プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FIMER

FIMERはeモビリティーの新時代を推進する

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011116939-O1-34xS152i

AsiaNet 86445

FIMERはeモビリティーの新時代を推進する

 
【ビメルカーテ(イタリア)2020年11月11日PR Newswire】

*FIMERは住宅用から商業用までをカバーする急速充電器の製品ラインナップを新しく発表し、電気自動車(EV)用充電器の市場に参入する。

電気自動車(EV)が2025年までに世界の車両の30%を占めると予想される中、世界第4位のソーラーインバーターメーカーであるFIMERは、住宅用と商業用として設計されたAC(交流)充電とDC(直流)充電のステーションとウォールボックスの新製品ラインを発表した。

FIMERのeモビリティー担当マネジングディレクター、Gaetano Belluccio氏は今回の発表について「当社は持続可能エネルギーに向けて太陽の力を利用してきた力強い実績を誇りとしている。この新しいEVソリューションの発表は、eモビリティー新時代を推進するという当社の志に向かって前進の一歩を印すものだ。当社は2017年以来、3万をこえるソリューションを既に設置しており、今回のソリューションはEVセクターにおける当社の実績を伴った信頼に基づいている」とコメントした。

この新製品ラインはFIMERの同セクターでの経験をベースにして顧客のニーズに応えるよう開発され、高出力充電と際立った高効率性ならびに柔軟性を実現している。

FIMERは住宅用アプリケーションとして、壁やスタンドに据え付ける充電器の新しいFIMER FLEXA AC Wallboxを発表した。Stand Alone、Future Net、Inverter Netの3つの異なったモデルがあり、各モデルは4つの設定(3.7、7.4、11、22 kW)が可能で2つのオプションがあり、ソケットあるいはコードを備えている。

充電ポイントを追加することでコネクションとスマートな管理が実現し、設置や保守も容易である。FIMER FLEXA ACは、その優れたスタンド・アクセサリーによって個人住宅から公共駐車場まで、どんな環境にも容易に対応できる際立った柔軟性がある。素早い固定ソリューションが付加されたことで、ユーザーはウォールボックスを簡単に切り離して別の場所に移動できる。また、緊急用充電ケーブルとしても利用可能である。

環境に優しく持続可能なモビリティーへのFIMERのコミットメントの一環として、このウォールボックスは完全リサイクルのプラスチックで作られており、機能的で信頼性が高く、安全で柔軟なだけでなく、環境にもやさしいソリューションになっている。

この新しいFIMER FLEXAスタンドは、シングル充電ポイントモードとダブル充電ポイントモードの両方が利用でき、充電ポイントが光で強調されるように専用LEDライトを装備している。このスタンドは、公共の安全と危険防止を保証する内部電気保護が施されている。

FIMERは駐車場やスーパーマーケットといった商業用の設置向けとして、FIMER FLEXA AC Station、FIMER FLEXA AC Wallbox、FIMER ELECTRA DC Stationのソリューションを開発した。

FIMER FLEXA AC充電ステーションは公共の場での使用に最適だ。最大で2台の車両を同時にAC電流で充電できる。2つの異なった形態構造になっており、最初がタイプ2 ACソケットが2つ、そして2番目はタイプ2ソケット(最大電力22kW)が1つとタイプ3Aソケット(最大電力3.7kW)が1つある。どちらの形態もStand Alone、Future Net、Inverter Netの3バージョンで利用できる。

このソリューションには高レベルの診断機能があり、外部からの影響因子が引き起こす障害を検知し、関連する警報を発し、異常事態が解決すると自動的に通常機能に復帰する。

FIMER ELECTRA DC Stationは、公共の駐車場や高速道路のサービスに最適な電気自動車向けの次世代急速充電器で、最大で3台の車両を同時に充電できる。この充電ステーションは、DC発電に接続された車両の台数に応じてその最大電力を動的に分配し、15分未満でEVを(DCモードで)充電できる。

停電の際には、UPS電源バックアップによってやり取りが終了し、ケーブルが開放される。柔軟性付加においては、ステーションは設置後のアップグレード、インバーターモジュールの追加することにより、充電容量を増強することが可能である。

FIMERのFilippo Carzaniga会長は「今回の発表に併せ、当社はわれわれの遺産と専門知識を足場にして、これからの世代に向けて高速で効率的な充電を提供するさまざまな持続可能ソリューションの創出を継続する。当社はこの新しい電気の時代を擁護することを誇りに思い、欧州とそれ以外のコミュニティーと協力し、より幅広いEV導入率を推し進めることを楽しみにしている」と述べた。

▽FIMERについて
FIMERは世界4位の太陽光発電用パワーコンディショナーサプライヤーである。パワーコンディショナーとモビリティーシステムに特化したFIMERは、全世界で1100人を超える従業員を擁し、多岐に渡る用途に向けて包括的なソーラーソリューションのポートフォリオを提供している。FIMERでは、継続したR&Dへの投資に見られるように、大胆かつ機敏なアプローチによって技術力の強化に努めている。世界26カ国に展開し、現地トレーニングセンターおよび製造拠点を有するFIMERは、顧客やエネルギー産業において絶え間なく変化する市場環境との密接な連携を図っている。

2020年第1四半期に実施されたABBのパワーコンディショナー事業の買収と統合により、新たにFIMERの傘下に加わったパワーコンディショナーのポートフォリオは、商標ライセンス契約に基づきABBブランドを継承している。www.FIMER.com

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376311
(キャプション:FIMERのロゴ)

(日本語リリース:クライアント提供)

FIMERのロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ