プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ロックウェル・オートメーション

ロックウェル・オートメーションがデジタルトランスフォーメーションを加速するFactoryTalk(R) InnovationSuite(TM)の新機能を公開

AsiaNet 86420

ロックウェル・オートメーションがデジタルトランスフォーメーションを加速するFactoryTalk(R) InnovationSuite(TM)の新機能を公開

IT/OT統合の自動化、エッジ・ツー・クラウド分析と機械学習の簡略化、スケーラブルなデジタルスレッドを実現

【ミルウォーキー、ボストン2020年11月12日PR Newswire】ロックウェル・オートメーション (NYSE: ROK)とPTC (NASDAQ: PTC)は、両社による共同開発ソリューションであるFactoryTalk InnovationSuiteの一連の新機能を発表しました。先日、両社の戦略的提携の拡大と延長を発表しましたが、今回の新機能の公開はその発表に続くものです。InnovationSuiteは2018年に発売されて以来、21カ国で自動車、一般消費財、ヘルスケア、石油・ガス、製薬の世界的な企業向けに幅広い高価値ソリューションを提供してきました。

ロックウェル・オートメーションの製品管理担当ディレクターであるArvind Raoは次のように述べています。「デジタルトランスフォーメーションの必要性は日に日に高まっており、当社の顧客はイノベーションを加速し、労働生産性を最大化し、業務を最適化しています。業界をリードする当社のパートナーエコシステムと組み合わせた今回の新機能は、ソリューションの簡略化、拡張性の向上、専門知識に対する当社顧客のニーズに応えます。」

FactoryTalk InnovationSuiteは、完全に統合された産業用モノのインターネット(IIoT)、エッジ・ツー・クラウド分析、製造実行システム(MES)、および拡張現実 (AR)を提供する業界初の包括的なデジタルトランスフォーメーションのソフトウェアパッケージで、コネクテッドエンタープライズの実装に不可欠です。FactoryTalk InnovationSuiteを使用すると、グローバルに展開できる革新的なソリューションを迅速に開発し、運用できるようになります。

PTCのDon Busiek戦略的提携担当上級副社長は次のように述べています。「次世代のInnovationSuite製品でロックウェル・オートメーションと協力できることを、嬉しく思います。我々は、企業がデジタルトランスフォーメーションの目標を再編成し、現在のマクロ経済の環境に対処することを支援して行きたいと考えています。その中でもInnovationSuiteが最も総合的、かつ効果的なソリューションを提供し、人材・製品・製造過程の最適化を図ることによって、製造業者がニューノーマルを取り入れる一助になると確信しています。」

新たなInnovationSuiteの強化は、広範なデジタルトランスフォーメーションの優先事項で顧客を支援することを目指しています。

▽IT/OT統合の加速
最近発表されたFactoryTalk® Edge Gatewayは、ロックウェル・オートメーション独自のFactoryTalk® Smart Object機能を使用し、高度にコンテキスト化されたOT(製造)データの精度を高め、それをIT(情報)アプリケーションにマップできるデータモデルに組み込むことで、企業価値の向上に寄与します。ロックウェル・オートメーションは先頃、マイクロソフトとの協力関係の強化を発表し、この信頼できる統合データモデルをPTCの産業IoTソリューションプラットフォームThingWorx®およびマイクロソフトのAzure IoT Hubと統合することによって、エッジからクラウドまでのデジタル化を加速させます。また、ASEMの買収によって、より幅広い産業用エッジハードウェアおよびソフトウェアのポートフォリオをご利用いただけます。

▽エッジ・ツー・クラウド分析の簡略化
FactoryTalk®Analyticsは、プロセスエンジニアやデータサイエンティストなど多数の人々に向けて判り易くシンプルなデータサイエンス機能を提供し、データ解析のための準備作業を大幅に削減することが可能です。最新バージョンでは、様々な解析モデルとのデータオーケストレーション、オープンなデータ接続、解析テンプレートを提供しています。

▽エンタープライズクラスのデジタルスレッドを実現
ロックウェル・オートメーションのデジタルスレッドは、製品設計者、生産エンジニア、機械・装置メーカの間の協調的なワークフローを実現し、設計プロセスを一気通貫で最適化します。これにより、新しい製品開発時間を年単位から最短で月単位に短縮することも可能になります。さらに、実装の前に仮想環境(AR)でパフォーマンスを検証、最適化することによって、試運転時間を大幅に短縮することも可能ですし、設計段階で生まれたデータモデルは高度な解析アプリケーションでそのまま使用され、新しいパフォーマンス水準を達成することが可能になります。

▽世界クラスのコンサルティングおよび専門的サービスによって価値を提供
Kalypsoを買収したことで、ロックウェル・オートメーションは各種コンサルティングやビジネスプロセス管理、実装サポートに至るまでのサービスを提供し、製品からプラント、顧客に至るまで、バリューチェーンのトランスフォーメーションを実現します。InnovationSuiteの約250社の顧客の実績と、多くの産業界での使用事例により、ロックウェル・オートメーションのコンサルティングおよびデリバリサービスは大いに差別化されたものになります。

ロックウェル・オートメーションのデジタルトランスフォーメーションについての詳細は、こちらのビデオをご参照ください。また、11月16日~20日に無料のオンラインイベントAutomation Fair® At Homeを開催し、弊社のデジタルトランスフォーメーションのご紹介をいたしますので、是非ご参加ください。

ロックウェル・オートメーションについて
ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約23,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。
www.rockwellautomation.com

PTCについて
PTC(NASDAQ: PTC)は、企業の製品とサービスの差別化、優れた運用性の向上および従業員の生産性の向上を可能にする、市場実績の高いソリューション郡を提供し、インダストリアル・イノベーションを推進します。PTCとそのパートナー・エコシステムを活用することで、製造業は現在の新技術の可能性を活かし、デジタル・イノベーションを推進できます。

PTC、PTCのロゴは、PTC Inc. (米国およびその他の国の子会社を含む)の商標または登録商標です。

▽メディア関係問い合わせ先
オグルビー社
Georgina Purdy +65 88706755 Georgina.Purdy@ogilvy.com

ロックウェル オートメーション ジャパン株式会社
フィールド マーケティング 竹田 美香子 03-3206-1261(直)mtakeda@ra.rockwell.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ