プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アラムコ・アジア・ジャパン株式会社

アラムコ・アジア・ジャパン、「石油の世界館」リニューアルオープンを祝福

映像・音響設備を強化し、一般公開を再開(新潟市)

2020年11月12日
アラムコ・アジア・ジャパン株式会社

 アラムコ・アジア・ジャパン株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 オマール アル アムーディ、以下AAJ)は、10月24日、「石油の世界館」のリニューアル記念式典に出席しました。同館は改修工事を終え、同日より一般公開が再開されています。新潟市秋葉区(旧・新津市)にある同館は、石油産業にスポットを当てた日本で唯一の博物館です。サウジアラムコ(アラムコ)の「豊かな知識社会の創出」というコーポレートビジョンに基づくCSRプログラムの一環として、AAJは新潟市と連携協定を締結し、同館をひらめき、発見、そして学びの場とすることで来館者がより豊かな体験を得られるよう、支援を行いました。

 新津は17世紀に日本に石油産業が誕生した地であり、20世紀初頭にその原油産出量が最盛期を迎えた時期には、国内の近代化、工業化に大きく貢献しました。リニューアルした同館では、石油産業のさまざまな側面が、ビデオ、写真、パネル展示、原油採掘・精製工程のレプリカなどを用いて展示されます。展示物の作業工具の中には、新津油田の長い歴史の中で実際に使用されていた歴史的価値の高いものも含まれます。

 式典に出席したAAJ代表取締役社長 オマール アル アムーディは、同館の再開に対する祝辞の中で、「サウジアラムコは今から87年前、1933年に石油を探求する旅を始めました。その歴史は業界では比類なきものです。とは言え、新津にはアラムコよりも長い歴史がありますので、私は新津を『先輩』とお呼びしています。今日、日本国内で必要とされる原油の約40%をアラムコが供給しており、製造、建設、運輸・交通、農業、暖房や除雪など、皆様の生活のあらゆる面に貢献しています」と述べました。さらにアムーディは、生活を変革し、地域を活性化し、人類の発展を促進し、地球環境を維持するエネルギーの力を強調し、「それゆえアラムコは、我々の全てのプロジェクトにおいて持続可能性と環境を考慮し、そして、二酸化炭素の回収と活用、並びに我々の信念を実現する新しい燃料開発に今後も力を注ぎ続けてまいります」と続けました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011127018-O1-63362J92
 
 新潟市長中原八一氏は、市を代表してアラムコの支援に対する感謝の言葉を述べ、「今回のリニューアルを機に、より多くの方に、秋葉区の魅力の1つである石油文化の歴史に触れていただき、交流人口の増加を図るとともに、ここ新津丘陵の自然豊かな里山環境や石油産業遺産の保全と活用に取り組んでいきたいと考えています」と締めくくりました。

 式典には、新潟市議会議長佐藤豊美氏を含む複数の市議会議員、そして同館のさまざまな活動に関わる人々が集いました。また、同館への支援活動を称え、日本国天皇よりアラムコに授与された紺綬褒章が、式典に併せ、中原市長よりアムーディに伝達されました。

 AAJは今後も新潟市や他のコミュニティとの連携を継続し、ともに、日本の未来に資する持続可能な社会および経済の発展を後押ししてまいります。

 
[写真キャプション](左から)新潟市議会議長佐藤豊美氏、アラムコ・アジア・ジャパン代表取締役社長オマール アル アムーディ、新潟市長中原八一氏、金津コミュニティ振興協議会長青木貞義氏。

【アラムコ・アジア・ジャパンについて】
アラムコ・アジア・ジャパンは、世界最大の総合エネルギー・化学企業サウジアラムコの日本現地法人です。日本及び周辺地域でのサウジアラムコの事業のうち、マーケティング、資材調達、ロジスティクス、品質保証、IT、新規事業開発などへのサポートサービスを提供しており、現在、アジア地域でのサービス、資材関連の重要な拠点となっています。https://japan.aramco.com/

【サウジアラムコについて】
サウジアラムコは、「Where energy is opportunity (エネルギーは機会である) 」を理念とする世界最大の総合エネルギー・化学企業です。世界の原油供給量の約8分の1の生産から、新たなエネルギー技術の開発まで、世界各地に広がるサウジアラムコのチームは、その取り組みのあらゆる面で付加価値を生み出すことに取り組んでいます。世界各地での事業の安定性と長期的成長を推進するため、所有するリソースを、より信頼性が高く、よりサステナブルで、より価値あるものとすることに注力しています。www.aramco.com

 
Aramco Japan celebrates reopening of “Petroleum Museum” in Niigata with enriched content

Japan, November 12, 2020 – Aramco Asia Japan (“Aramco Japan”) joined the commemoration ceremony of “Sekiyu no Sekaikan,” meaning “Petroleum Museum,” which reopened its doors to the public on October 24 after renovation. Located in Akiha-ku (the former Niitsu), Niigata, the Museum is Japan’s only institution that specializes in the oil industry. As a part of Aramco’s corporate citizenship endeavor under the pillar of knowledge society, Aramco Japan partnered with the City of Niigata and made a financial contribution to enrich the museum experience by making the site a place of inspiration, discovery and learning.

Niitsu is a birth place of Japan’s oil industry back in the 17th Century and has greatly contributed to Japan’s modernization and industrialization when its oil production boasted the highest earlier in the 20th Century. The reborn museum features exhibitions showcasing many aspects of the industry with videos, photos, panels, and replica of oil exploration and production processes. Some work tools of historical significance had been actually utilized in the long history of Niitsu oil field.

At the ceremony, Omar Al Amudi, Representative Director of Aramco Japan, congratulated the Museum on the reopening. He said, “Aramco started its quest for oil in 1933, 87 years ago. History of Aramco is unmatched in the industry; that said, Niitsu has longer history than Aramco, which is why I call Niigata “SEMPAI (my senior). Today around 40% of Japan’s crude demand is met by Aramco, contributing to various aspects of life such as manufacturing, construction, transportation, farming, heating and snow clearing.” Amudi also underscored the importance of energy to transform lives, enhance communities, advance human progress, and sustain the planet. “This is why Aramco takes sustainability and the environment into account in all projects it conducts and continues to focus on research around Carbon capture and utilization and development of new fuels,” he added.

Representing the City of Niigata, Mr. Yaichi Nakahara, Mayor, expressed his gratitude to Aramco for its contribution. “On the occasion of this renovation, I hope even more people will get to know the history of the oil culture, one of the charms in Akiha-ku, and will strive even harder for conservation and utilization of the rich-in-nature Satoyama (Woodland close to the living area) environment here in Niitsu Hills and the heritage of oil industry,” the Mayor concluded.

The ceremony was joined by members of the City Assembly headed by Mr. Tomoya Sato, President, and those who contribute to the Museum’s various activities.

In recognition of Aramco’s contribution to the Museum, the Medal with Dark Blue Ribbon was awarded under the name of His Majesty the Emperor of Japan. In conjunction with the reopening ceremony, the medal was conferred by Mayor Nakahara to Al Amudi.

Aramco Japan continues to partner with the City of Niigata and other communities and together promote sustainable social and economic development that benefits Japan’s future.

[Photo caption] (From left) Mr. Toyomi Sato, President of Niigata City Assembly, Mr. Omar Al Amudi, Representative Director of Aramco Asia Japan, Mr. Yaichi Nakahara, Mayor of Niigata City, and  Mr. Sadayoshi Aoki, President of Kanazu Community Promotion Association

【About Aramco Asia Japan】
Aramco Asia Japan is a Japanese subsidiary of Aramco, the world’s largest integrated energy and chemical company. It provides services to Aramco in the fields of marketing, material procurement, logistics, quality assurance, IT, new business development. Aramco Asia Japan is an important base for services and materials in the Asian region. https://japan.aramco.com/

【About Aramco】
Aramco is a global integrated energy and chemicals company. We are driven by the core belief that energy is opportunity. From producing approximately one in every eight barrels of the world’s oil supply to developing new energy technologies, our global team is dedicated to creating impact in all that we do. We focus on making our resources more dependable, more sustainable and more useful. This helps promote stability and long-term growth around the world. www.aramco.com

 

 

石油の世界館リニューアル記念式典のテープカット
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ