プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

PRニュースワイヤー

PRニュースワイヤーがアジア太平洋の主要市場でニュース配信ネットワークをさらに強化

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011106883-O1-04nt5o0T

AsiaNet 86380

PRニュースワイヤーがアジア太平洋の主要市場でニュース配信ネットワークをさらに強化

【香港2020年11月10日PR Newswire】PRニュースワイヤーは250を超える新しいメディアコンテンツ提携、さらに密接なメディアエンゲージメント、強力なメディアプレゼンスにより、アジア太平洋(APAC)地域、特にオーストラリア、韓国、フィリピンにおけるメディアのカバー範囲を増強する。

PRニュースワイヤーは世界最大手の企業広報通信社で、グローバルのプレスリリース配信、メディアデータベースとメディアモニタリングなど広報関係のサービスを提供し、アジア太平洋(APAC)地域にわたるメディアネットワークを継続的に拡大・深化させている。

▽PRニュースワイヤーの2020年APAC配信ネットワーク
2020年、PRニュースワイヤーは250を超えるコンテンツ提携を開発し、その総数は1500以上となった。APACにおける同社の総合メディアデータベースは今年、5000人以上のジャーナリストとインフルエンサーを加えて強化され、モバイルとソーシャルメディアでより広く、よりアクティブなエンゲージメントを促進している。

こうした成果はオンラインコンテンツ提携、通信社との協力、伝統的メディアと業界メディアのデータベース、モバイルとソーシャルメディアネットワークを通して配信チャンネルの強化を続けることはPRニュースワイヤーの取り組みの一環である。この多方向フラットフォームにより、企業はアジア圏におけるプロモーションを強化することにつながる。

▽広範囲におよぶコンテンツ提携が増加
PRニュースワイヤーは今年、とりわけオーストラリア、韓国、フィリピンにおける現地配信ネットワークで飛躍的な成果を達成した。

*オーストラリアでは、PRニュースワイヤーはコンテンツ提携パートナーの数が3倍増の30になった。主な新パートナーはNews Co(https://newsco.org/ )である。同社はオーストラリアをベースにする独立系のニュース配信グループで、小売り、ビジネス、不動産、テクノロジーなどの産業動向を伝えるThe Times、Daily Bulletin、Business Daily Mediaをはじめとして20以上のウェブサイトを運営している。1000人以上のジャーナリストと120の報道機関も加わった。

*韓国ではメディアデータベースのジャーナリストの数が32%増加し、その総数は6300人を超えた。韓国の主要ニュースポータルで同国有数のビジネス紙The Korea Economic DailyのオンラインプラットフォームでもあるHankyung(https://www.hankyung.com/ )を含め、240以上の報道機関が加わった。

*フィリピンでは320人以上のジャーナリストと280超の報道機関がメディアデータベースに加わった。コンテンツ提携ネットワークの強化という面では、科学、テクノロジー、健康、スポーツ、ライフスタイルの国内と国際ニュースをカバーする大手テレビネットワークのUNTV(https://www.untvweb.com/news/ )が加わった。

PRニュースワイヤーはAPAC地域主要7市場のメディアとの影響力の強い提携関係構築の取り組みを加速しており、中国本土、香港、インドネシア、シンガポール、台湾がそれに含まれている。こうしたコンテンツパートナーは通信社、ニュースと業界メディアのウェブサイト、ブログ、アプリといったメディアチャンネルの広範な領域に及んでいる。

こうした提携を通してPRニュースワイヤーから配信されたプレスリリースはさまざまな業界のメディアプラットフォームに転載され、より多くのメディアにターゲットすることにより、より多くのオーディエンスにリーチできる。

▽今年、新たに提携した主要コンテンツパートナーは以下の通り:

*Campaign Asia-Pacific(https://www.campaignasia.com/ ):考え方、仕事、人物に関するインサイトと情報を提供するポータルであり、APAC地域のマーケティングコミュニケーション業界に影響を与える。

*China Daily(http://www.chinadaily.com.cn/ ):中国本土の国営英字新聞で、中国に関して最も信頼性のあるニュースソース。同社のウェブサイト、アプリ、ソーシャルメディアのページと併せ、マルチメディアでのリーチは2億人以上の読者に及ぶ。

*Gizmologi(https://gizmologi.com/ ):人気のある二カ国語のテクノロジーポータルで、インドネシアのニュース、ガジェット、ゲームを伝える。

*Global Banking and Finance Review(https://www.globalbankingandfinance.com/ ):上級経営者を対象にしたビジネス、金融、フィンテックのニュースを特徴とするシンガポールが拠点のウェブサイト。

*Property.hk(https://property.hk/ ):香港で有数の資産ポータル。販売、購入、取引価格と資産リストのデータベースを持つ。

*XinMedia(https://www.xinmedia.com/ ):台湾の主要な旅行ウェブサイトで、市場インサイト、トレンド分析とニュース速報をカバー。

こうしたメディアはPRニュースワイヤーがAPACにおけるコンテンツパートナー・リストに加わった。また、当社の主要パートナーにはYahoo! Finance、Markets Insider、AsiaOne(シンガポール)、The Asian Parent(マレーシア)、The Saigon Times(ベトナム)がある。当社は聯合ニュース(韓国)、共同通信(日本)、InfoQuest(タイ)といった有名通信社とも独占提携の関係にある。

PRニュースワイヤーのオーディエンス開発責任者、Lynn Liu氏は「成長を続ける当社のコンテンツ提携ネットワークは、当社の顧客が自社のニュースを強化するための新たなプラットフォームを提供する。メディアとの緊密な協力を確立し、それを通して現地の市場に参入することにより、当社は現地と地域全体でさらに総合的なニュース配信ネットワークの構築を続けている」と述べた。

▽メディアエンゲージメントに専念

▽2020年PRニュースワイヤーがAPAC配信のスナップショット
PRニュースワイヤーが所有するメディアデータベースはAPACに展開する9つのオフィスの当社オーディエンス開発専門家チームによって定期的に検証、更新されている。積極的なエンゲージメントと調査を通し、毎週約150人のジャーナリストとインフルエンサーがデータベースに加わり、3万7000超の報道機関におよぶ7万5000人以上のジャーナリストとインフルエンサーを擁するメディアデータベースになっている。オーディエンス開発チームは各市場のメディア動向にも目を配り、ニュースの可視性を得るためのインサイトと機会を顧客に提供している。

▽さらに広がったソーシャルメディアのリーチ
PRニュースワイヤーは同社の堅ろうなソーシャルメディアネットワークを活用し、顧客の企業ニュースを発信している。今年、中国本土ではPRニュースワイヤーのWeChatとWeiboの公式アカウントは9万6000以上の新フォロワーを獲得し、フォロワー総数は120万になった。フォロワーは主にジャーナリストと業界インフルエンサーで構成されている。ベトナムでは、プレスリリースはメッセージアプリのZaloでシェアされている。

PRニュースワイヤー・アジア(PR Newswire Asia)のLindedInページ(https://www.xinmedia.com/ )は今年、3500以上のフォロワーを獲得した。顧客のプレスリリースと業界動向がページ上でシェアされ、1万6000人超の業界専門家に届いている。

PRニュースワイヤーのコンテンツ提携に関する詳しい情報は(https://en.prnasia.com/resources/mediaroom/ )を参照。メディア関係者がPRニュースワイヤーからのプレスリリースを受信したい場合は(https://misc.prnasia.com/atd/custeventreg.php?event_id=6 )でサインアップを。

▽PRニュースワイヤー(PR Newswire)について
PRニュースワイヤーはCisionグループの子会社であり、グローバルのプレスリリース配信、メディアデータベース及びメディアモニタリングなど広報関係のサービスを提供する。PRニュースワイヤーのサービスはCisionのクラウドコミュニケーションプラットフォームと連動することで、マーケッター、コーポレートコミュニケーター、IR担当者は重要なインフルエンサーを見いだし、ターゲットオーディエンスに関与し、戦略的なコンテンツを制作、配信し、PR活動を測定することを可能にする。世界最大のメディア配信ネットワークとメディアプラットフォームの組み合わせにより、PRニュースワイヤーは企業・組織のコンテンツを世界に届ける。PRニュースワイヤーは米州、欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋地域に拠点あり、クライアント数は数万社に及ぶ。

ソース:PR Newswire

 
添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375499
(写真説明:2020年APACにおけるPRニュースワイヤーの配信ネットワーク)
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375501
(写真説明:2020年PRニュースワイヤーAPAC配信のスナップショット)

(日本語リリース:クライアント提供)

2020年APACにおけるPRニュースワイヤーの配信ネットワーク
2020年PRニュースワイヤーAPAC配信のスナップショット
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ