プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国際商業会議所(International Chamber of Commerce、ICC)

G20:中小企業の保護と世界の回復支援で貿易金融の活用を

AsiaNet 86521 (2094)

 
【パリ2020年11月10日PR Newswire=共同通信JBN】貿易金融に関する国際商業会議所(International Chamber of Commerce、ICC)の諮問グループはG20の指導者たちに対し、中小企業を保護して世界の回復を支援するために貿易金融を活用するよう要請した。

国際商業会議(ICC)ハイレベル諮問グループの共同議長はG20の指導者たちに、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によって世界中の中小企業(SME)に広がった破産状態のリスクを回避する行動をとるよう、緊急の呼び掛けを行った。

Victor K. Fung氏(Fung Group会長)とMarcus Wallenberg氏(SEB会長)はG20の指導者たちに向けた公開書簡で、貿易金融の可用性を拡大するために協調して介入するよう強く要請した。貿易金融はますます困難な状態にある中小企業に新鮮な刺激を与える実証済みの低リスク措置である。

貿易金融は国際貿易の80-90%を支え、多くの中小企業にとっての重要な運転資金として機能している。中小企業と新興市場への貿易信用供給に関する最近のシグナルは増大する企業、ソブリン、通貨の各リスクに反応するもので、大きな危機状態にあることを示している。

貿易金融に関するICC諮問グループの共同議長としての立場から、Fung氏とWallenberg氏は世界の指導者に対し、手遅れになる前に行動するよう呼び掛ける。

Fung氏は次のように述べた。
「世界のサプライチェーン、とりわけ中小企業とそれが支える何百万もの仕事では、それ全体にわたる貿易金融の供給を維持する明確なビジネス事例がある。実体経済は、それが製造と生産、あるいは小売りとサービスであろうと、こうした形の運転資金に頼っており、今すぐ支援が必要だ」

Marcus Wallenberg氏は次のように付言した。
「以前の経済的打撃の中で多国籍企業を率いたわれわれの経験に基づくと、貿易関連金融の可用性とアクセス性を増す協調行動は、数カ月後に中小企業で拡大するソルベンシーリスクの回避に役立ち、同時にCOVID-19パンデミックからより早く回復する基盤になる可能性がある」

この卓越した2人のビジネス指導者の要請は、今月後半に開催される20カ国・地域首脳会議(G20)に先立って出されたもので、貿易関連金融は現実経済に新鮮な刺激を与える理想的な手段であり、政府にとっては中小企業が緊急に必要としている流動性について、取り組み可能な支援に的を絞るチャンスとなる。貿易金融の低リスク性は、公的債務がさらに増大する可能性があるとして高まる政府の懸念を緩和するかもしれない。

ICCはさらに、貿易金融の供給を世界的に準備する上でG20参加の各国政府が実行できる可能性のある新たな対策をまとめた。それには商業銀行による貿易信用の提供を奨励する公共支援の信用保証計画、規制介入、輸出信用保険が含まれる。

ICCのJohn W.H. Denton AO事務総長は次のように述べた。
「グローバル経済では不確実性が続いており、それはこの先数カ月で貿易信用市場の縮小が悪化するという完全な嵐を生みだす可能性がある。多くの中小企業は今回のパンデミックによって減少した準備金の中で営業しているため、既に不安視されている企業の倒産率を加速させる重大なリスクになっている」

「G20の各国政府は、貿易金融の供給を支える大規模な介入について、それは経済のダウンサイドリスクを緩和する手段であるだけでなく、今回の危機からの迅速で反発力のある回復を後押しするための低コストあるいはコストゼロの手段であると認識すべきである」

貿易金融に関するICC諮問グループは戦略的な知見を提供し、COVID-19状況下における貿易金融のエコシステムのための世界的な討議を形あるものにする。

ICC諮問グループのメンバーは上記の共同議長2人に加えて以下の通りである。コスタリカの元貿易相でピーターソン国際経済研究所のシニアフェロー、Anabel Gonzalez氏、Lagos Deep Offshore Logistics Base(LADOL)の最高経営責任者(CEO)、Amy Jadesimi氏、Melvin MarshのCEO、Flora Mutahi氏、サントリーホールディングスの代表取締役社長、新浪剛史氏、Center for Global Enterprise会長のSamuel Palmisano氏、HSBC Holdingsのグループ会長、Mark Tucker氏、TrafiguraのCEO、Jeremy Weir氏、清華大学・国家金融研究院会長のZhu Min氏

公開書簡を読むには(https://iccwbo.org/publication/leveraging-trade-finance-to-safeguard-smes-and-power-the-global-recovery/ )を参照。

ソース:International Chamber of Commerce 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ