プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Park Place Technologies

Park Place TechnologiesがCurvature, Inc.を買収、世界最大のサードパーティーデータセンターメンテナンスのプロバイダーに

AsiaNet 86466 (2052)

 
【クリーブランド、シャーロット(米ノースカロライナ州)2020年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*Park Place Technologiesの従業員と収益規模が2倍に

*最大の現場フィールドサービスエンジニアのチームとなり、スペア部品在庫は2400余りの保管拠点で115万点以上に

*OEMに対抗する説得力のある選択肢として新たなTPM層を創出

受賞歴のあるデータセンターのハードウエアメンテナンスとフルセットの管理サービスの単一提供事業者であるPark Place Technologies(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2971933-1&h=374822510&u=https%3A%2F%2Fwww.parkplacetechnologies.com%2F&a=Park+Place+Technologies )は12日、ITサポート、製品、サービス企業のCurvature, Inc.の買収を発表した。この取引はCurvatureの顧客に事業継続性と成長の機会を保証する。

Video – https://mma.prnewswire.com/media/1327839/Park_Place_Technologies_VNR.mp4
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1331278/Park_Place_Technologies_Chris_Adams.jpg

Park PlaceのChris Adams社長兼最高経営責任者(CEO)は「Park PlaceとCurvatureはいずれもこの業界におけるパイオニアだった。Curvatureが加わったことで当社のインフラストラクチャーサポートとサービス提供はこれまで以上に強力、スマート、広範なものとなる。インフラがまれにしか単一サプライヤーからの装置に依存しない環境の中で、また予算や資源がこれまでになく厳しくなった環境の中でわれわれは、われわれをOEMに対抗するより説得力のある選択肢として位置付けられる新たなサードパーティーメンテナンス(TPM)層を生み出した」と述べた。

▽Curvatureの買収は:
*業界最大の現場フィールドサービスエンジニアチームを生み出す
*スペアパーツ在庫量が今や、2400余りの在庫拠点で利用できる115万点以上になり、3倍に拡大
*デンマーク、オーストラリア、タイ、日本という4つの新たな国際市場を伴うPark Placeの一連の世界規模の拡張計画を支援
*より迅速でコスト効率の高いデータセンターサポートのための世界最大の資源を有して、多数のOEM環境に及ぶ新たなTPM層を創出する。

CurvatureのDan Stone暫定CEOは「Park PlaceとCurvatureは、30年以上にわたってサードパーティーメンテナンス市場の構築をリードしてきた。両社は極めて相互補完的な市場ポジションに無理なく合致している。Park Placeの経験と規模は、この買収を成功させるのに十分適している。これは当社チーム、そして当社の顧客にとっての勝利であり、これにより、今日と将来の顧客のニーズに応えるためにより幅広いソリューションを提供しながら、引き続き並外れた顧客サービスに集中していくことができる」と語った。

この買収は、基幹インフラ管理への完全に統合されたアプローチである「Discover、Monitor、Support、Optimize(DMSO)(発見、監視、サポート、最適化)」をCurvatureの顧客に提案する新たな機会を提供する。2020年にPark Placeは顧客のニーズに応えてDMSOを提案して発展させ、稼働率を最大化し、コスト効率を生み出し、より大幅なインフラ制御と可視性を可能にし、資産実績を高めた。

IDCのRob Brothersデータセンター・サポートサービス担当プログラム副社長は「TPM市場はこれまで好調を維持してきており、長期化するパンデミック環境の中でのリモートサービスへのニーズを背景に、引き続き需要を確認している。この合併により顧客は地理、装置の両面で対象範囲の拡大のほか、より多くの部品拠点、コールセンター、エンジニア人材の利用を期待することができる」と述べた。

取引の詳細はビデオニュースリリースhttps://parkplacetech.wistia.com/medias/15vjq2e2s1 を参照。

▽Park Place Technologiesについて
Park Place Technologiesは世界中の複雑な技術環境の管理を簡素化する。データセンターサポートのための当社の部品ネットワークは地域、現地、現場に保管され、迅速な部品配送とサービスが稼働率向上を可能にする。Park Placeは基幹インフラ管理への完全に統合されたアプローチである「Discover、Monitor、Support、Optimize(DMSO)(発見、監視、サポート、最適化)」という新たな技術サービスカテゴリーを生み出した。当社の業界をリードする受賞歴のあるサービスにはParkView(TM) Managed Services、Entuity ソフトウエア、Enterprise Operations Centerなどがある。詳細はwww.parkplacetechnologies.com を参照。

Park Place はCharlesbank Capital PartnersとGTCRのポートフォリオ企業である。

▽メディア問い合わせ先
Park Place Technologies:
Jennifer Deutsch, Chief Marketing Officer
jdeutsch@parkplacetechnologies.com
440-991-3105

Michael Miller, Global Content and Communications Manager
mmiller@parkplacetechnologies.com
440-683-9426

Curvature:
Bharat Vijayaraghavan, Sr Director Marketing
bvijayaraghavan@curvature.com
704-631-9001

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1327212/PPT_CLEAR_line_Logo.jpg

ソース:Park Place Technologies

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ