プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

木村情報技術株式会社

AIを活用した医療従事者用クラウド型医薬品情報管理プラットフォーム『AI-PHARMA』への参画が115施設突破

 木村情報技術株式会社(佐賀県佐賀市、代表取締役:木村隆夫、以下「木村情報技術」)と、岡山大学(岡山県岡山市、学長:槇野博史)、岡山大学病院(同、病院長:金澤右)、同院薬剤部(薬剤部長:千堂年昭)、同院人工知能応用メディカルイノベーション創造部門(部門長:神崎浩孝)(以下「岡山大学病院」)は、薬剤師を中心とした医療従事者の、医薬品情報の収集・管理・共有を容易にする、自然言語処理AIを活用したクラウド型Webシステム『AI-PHARMA』(アイ・ファルマ)の提供を4月1日より開始し、11月12日に参画医療施設が115施設となりました。本システムは木村情報技術が提唱するAI-DI(アイ・ディーアイ)構想におけるプラットフォームの名称を指します。

■本取組の背景
 これまで医療従事者(特に薬剤師)の医薬品情報入手において、(1)多くの情報源から多岐に渡る情報を入手するのに時間がかかりスキルが必要となる、(2)一度入手した情報が管理・共有されていない、という課題がありました。
 AI-PHARMAは、「医薬品Q&A」「おくすり事例」「DI辞書」の3つの機能を有する自然言語処理AIを活用した医薬品情報管理プラットフォームシステムです。AI技術を持つ木村情報技術によって開発されたシステムであり、岡山大学病院との共同研究によって有用性を高める実証研究の末、提供をしております。それぞれの医療施設にある各Q&Aや事例を収集し、情報のデータベース化、および任意で他施設との情報共有が可能(自施設内のみでの共有も可能)であり、自然言語処理AIによってデータベース内の検索を容易にできることが特徴です。
 さらにAI-PHARMAでは薬学的介入事例(フォーマットはプレアボイド(日本病院薬剤師会提唱)に適合)の管理を実現。薬剤師を中心とした医療従事者のAI-PHARMAの利用により、医薬品情報の収集・管理・共有を容易にし、医薬品の適正使用を促すことを期待しています。

■AI-PHARMAの機能
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011096820-O1-k8zY659p
1.  医薬品Q&A
 医薬品情報検索~登録・事例管理を行うことができます。
・QA-AI検索:医薬品に関して自然言語(文章)で問合せをするとAIがデータベースから回答を表示します。
・QA-単語検索:データベースから該当する回答を単語検索し、一覧で表示します。
・QA登録:データベースに登録されていないQAの登録、データの収集・管理を行うことが可能です。

2.  おくすり事例
 薬学的事例を収集・管理・検索(閲覧)することができます(フォーマットはプレアボイド(日本病院薬剤師会提唱)に適合)。事例の見える化によって、二次利用や啓発活動にも有効です。

3.  DI辞書
 「医薬品情報検索(PMDAサイトにて添付文書やIFの閲覧可)」「配合変化検索」「相互作用検索(医療用医薬品+サプリメント)」「代替薬検索(同種同効薬、同一成分薬等)」の4つの方法で検索が可能です。
※今後「腎機能による用量調整」「妊産婦授乳婦」「小児用量」「経管投与・簡易懸濁」「錠剤・カプセル剤粉砕化」「軟膏混合」等の情報を追加予定です。

現場の医療従事者は、AI-PHARMAを原則「無料」(一部有料オプション有)で利用することが可能です。今後は順次機能をアップデートし、2021年3月中に全国の病院・薬局の300施設の参画を目指しています。

参画のお申込み・お問合せは以下のサイトよりお願い申し上げます。
AI-PHARMAホームページ:https://aipharma.jp/
※お申込みは施設単位(医療従事者のみ)になります。個人単位でのお申込みは行っておりませんので、ご了承ください。

■Webセミナーのお知らせ
特別企画Webセミナー[クラウド型医薬品情報管理プラットフォーム「AI-PHARMA」説明会]を12月16日(水)19:00~20:15にて開催します。
今回のWebセミナーは、主に医療従事者向けに、クラウド型医薬品情報管理プラットフォーム「AI-PHARMA」の詳細を説明します。以下より是非視聴申込みください。
Webセミナー視聴申込ページ:https://kitgo.jp/aipharma-sem/

■AI-DI構想について
木村情報技術が提唱する、全ての医薬品情報を整理・管理・共有した医薬品情報管理プラットフォーム化構想です。木村情報技術が持つAI技術で、医薬品情報を整理し、医薬品使用の最適化を推進することで医療に貢献したいという想いから始まりました。

■木村情報技術について
木村情報技術は2005年の創業以来、医療分野を中心としたWeb講演会運営・配信サービスのパイオニアとして、地方の医師への新薬情報の円滑な提供を行ってまいりました。
2016年4月からは、人工知能ビジネスへ本格参入し、2016年11月には、AIお問合せシステム「AI-Q」(アイキュー)を販売開始しました。
https://www.k-idea.jp/

AI-PHARMA_プレスリリース画像
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ