プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Togetherall

TogetherallがFPE Capitalから1000万ドルの投資受け入れ

AsiaNet 86481 (2062)

 
【ロンドン2020年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*定評あるメンタルヘルス・プラットフォームTogetherallが1000万ドルの投資受け入れ
*成長投資家FPE Capitalの投資は、Togetherallの英国と北米での拡大加速を受けたもの
*Togetherallは安全で臨床的に管理されたオンラインのピアツーピア・コミュニティーを提供し、人々のメンタルヘルスを24時間年中無休でサポート

主要なオンライン・メンタルヘルス・プラットフォームTogetherallは、ソフトウエアとサービスの成長投資家FPE Capital LLP(FPE)から1000万ドルの投資を受け入れた。

今回の投資は、Togetherallの米国市場参入に重点を置いた北米市場への展開加速と、英国、カナダの高等教育、企業、健康セクターにおける持続的成長を受けたものである。FPEは、社会的インパクト投資家Impact Ventures UK(IVUK)と並んで最大の投資家となり、FPE Fund IIからの8番目の投資を完了させる。

Togetherallは、地域住民ベースの臨床的に管理されたオンラインコミュニティーを提供し、24時間年中無休、匿名のピアツーピア・サポートを通じて人々のメンタルヘルスをサポートしている。2007年に開始され、これまでに25万人を超えるメンバーを、過去12カ月では9万人近い個人を支援してきた。

FPE Capitalのオンラインメンタルヘルス・プラットフォームへの投資は、サービス利用者全員に大きなプラス効果を与えるというTogetherallの野心を後押しし、製品開発のスピードアップとメンバーに対するリソース数増に役立つ。

メンタルヘルス治療を求める人々は、必要なサポートを受ける際の障壁の増加に直面、需要がサービスの供給を上回ることが多くなっており(Centre For Mental Health)、Togetherallは、従来型のサポートあるいは1対1のサポートにアクセスする際の障壁や、メンタルヘルス・サポートを求める際に付き物の偏見を打破する手助けをしている。

全ての人にメンタルヘルス・サポートを提供することを目的とした地域住民ベースのソリューションである、臨床的に管理されたオンラインプラットフォームは、軽度から中等度のメンタルヘルス状態の人々が自分の気持ちや経験について仲間に匿名で話すことを可能にしている。Togetherallは、ユーザーがメンタルヘルスを自己管理できるようにするためのさまざまなコースやリソースも提供しており、これらは全て安全かつ希望あふれる環境を保証する熟練施術者が24時間年中無休で管理している。

TogetherallのHenry Jones最高経営責任者(CEO)は、今回の投資について以下のようにコメントした。
「これは当社にとって非常に重要な節目だ」
「Togetherallが目指しているのは、不安や孤独を感じた時にサポートを提供したり、受けたりできる安全なオンラインコミュニティーをできるだけ多くの人々に提供するグローバル企業になることだ。経験豊富なテクノロジー投資家であるFPEとの提携は、当社の影響力拡大という野心的計画にとって大きな後押しとなる」

英国全体に新たなロックダウン規制がかかり、メンタルヘルス・サポートを受けられずに、孤立、不安、抑うつのレベルが上がる人はますます増えるだろう。Togetherallは、こうした需要の高まりに対応できる体制を整えている。

Impact Ventures UKのパートナー、Kevin Bone氏は、Togetherallとのこれまでの道のりを振り返り、「IVUKは2014年以来、素晴らしいアイデアから英国および北米全体で数十万人をサポートする隆盛企業へと成長したTogetherallを支援してきた。われわれはFPEを心から歓迎しており、FPEや極めて優秀なTogetherallチームと協力し、そのサービスを必要としている数多くの人々に提供できるのを非常に楽しみにしている」と語った。

Togetherallは、FPEのポートフォリオ内でQuestionmark、Masstech、Kallik、MaxContactなどテクノロジー製品に焦点を当てた投資の1つに加えられる。FPEの成長キャピタル投資は主に、北米への急速展開を加速させている企業をサポートする一次資金調達に向けられている。

FPEのHenry Sallitt共同創業者兼マネジングパートナーは「FPEは、Togetherallへのこのエキサイティングな成長投資の完了を喜んでいる。これは、成功を収めたSaaSビジネスモデルと真の目的、社会的影響を組み合わせた経営組織だ。Henry(Jones氏)とそのチームと協力し、彼らの成長の熱意をサポートできるのを楽しみにしている」と述べた。

詳細については、以下に問い合わせを。
Alec Harris
ZPB Associates
alec.harris@zpb-associates.com 
or
+44-07597571575

編集者注

▽Togetherallについて
2007年にBig White Wallとして設立されたTogetherallは、英国、ニュージーランド、カナダ、米国の何百万人もの人々に、24時間365日、コミュニティーおよび専門家サポートへのアクセスを提供している主要なオンライン・メンタルヘルス・サービスである。同サービスはケア・クオリティ委員会(CQC)に登録されており、ストレス、孤独、不安、抑うつ、その他一般的メンタルヘルス問題に苦しんでいる人々を支援できることが臨床的に証明されている。

Togetherallは、教育、健康、企業、慈善部門のクライアントとのパートナーシップを開始して以来、数多くの人々のメンタルヘルスをサポートしてきた。

▽FPE Capitalについて
FPEは、ソフトウエアとサービスセクターに焦点を当てた成長プライベートエクイティ投資専門会社である。構造変化が進む大規模市場で大きな成長の可能性がある有利なビジネスモデルを有する、中小規模の英国、アイルランドのソフトウエアおよびサービス企業に投資している。同社は、金融行動監視機構により認可、規制されている。www.fpecapital.com

写真:https://mma.prnewswire.com/media/1328644/Togetherall_Community.jpg

ソース:Togetherall

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ