プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CtrlS Datacenters Ltd

CtrlSが業界で経験豊富なBill Barney氏を取締役に任命

AsiaNet 86476 (2057)

 
【ハイデラバード(インド)2020年11月6日PR Newswire=共同通信JBN】アジア最大のRated-4ハイパースケールデータセンター企業であるCtrlSは、William(Bill) Barney氏を自社の取締役に任命したと発表した。

CtrlSのSridhar Pinnapureddy創設者兼最高経営責任者(CEO)は「CtrlSの取締役会にBill Barney氏を迎え入れると発表することをうれしく思う。データセンターおよびテレコムセクターにわたる彼の豊富でグローバルな経験は、CtrlSが世界の新興市場にデータセンターを展開するにあたり、われわれの資産になるだろう。世界中にハイパースケーラーデータセンターを設立することで当社のビジネスを構築および拡大し続けるため、Barney氏が当社にアドバイスしてくれることを楽しみにしている」と述べた。

ICT業界で経験豊富なBarney氏は、Asian Century Equityの会長兼共同経営者を務めている。それ以前は、Global Cloud Xchangeの会長兼CEOや、インドを拠点とするReliance CommunicationsのCEOを歴任した。2017年以来、Barney氏はDataCloud AsiaのData Center AchievementとThought Leadership Awardsなど、業界でのリーダーシップで称える数々の賞を受賞している。また、海底ケーブルでアジアのリーダー企業であるPacnetのCEOを9年間務め、業界をリードする成長を導いた。

Barney氏は「この成長と拡大の戦略的段階でCtrlSの取締役会に参加できることをうれしく思う。同社はすでに世界のデータセンターセクターに大きな影響を与えている。インドは新興市場向けのクラス最高のデータセンター開発の最前線にあり、CtrlSとその関連会社であるCloud4Cは、デジタルトランスフォーメーションの急速な変化と一致して、グローバルな成長を受け入れるために優位な立場にいる」と述べた。

現在、CtrlS Datacentersは、インドのムンバイ、デリー地域、ベンガルール、ハイデラバードに及ぶ7つのRated-4ハイパースケールデータセンターを運営している。同社は、ムンバイにある300MWのRated-4ハイパースケールデータセンター・パークの建設を開始した。さらに、同社は間もなく、ハイデラバードの20エーカーの土地に200万平方フィートのRated-4ハイパースケールデータセンター・パークの建設を開始する。チェンナイのRated-4ハイパースケールデータセンターの計画も進んでいる。

▽CtrlSについて
CtrlSはアジア最大のRated-4ハイパースケールデータセンター企業で、Fortune 500の60社を含め、世界中の4000の顧客にサービスを提供している。同社は、世界最大の Rated-4ハイパースケールデータセンターとして台頭している。ムンバイ、ノイダ、ベンガルール、ハイデラバードにある7つのデータセンターにまたがる100万平方フィートのデータセンタースペースを運営する。同社は創業以来、ゼロダウンタイムの記録を持つ。CtrlSムンバイデータセンター施設は、米国グリーンビルディング協会(USGBC)によって世界初のLEED Platinum認証を取得したv4 O + Mデータセンターとして認定されている。CtrlSは、ナビムンバイ(2 Mn)、ハイデラバード(2 Mn)、チェンナイ(2 Mn)などの主要都市で設置面積を500万平方フィート拡大する計画に着手している。

▽Asian Century Equityについて
Asian Century Equity(ACE)は、高成長を遂げているアジアの新興市場の通信およびテクノロジー資産に焦点を当てた独立した投資グループだ。2013年に設立されたACEは、主要な投資ファンドと金融および運用の専門知識を組み合わせて、地域全体で価値の高い機会をさらに活用する。ACEのポートフォリオは、着実にEBITDAと収益が成長する、後期のスタートアップ企業で構成されている。 www.asiancenturyequity.com 

▽メディア問い合わせ先
B.S.Rao
CtrlS Datacenters Ltd
srinivasrao.b@ctrls.in

Lorain Wong
Asian Century Equity
lorain@asiancenturyequity.com

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1328269/CtrlS_Bill_Barney.jpg 
Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1328511/CtrlS_Logo.jpg 

ソース:CtrlS Datacenters Ltd

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ