プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ミルケン・インスティチュート(Milken Institute)

菅首相が10月19日にMilken Institute Global Conferenceでビデオ演説

AsiaNet 86168

【シンガポール2020年10月20日PR Newswire】

*菅首相が国際舞台で演説したのは2回目

ミルケン・インスティチュート(Milken Institute)は19日、日本の菅義偉首相が年次開催のMilken Institute Global Conference 2020(https://milkeninstitute.org/events/global-conference-2020 )でビデオ演説した。同首相が国際舞台で演説したのは、9月の国連総会でのビデオ演説に次いで2回目である。

首相演説はGlobal Conference第2週の皮切りになり、BNYメロンのトッド・ギボンズ(Todd Gibbons) CEO、クレディ・スイス証券のトーマス・ゴットシュタイ(Thomas Gottstein) CEO、ウエリントン・マネージメントのジーン・ハインズ(Jean Hynes)マネジングパートナー兼次期CEO、ゴールドマン・サックス証券のデイヴィッド・M・ソロモン(David M. Solomon)会長兼CEO、Milken Instituteのマイケル・ミルケン(Michael Milken)会長によるハイレベル討議(https://milkeninstitute.org/events/global-conference-2020/livestream/How-Todays-Crisis-Forging-Our-Future )が続いた。同会議の第1週は、米国のスティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)財務長官、シンガポールのチャン・チュンシン(Chan Chun Sing)貿易産業相、オーストラリアのサイモン・バーミンガム(Simon Birmingham)貿易・観光・投資相、その他多くの人々が講演した(https://milkeninstitute.org/global-conference-2020-speakers )。

菅氏は官房長官として日本の歴代最長の任期を務め、9月の安倍晋三首相辞任を受け、COVID-19パンデミックによる難題の中で首相を引き継いだ。首相は演説で、日本の景気回復への道のり、COVID-19から国民を守る国家戦略、観光部門を再スタートさせる”Go To”キャンペーン、東京を国際金融ハブに位置付ける計画について語った。

Milken Institute Asia Centerのローラ・ディール・レイシー(Laura Deal Lacey)エグゼクティブディレクターは「Milken Institute Global Conferenceに菅首相を迎えることはとても光栄である。首相の出席は、Instituteの役割と意義ある生活を構築するわれわれの仕事の証明になる。私は昨年開催したJapan Symposiumで菅氏に会う機会に恵まれており、洞察力ある発言を期待している」と語った。

リークアンユー公共政策大学院の非常勤教授でMilken Instituteアジアフェローの田村耕太郎氏は「Milken Instituteとその投資家コミュニティーは、常に日本の将来に関心を抱いている。世界3大経済大国の1つとして、日本は世界中の企業に多くの機会を提供している。製造能力であろうと、活気に満ちて革新的な技術部門であろうと、有能で優れた労働力であろうと、日本は域内経済均衡の変革のカギを握っている。大いに期待されるこの国際イベントで菅さんの発言を求めることは光栄である。菅さんのリーダーシップが日本をさらに大きな繁栄の時代に導くと信じている」と話した。

菅首相のビデオ演説の視聴は10:10PM (SGT)/10:10 AM (EDT)にライブ配信リンク(https://milkeninstitute.org/events/global-conference-2020/livestream/How-Todays-Crisis-Forging-Our-Future )で。

メディア問い合わせ先はYeen Chong (イーン・チョング)(ychong@milkeninstitute.org )。

▽Milken Institute Global Conference 2020(2020年10月12 – 21日)
https://milkeninstitute.org/events/global-conference-2020/livestream )

23年目となる年次開催のMilken Institute Global Conferenceは世界主要イベントの1つであり、60以上の国から世界最高級の政策決定者4,000人を引き付けている。参加者には、20兆ドル以上の資産を管理する投資家、Fortune-100(フォーチュン100)企業のCEO、ノーベル賞受賞者、国際資本市場の上級幹部、上級国際・米政府当局者、学識経験者、およびエネルギー、教育、ヘルス、電気通信、技術、慈善事業のリーダーが含まれている。

▽Milken Institute Japan Symposium
https://milkeninstitute.org/events/japan-symposium-2019 )

2021年4月1日の次回Japan Symposiumに参加を。このイベントには、金融・ビジネス界の上級幹部、日本、米国、アジア太平洋地域の政府高官が結集する。イベントのプログラムは思慮深い対話を刺激し、建設的パートナーシップを生み出すよう工夫されており、このパートナーシップは世界の金融センターとしての日本の役割を強化し、世界の人々とコミュニティーの生活を向上させる実用的ソリューションを創出する。

▽Milken Instituteについて

Milken Instituteは、人々が有意義な生活を構築するのを支援する非営利・非党派のシンクタンクであり、こうした生活の中で、人々は健康と幸福を体験し、効果的な教育と利益のある雇用を追求し、人々と幅広いコミュニティーのために拡大し続ける機会の創出のために必要な資源にアクセスすることができる。

▽メディア問い合わせ先
Yeen Chong (イーン・チョング)
+65-9155-3107
ychong@milkeninstitute.org 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ