プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ(Huawei)

Huawei FusionServer Proインテリジェントサーバーは成功を共有するための完璧なパートナー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011106911-O1-WnZIO2Tl

AsiaNet 86501 (2077)

 
【深セン(中国)2020年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)は、高品質の技術を開発するために主流のベンダーと協力してきた確かな実績を持つ。互恵的なパートナーシップの事例製品の1つは、Huawei FusionServer Proシリーズだ。このインテリジェントサーバーシリーズは、長年のファーウェイの研究開発への投資を基盤に構築され、高度な技術を実装しており、長年にわたって業界をリードする製品となっている。

▽20年間の緊密な連携により、技術と製品を最新の状態に保つ
過去20年間にわたる緊密なパートナーシップによって、ファーウェイとインテルはサーバー技術を反復するために絶え間ない努力を続けてきたが、これは近ごろ、新たな段階に到達した。9月のHUAWEI CONNECT 2020で、ファーウェイとインテルは、Working Together to Drive New Value(新たな価値の加速に向けて協働する)と題する基調講演で、次世代のFusionServer Pro 2488H V6インテリジェントサーバーを共同発表した。FusionServer Pro 2488H V6は、2Uスペースに4つの第3世代Intel(R)Xeon(R)スケーラブルプロセッサーを搭載し、インテル(R)Optane(TM)パーシステント・メモリー(PMem)200シリーズをサポートしている。サーバーは、AIの推論とトレーニング向けに最大560 TFLOPSのコンピューティング能力を発揮し、業界のデジタルトランスフォーメーションを迅速に追跡する。

▽ファーウェイとパートナーは、多様な共同ソリューションのために進化を続ける
ファーウェイは、ハードウエアでの協力に加え、さまざまなソフトウエアパートナーと協力して革新を行い、顧客に多様なソリューションを提供している。特に、シングルノード、クラスター、TDIソリューションで構成されるHuawei SAP HANAソリューションは、高性能、高信頼性、スムーズなスケーリングを特徴としている。Huawei FusionServer Pro シリーズはこの共同ソリューションを支え、企業はエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)やデータウエアハウスなどの重要なサービスを加速し、重要なデータを迅速に分析してマス・データの価値を効率的に活用できる。

▽ファーウェイはパートナーと協力し、ともに新しい価値を創造する
主流のベンダーとの長期的なコラボレーションにより、パートナーの最先端のソフトウエアおよびハードウエア製品をFusionServer Proインテリジェントサーバーに実装できるようになる。インテリジェントサーバーシリーズは、ファーウェイが開発したインテリジェントNIC(iNIC)、SSD、AIアクセラレータカードで実行され、システムレベルでサーバーの性能を向上させる。ソフトウエアに関しては、このシリーズは展開、発見、省エネ、アップグレード、メンテナンスを網羅する5つのインテリジェント技術を有しており、企業が運用・保守(O&M)コストを削減し、O&Mの効率を向上させるのを支援する。ITIC 2018 Global Server Hardware, Server OS Reliability Report(ITIC 2018グローバルサーバーハードウエア、サーバーOS信頼性リポート)によると、Huawei FusionServer Proインテリジェントサーバーは99.999%の業界トップの可用性を提供し、顧客サービスの安定・安全な運用を保証する。

ファーウェイは主流のパートナーと長期的で安定した協力に取り組んでいる。この基盤は、ファーウェイの研究開発への投資と組み合わせることで、より速く、より強力で、よりスマートなx86ベースのサーバーを構築し、健全なコンピューティング業界を育成し、すべての業界のデジタル変革を促進することを可能にしている。今後もファーウェイは、健全で安定したコンピューティングエコシステムのために、業界パートナーと成功を共有するための協力を着実に実行する。

ソース:Huawei

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376192
(写真説明:ファーウェイとインテルは、次世代のFusionServer Pro 2488H V6インテリジェントサーバーを共同発表した。FusionServer Pro 2488H V6は、2Uスペースに4つの第3世代Intel®Xeon®スケーラブルプロセッサーを搭載し、インテル(R)Optane(TM) パーシステント・メモリー(PMem)200シリーズをサポートしている。サーバーは、AIの推論とトレーニング向けに最大560 TFLOPSのコンピューティング能力を発揮し、業界のデジタルトランスフォーメーションを迅速に追跡する。)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376195
(写真説明:インテリジェントサーバーシリーズは、ファーウェイが開発したインテリジェントNIC(iNIC)、SSD、AIアクセラレータカードで実行され、システムレベルでサーバーの性能を向上させる。ソフトウエアに関しては、このシリーズは、展開、発見、省エネ、アップグレード、メンテナンスを網羅する5つのインテリジェント技術を有しており、企業が運用・保守(O&M)コストを削減し、O&Mの効率を向上させるのを支援する。-ITIC 2018 Global Server Hardware, Server OS Reliability Report(ITIC 2018グローバルサーバーハードウエア、サーバーOS信頼性リポート)のHuawei FusionServer Proインテリジェントによる)

ファーウェイとインテルは、次世代のFusionServer Pro 2488H V6インテリジェントサーバーを共同発表した
インテリジェントサーバーシリーズは、ファーウェイが開発したiNICなどで実行、サーバーの性能を向上させる
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ