プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FibroGenesis

FibroGenesisが線維芽細胞療法プラットフォーム向けの250件目の特許申請を発表

AsiaNet 86515 (2080)

 
【ヒューストン2020年11月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*線維芽細胞技術の世界的リーダーが11日、250件目の特許申請で知財ポジションを前進させる

テキサスを拠点とし、ヒト皮膚線維芽細胞(HDFs)を利用した組織再生と慢性疾患改善を専門とする再生医療企業のFibroGenesisは11日、線維芽細胞療法プラットフォームに関する250件目の特許申請を発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1121989/FibroGenesis_Logo.jpg

線維芽細胞を利用する慢性疾患治療の権威として世界的リーダーの立場を拡大するFibroGenesisは、COVID-19 ARDS(新型コロナウイルス感染症による急性呼吸窮迫症候群)、椎間板変性症、多発性硬化症、パーキンソン病、糖尿病、がん、慢性外傷性脳症(CTE)、疼痛、筋ジストロフィーなどの疾患をカバーする世界的な知的財産のポートフォリオを拡大する。

FibroGenesisの最高科学責任者(CSO)、Tom Ichim博士は「当社の科学チームはこの『スーパーセル』のために新たな機会を生み出しつつある。内部データと新たな第3者による検証は、当社独自のユニバーサルドナー線維芽細胞ベースの製品が既存のアプローチを凌駕することを示している。当社の広範な知的財産は、FibroGenesisをこの分野に入るあらゆる人のためのゲートキーパーとして確立する」と述べた。

FibroGenesisのPete O’Heeron最高経営責任者(CEO)は「当社が知的財産ポートフォリオを有機的に拡大し続ける中、同様に拡大するこのユニークなセルソースの臨床能力に恐縮している。新たな臨床プログラムは、複数の幹細胞より優れた1つのセルソースのエビデンスを提供し、当社の特許上のポジションは、当社が成長を継続するための保護を与える」と語った。

▽FibroGenesisについて
FibroGenesisはテキサス州ヒューストンを本拠とする再生医療企業で、ヒト皮膚線維芽細胞を利用した慢性疾患治療の革新的なソリューションを開発している。FibroGenesisは現在、椎間板変性、多発性硬化症、パーキンソン病、慢性外傷性脳症、がん、糖尿病、肝不全、心不全など多様な臨床経路にわたって250件の米国特許と国際特許を取得、または申請中である。エンジェル投資家の資金に全面依存しているFibroGenesisは、細胞治療における次世代の医学的進歩の代表である。

www.Fibro-Genesis.com を参照。

ソース:FibroGenesis

▽問い合わせ先
info@fibro-genesis.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ