プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

The Gangnam

韓国・江南区が観光ガイドサービス「The Gangnam」の拡大を計画

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011116961-O1-2158bj74

AsiaNet 86459 (2049)

 
【ソウル(韓国)2020年11月6日PR Newswire=共同通信JBN】「心地よい変化と名高い江南」をスローガンに、ソウル特別市江南区(JUNG Soon-kyun区長)は、韓国初のIoTベース行政アプリケーションである「The Gangnam」を発表した。従来の3言語(英語、日本語、中国語)の観光ガイド機能に、12月から新たにロシア語とアラビア語を追加する。

「The Gangnam」モバイルプラットフォームは、交通、事故や災害、環境、観光、便利な施設など、地区の多くの必須情報を提供している。江南の訪問者だけでなく、住民にとっても必携のアプリになりつつある。

海外からの旅行者は、イベントカレンダー、レストラン、宿泊施設、観光スポット、市内ツアーから公共WiFi、公衆トイレまで、江南区に関するあらゆる情報を入手でき、ワンストップサービスを享受することができる。また、観光客と地元の人々の間のコミュニケーションを支援するために、82の異なる言語でのリアルタイムAI翻訳サービスを提供している。さらに、ユーザーと認定医療コーディネーターをマッチングさせる機能もあり、メディカル・ツーリズムの推進も期待されている。

このアプリは、大気中の有害センサーを介して、超細塵、細塵、温度と湿度、騒音レベルに関するリアルタイムの大気汚染情報も提供し、また公共駐車場と専用駐車場、居住者の優先駐車場を地図に表示することも可能だ。IoTセンサーによって、ユーザーは駐車スペースの申請と支払いもできる。

区役所を訪問するときも、アプリで事前に順番待ち番号を受け取れば、待ち時間を短縮することができる。このアプリは、訪問者を管理するためのスマートアテンダンス(QRコード)、必要とする人への食品市場のオンライン配達サービス、さらに求人情報も提供する。

また、現在のトレンドを反映する経済コンテンツも共有できる。英語や体育の研修講座を開催することで知識や才能を登録・共有することができ、さらに事務所や玩具、本、道具といった物理的空間や製品を提供する。

The Gangnam アプリは、2019年に科学技術情報通信部(MSIT)から「Good Content」認証と銀賞を受賞した。

江南区スマートシティ担当ディレクターであるYoon Jong-min氏は「われわれは、AIベースの駐車取り締まりと行政サービスを導入する予定で、そこでは人々が罰金に対して不服を申し立てることができる。この計画では、2017年に大臣賞を受賞したAIベースのチャットボットであるGangnam-botを活用する。われわれはIoT、ブロックチェーン、AIなど、第4次産業革命の中核テクノロジーをすべて組み合わせた韓国最高のアプリ『The Gangnam』を作るために最善を尽くす」と述べた。

ソース:The Gangnam

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375965
(写真説明:観光ガイドサービス「The Gangnam」アプリ)

観光ガイドサービス「The Gangnam」アプリ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ