プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本ストラタステクノロジー株式会社

Stratus ztC Edge、AWSのIoT認定を取得

AWS IoTとの統合により、システム管理をシンプル化し、より短時間でお客様の価値創造を支援します

2020年11月11日
日本ストラタステクノロジー株式会社

《米国ストラタステクノロジー ニュースリリース抄訳》
本リリースは、2020年11月10日(米国時間)に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

Stratus ztC Edge、AWSのIoT認定を取得
~動作検証済のゼロタッチ・エッジコンピューティング プラットフォームをAWS IoTと統合することで、システム管理をシンプル化し、より短時間でお客様の価値創造を支援します~

2020年11月10日 ― マサチューセッツ州メイナード
セキュアでシンプルな自律型エッジコンピューティング ソリューションのグローバルリーダーであるストラタステクノロジー(本社:米国マサチューセッツ州メイナード、社長兼最高経営責任者:David C. Laurello(デビッド・C・ロレーロ)、以下ストラタス)は本日、同社の高信頼性エッジコンピューティング プラットフォーム製品「Stratus® ztCTM Edge」が、アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)のデバイス認定プログラム「AWS IoT Core」に認定されたことを発表しました。AWS IoT認定は、パートナー企業やそのお客様にとって、デバイスが適切に、そして一貫して相互運用できることを明確に示すものです。AWS IoTを使用することにより、お客様はStratus ztC EdgeをAWSベースのクラウド環境に簡単に統合し、エッジで生成されるデータをAWSクラウド環境にシームレスに収集し、分析することが可能になります。そして、開発時間を短縮し、システム管理を簡素化できます。お客様のIoTソリューションは、AWS IoTデバイスとの連携があらかじめ検証、確認されたハードウェアおよびソフトウェアと組み合わせられます。

ストラタスは、セキュアでシンプルな自律型エッジコンピューティングソリューションを提供し、ビジネスクリティカルシステムの連続稼働を実現しています。ストラタスのztC Edge プラットフォームは、セキュアで堅牢性を備え、高度に自動化されたエッジ環境向けコンピューティングプラットフォームで、地理的に分散されIT要員が不足する拠点においても、ミッションクリティカルアプリケーションを確実に保護すると同時に、信頼性の高いサービスを迅速かつ効率的に提供します。

「何十年もの間、ストラタスはミッションクリティカルで信頼性の高いコンピューティング プラットフォームの提供において、パートナーや顧客のニーズに真摯に対応してきました。AWS IoT CoreとztC Edgeの統合は、お客様のデジタルトランスフォーメーションの世界をシンプルにし、保護し、自律的にするエッジコンピューティング ソリューションを提供するもうひとつの方法です。」と、ストラタステクノロジーのビジネスライン管理担当バイス プレジデント、Jason Andersen(ジェイソン・アンダーソン)は述べています。「お客様は、ztC EdgeとAWS IoTを組み合わせることでIoTプロジェクトを迅速に開始し、信頼できる認定済のIoTデバイスを使用できます。」

お客様はAWS認定デバイスを使用することで、高いコスト効果で複数デバイスへの拡張が可能になり、デバイスのデータを安全に処理し、操作することができます。AWS認定デバイスプログラムからパートナーを選定し、AWS IoTクラウドで動作するデバイスとソリューションを事前に調査することで、お客様は時間と労力を削減することができます。

今回の連携の詳細はAWS IoT Coreの、AWS Partner Device CatalogのWebページでご覧ください。

■ストラタステクノロジーについて
最小限のリスクで予測可能なピークパフォーマンスを実現するために、業務のデジタルトランスフォーメーションが進められています。ストラタスは、そのようなトランスフォーメーションを行うビジネスリーダーのために、導入と保守が容易で、中断や脅威から保護された自律的なゼロタッチ エッジコンピューティング プラットフォームを提供し、ビジネスクリティカルなアプリケーションの継続的な可用性を保証します。ストラタスは40年間、信頼性が高く冗長化されたゼロタッチ コンピューティングを提供し続けています。Fortune500のグローバル企業や世界各国の幅広い業界、規模のお客様に対し、エッジ、クラウド、およびデータセンターで稼働するアプリケーションに安全に情報を送信し、データを実用的なインテリジェンスへと変化させ、稼働時間と効率を向上させる支援を継続的に行っています。
詳細については、Webサイト:www.stratus.com をご覧ください。ストラタスのTwitterアカウント:@StratusAlwaysOn をフォローして、ぜひ最新情報にアクセスしてください。

<登録商標について>
Stratus、Stratus Technologies ロゴは、Stratus Technologies Bermuda Ltd.の商標ないしは登録商標です。その他の文中に引用された社名/製品名/サービス名については、各々の会社の商標ないしは登録商標であり、各所有者が商標権を保持しています。

Copyright(C) 2020 Stratus Technologies Japan, Inc. All rights reserved.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ