プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Exein

Exeinが世界を変えるような組み込み型セキュリティーソリューションを発表

AsiaNet 86503 (2075)

 
【サンフランシスコ(米カリフォルニア州)2020年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】ファームウエアに数行のコードを組み込むだけで、脆弱性が非常に高い世界のインターネット・オブ・シングス(IoT)デバイスにマルチレイヤーかつ侵入が事実上できない防御を提供する。

ローマとサンフランシスコを本拠地にする最先端セキュリティー専門企業のExeinは、最高経営責任者(CEO)のGianni Cuozzo氏が「これまでに構築された中で最も速いセキュリティー対策」と表現したものを開発した。従来のどんなソリューションよりも大幅に速く脅威を自動検知する、オープンソースの数理モデルである。

Exein Coreはプラットフォームにとらわれない開発者ツールで、ハードウエア内から組み込み型コンポーネントとして作動する。ファームウエアに組み込まれたExein Coreは、デバイスの正しい作動を学習するために畳み込みニューラルネットワークを使用する。Exein Coreはその知識を使い、クラウドコンピューティングによるサポートなしで、比類のない速度で異常や外部の脅威を検知することができる。

世界を変えるようなこの製品には巨大な潜在的可能性がある。マッキンゼーによると「IoTに接続された全世界のデバイス数は、2023年までに430億に増加すると予想されている」。それよりも大きな数を予想する筋もある。それは2025年までに、1人につき100、あるいは43兆に達するというものである。しかし弱点はファームウエアにある。そこは通常、防御予算の僅か1%しか割り当てられず、犯罪者に簡単な入口を提供するセキュリティーが甘い場所である。

Cuozzo氏は「これは単にランサムの脅威を阻止するだけではない。ファームウエアを搾取されることは、われわれの安全にも影響することだ。航空、自動車、家の安全システムといった全てが狙われる。Exein Coreを製造段階にある全てのIoT機器のファームウエアに適用するか、あるいは既存デバイスに装着することにより、そうした攻撃を止めることができる。これは全く新しいITセキュリティーのアプローチを提示する、世界を変えつつある製品だ」と述べた。

ホストをベースとするExein Coreの防御メカニズムのインテグリティーで重要なのは、Cuozzo氏が情熱的に推進したオープンソース性である。同氏は「このイノベーションを推し進める数理理論には、生活を安全にする潜在的可能性があると私は信じている」と述べた。

Exeinとサイバーセキュリティーの将来についての詳細はhttps://www.exein.io を参照。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1308268/Exein_Logo.jpg

ソース:Exein

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ