを無料であらゆる規模の企業に提供して支援
*ガートナーは、マルチチャンネルエンゲージメント・プラットフォームにAIを搭載するカスタマーサービス組織が業務の効率性を2025年までに25%向上させると指摘
*ホリデーシーズンに向けて準備を進めるブランドは、会話型AIを使用した120以上の言語のYellow MessengerチャットボットでD2Cチャンネルを最適化することが可能

世界で急成長している会話型AIプラットフォームであるYellow Messenger(https://yellowmessenger.com/ )は、企業が新型コロナウイルス感染症拡大による困難を克服するのを支援するため、WhatsApp仮想アシスタントを無料で世界中の組織に提供する「Get AI Ready」(https://get.yellowmessenger.com/whatsapp-chatbot-pr-en/ )キャンペーンを開始した。その目的は、企業がホリデーシーズン中に高品質の顧客エンゲージメントのためのスマートチャットボットの展開をすることで、売り上げを伸ばし、成長を促進することだ。

WhatsAppは通知を送信するにも、会話をするにも、ユビキタスな会話ツールとして顧客とブランドの両方に受け入れられている。パンデミック(世界的な大流行)によって変化した買い手のジャーニーのすべての新しいタッチポイントを効果的に活用することが課題となっており、Yellow Messengerのキャンペーンは、WhatsApp BusinessアカウントのWhatsAppチャットボット(https://get.yellowmessenger.com/whatsapp-chatbot-pr-en/ )を利用する企業を数百万の顧客につなげることを目指している。

Yellow Messengerの最高経営者(CEO)兼共同創設者であるRaghu Ravinutala氏は、事業継続性イニシアチブについて「パンデミックは世界中の経済に打撃を与えており、AIベースのソリューションを積極的な成長と回復に適用する方法を見つけることが技術イノベーターとしてのわれわれの責任だ。ビジネスの規模に関係なく、より一層の採用と利用を奨励することで、誰もが会話型AIを活用できるようにしたい。当社のWhatsApp Businessの仮想アシスタントを使用すると、すべての企業がビジネス向けのエンゲージメントを強化する機会が得られる。 会話型AIには、従業員と顧客の満足度と忠誠心の達成のためにパーソナライズされた没入型の体験を提供することで、ブランドカンバセーションを再定義する力がある」と述べた。

Yellow Messengerは、120以上の言語でWhatsApp上での25 のFAQチャットボット、WhatsApp Businessアカウント、3カ月間無制限のライブエージェントへのログイン、100米ドル相当の通知の無料化、無制限の会話、分析、リポート作成、ダッシュボード上での管理者アクセスなど、さまざまなサービスへのアクセスを提供している。

Pepsi、Xiaomi、ITC、Taj Hotels、Landmark Group、Tata AIG、Max Bupa、Bajaj、Sayurbox、Zenyumなど世界中の150を超える企業がWhatsApp上でYellowMessenger仮想アシスタントを活用している。

消費者との新しいエンゲージメントチャンネルに積極的に参加することは、祝日セールのシェアを獲得する上で重要な役割を果たす。ブランドは、ホリデー用のウィッシュリストに入れてもらうために、ユーザーとのD2Cコミュニケーションチャンネルを強化する必要がある。

▽Yellow Messengerについて
Yellow Messengerは、顧客と従業員に豊かな会話体験を構築するためのAIプラットフォームを企業に提供している。独自の技術により、ボット、アプリケーション、人間との間のシームレスなオーケストレーションを可能にし、120以上の言語のチャットボットで企業向けの自動化ソリューションを実現している。当社は、米国、欧州、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、インドネシア、マレーシア、インドで事業を展開している。詳細はwww.yellowmessenger.com を参照。

 
▽メディア問い合わせ先
Suvina Rai
Communications Lead
suvina@yellowmessenger.com

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1332082/Yellow_Messenger_WhatsApp_API.jpg

ソース:Yellow Messenger

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ