プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCSA

Thousand Cities Strategic Algorithms(TCSA)がグローバル行動宣言で20カ国を主導

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011106908-O1-OxNUkXZW

AsiaNet 86507 (2073)

 
【上海2020年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】Thousand Cities Strategic Algorithms Cloud Technology(TCSA)のAdkins Zheng会長は11月6日、第3回中国国際輸入博覧会(CIIE)主催都市の上海で20カ国の外交代表とともに「Declaration of Action for Global Stability, Prosperity and Freedom(世界の安定、繁栄、自由のための行動宣言)」を採択した。宣言は、より対象を絞った科学的で効果的な国家統治システムと社会経済システムを開発することの重要性を強調している。

https://mma.prnewswire.com/media/1330075/TCSA.jpg
(TCSAがグローバル行動宣言で20カ国を主導)

過去数世紀にわたり、経済、社会、政治の枠組みは真の構造的改善を経験していない。一段とそして極めて緊急に世界は、現行の伝統的枠組みが現代世界の人口、需要と供給、産業、情報の過重負荷の圧倒的な密度に何とか耐えようと苦闘していることに気付き始めた。こうした問題に対処するため、各国は現行のシステムよりはるかに正確で効率的な国家統治システムと社会経済システムの開発を開始しなければならない。

すべての国の市民は現在、情報とテクノロジーに動かされている急速に変化する社会に住んでおり、世界は客観的、論理的かつ正確な結論を導き出すために圧倒的なデータの山を必死にふるいにかけ、取捨選択する必要がある。例えば、最初の法典が石のタブレットに刻まれた時までさかのぼれば、人々は社会秩序がその開始から改革、改善に至るまで、情報と情報の再構築で始まり、そして終わることを知っていた。今日、先進的で科学的なアイデアは、学術論文のページを超えて、正確でデジタルなソリューションに統合され、そして人類文明の向上に向け体系的に適用されなければならない。

今日のデジタル時代においては、最もユビキタスで因果関係重視の情報のキャリアは金銭取引のデータである。このデータを情報源として活用することにより、社会秩序にとって極めて効果的で的を絞ったフレームワークと手段を構築することが可能である。一国の統治システムを真に強化あるいは改革するための最も実用的な道は、その国の中央銀行の金融システムを「National Economic Data Brain(国家経済データ頭脳)」に転換することである。

こうした観点から、TCSAは、オープンマインドの経済的アプローチとオープンソースのデータテクノロジーを活用して、以下のカスタマイズされた目標において世界中の政府と中央銀行にサービスを提供するという前進のための新たな道を大胆に想定した:

*インフラストラクチャー、食品、輸送、住宅、健康、教育、社会福祉、治安、その他のさまざまな公共財のような基本的な社会的資産のための独立した市場システムを構築すること。次いで、政府はこれらの市場システムに関連する一般的な雇用と生産的な機会を創出し、市民の基本的な利益と権利に焦点を当て、国家と国民の間の社会契約と信頼を強化し、最終的に社会の安定を達成することができる。

*Basic Societal Assets Market Systems(基本的社会資産市場システム)のローカリゼーションと、テクノロジー、産業市場システムのグローバル化を含む多層的アプローチを通じて、年平均GDP増加率0.5%-1.5%を達成すること。

*中央銀行と決済端末に論理的に信頼性が高く、コスト効率の良いデータ・インフラストラクチャー・プロジェクトとシステム設置サービスを提供することにより、既存の電子およびデジタル決済スキームの上に包括的なアルゴリズムの国家通貨システムを構築し、最終的に各国のより安定した独立の通貨システム確立を支援すること。

TCSAのグローバルアフェアーズ部門は、英語、ロシア語、スペイン語、フランス語、アラビア語の多言語タスクフォースを設置し、すべての大陸の中央銀行と政府にテクノロジー移転コンサルティングサービスを提供している。これらTCSAの専門家は、中央政府、通貨当局、国際機関、政党、業界専門家、学術研究者、ビジネス指導者に助言している。すなわち、リソース、知恵、能力を提供し、理想的な最先端のデータテクノロジーを適用する。これらすべては、ハイエクの自由市場効率論の最適化、マルクスの公共指向理論における需要と供給の境界の明確化、不明瞭なケインズの国家介入経済モデルの正確なデータ主導の市場経済モデルへのアップグレードを追求しており、最終的に社会をより大きな自由と安定と繁栄の未来へ導く。

ソース:TCSA

画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=376220
(キャプション:TCSAがグローバル行動宣言で20カ国を主導)

TCSAがグローバル行動宣言で20カ国を主導
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ