プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

QuEST グロバール

QuEST グローバル、高精度製造企業向けスマート欠陥検査アプリケーションの提供を発表します 

AsiaNet 86517

QuEST グローバル、高精度製造企業向けスマート欠陥検査アプリケーションの提供を発表します 

ベンガルール(インド)、2020年11月11日/PRNewswire/ — 世界的な製品エンジニアリングおよびライフサイクルサービス企業であるQuEST グロバールは本日、人工知能 (AI) を利用したGUIベースのスマート欠陥検査 (SDI) (https://www.quest-global.com/services-solutions/digital-transformation/smart-defect-inspection/ )アプリケーションの提供開始を発表した(AI)。半導体チップメーカーなどの高精度製造企業向けに設計されたこのアプリケーションは、リアルタイムの欠陥検査と診断、製品品質検査、および予測を可能にし、最適な機器使用を保証します。

プラットフォームに依存しないSDIアプリケーションは、インテリジェントな欠陥検査のためのディープラーニング (DL) 技術で構築され、よりスマートな意思決定のための自己学習能力を可能にします。このアプリケーションは、製造業者にとって3つの重要な課題、すなわち、歩留まり/処理能力の低さ、高価な装置の最適以下の利用、および人間の検査官が直面する健康上の危険性を解決することを目的としています。そしてSDIアプリケーションはhttps://www.youtube.com/watch?v=-PGCbL9Ilh8 )また、24時間運用の理想的なアップタイムをターゲットにすることで、高価な機器から最大限のROIを確保します。

同社は、このアプリケーションを概念実証としてhttps://www.youtube.com/watch?v=wGDoTTmnEpw )、2社の半導体機器OEMに実装することに成功しました。このアプリケーションは、OEMが走査型電子顕微鏡および光学検査画像から欠陥を検出し、半導体ウェハ欠陥を分類して、従来のコンピュータビジョン技術からのアンダーキルに注意を払い、オーバーキルを最大30%削減するのに役立ちます。ディープラーニングとエッジコンピューティングを備えたこの一つの中に全てのリアルタイムディテクションシステムは、既存のイメージキャプチャデバイスとも互換性があり、ディープラーニングアルゴリズムを使用した高度な意思決定機能を提供します。

製造業に提供する意義・価値のさらなる充実、Piyush Jainhttps://www.quest-global.com/leadership/piyush-jain/ )副社長兼デリバリ責任者-APAC, QuEST グロバール、 言いました: 「当社の新しいSmart Defect Inspectionアプリケーションを、高精度製造業界のOEMに提供できることを嬉しく思います。シンプルで直感的なGUIを使用して検査を自動化するために人間の検査官を支援するように設計されたこのアプリケーションは、OEMメーカーが歩留まりを向上させ、製造生産性を測定するためのゴールドスタンダードである機器全体の有効性を向上させることを目的としています。SDIアプリケーションは、OEMにとってのビジネス上の利点に加えて、人間の検査員の視覚的なストレスを軽減し、健康上の危険を回避し、全体的な健康状態を改善することも目的としています。」

長年にわたり、QuESTはハイテク業界で世界で最も認知されている企業の信頼されるパートナーとして活動してきました。同社は、コネクテッドカー、コネクテッドデバイス、コネクテッドファクトリー、コネクテッドグリッドなどの分野で、顧客が競合他社をリードできるよう支援することで、顧客が 「クリエーション・ザ・フロンティア」 を実現できるよう尽力している。新時代のテクノロジーに関する専門知識を持つ同社は、AI、DL、AR、VR、ブロックチェーン、セキュリティなどの最新デジタル技術を組み込んだチップセットを、世界の大手シリコン企業数社に提供してきた。

QuEST Globalについて 

20年以上にわたり、QuESTグロバールは、エアロエンジン、Hi-テク、航空宇宙・防衛、交通(オートおよびレール)、電力・産業、石油・ガス、および医療機器の各業界で最も評価の高い企業の多くにとって、信頼されるグローバルな製品エンジニアリングおよびライフサイクルサービスのパートナーとなることを目指してきました。世界13カ国、66のグローバルセンター、11,000人以上の従業員を擁するQuEST Globalは、より安全でクリーンな世界のためのソリューションを開発するために、機械、電子、ソフトウェア、デジタルエンジニアリングのイノベーションを結集する最前線にいると確信している。QuESTグロバールの深い専門知識とデジタルの専門知識は、顧客が製品開発とイノベーションサイクルを加速し、新たな収益源を創出し、消費者体験を向上させ、製造プロセスとオペレーションをより効率的にすることを目的としています。

メディア連絡先:
アント・T・ウセフ
anto.ouseph@quest-global.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ