プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トーテックアメニティ株式会社

トーテックアメニティとA10 暗号化通信内のインシデント調査のための連携ソリューションを提供開始

ニューノーマル時代に求められる網羅的な脅威対応を実現

2020年11月6日
トーテックアメニティ株式会社
A10ネットワークス株式会社

報道関係者各位

 

 

トーテックアメニティとA10 暗号化通信内のインシデント調査のための連携ソリューションを提供開始 ~ ニューノーマル時代に求められる網羅的な脅威対応を実現 ~

 

トーテックアメニティ株式会社(本社:名古屋市西区、代表取締役社長:坂井 幸治、以下トーテックアメニティ)とA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、トーテックアメニティのネットワークフォレンジックサーバーNetRAPTORによる暗号化通信内のインシデント調査と、A10のセキュリティプラットフォームA10 Thunder® CFWのSSLインサイト可視化機能のための連携ソリューションを、本日より提供開始することを発表します。

 

 

■提供背景

現在、暗号化通信が一般化しており、働き方改革やデジタルトランスフォーメーションの推進によりクラウドサービスの活用が活発化する一方で、暗号化通信に潜むサイバー攻撃も増加しております。このためニューノーマル時代のセキュリティ対策では、暗号化通信を含めたインシデント調査が不可欠になりますが、高負荷な暗号化通信の復号処理に耐えうる性能を備え、さまざまなクラウドサービスの通信仕様に対応できるソリューションが必要となります。

 

このような背景を受けて、トーテックアメニティとA10は、トーテックアメニティのネットワークフォレンジックサーバーNetRAPTORとA10 Thunder CFWのSSL可視化機能との連携ソリューションを提供開始します。

 

 

■連携ソリューションの特徴と連携の詳細

トーテックアメニティの提供するNetRAPTORは、独自に最適化されたチューニングにより、クライアントPCが送受信する大量のデータを漏らすことなく長期保存できる、高負荷対応のネットワークフォレンジックサーバーです。日本語全文検索機能を備え、リアルタイムにインシデントを特定でき、事象発生時の原因究明・経緯分析を容易化し、適切な被害実態の把握と迅速な対応で組織の信頼を守るため、大企業から中小企業、官公庁、自治体まで幅広く導入されています。

 

 A10の提供するA10 Thunder CFWのSSL可視化インサイト機能は、暗号化通信の可視化に最適化されたアーキテクチャによる高いSSL/TLSスループット性能と、Perfect Forward Secrecy (PFS) を含む広範囲なSSL/TLSへの対応を特徴としています。

 

両製品の連携ソリューションにより、暗号化通信を含めたすべての通信に対する、効率的かつ網羅的なインシデント調査を実現します。具体的には、A10 Thunder CFWのSSL可視化インサイト機能が暗号化通信を復号し、転送された平文通信をNetRAPTORが保存、その後A10 Thunder CFWが再暗号化してインターネットに戻します。

 

・NetRAPTORとA10 Thunder CFWのSSL可視化機能との連携:イメージ図

 

NetRAPTORとA10 Thunder CFWとの連携ソリューションの導入に関しては、A10の販売代理店にお問い合わせください。

 

 

●A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について

 

 A10 Networks(NYSE: ATEN)は、オンプレミスからマルチクラウド、エッジクラウドまで、さまざまな大規模環境向けのセキュアアプリケーションサービスを提供しています。A10 Networksのミッションは、サービス事業や企業が、マルチクラウドへの移行や5G対応のために、安全で可用性が確保され、効率的な、ビジネスに不可欠なアプリケーションを提供できるようにすることです。A10 Networksは、投資保護や新しいビジネスの創生、将来を見据えたビジネスインフラストラクチャを構築することにより、より良い成果を生み出せるよう、最も安全で可用性の担保されたデジタル体験を提供できるよう支援します。

 

 A10 Networksは2004年に設立され、米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界中のお客様にサービスを提供しています。

 

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションを提供することを使命としています。詳しくはホームページをご覧ください。

URL:http://www.a10networks.co.jp/

Facebook:http://www.facebook.com/A10networksjapan

 

 

●トーテックアメニティ株式会社について

 

トーテックアメニティ株式会社は、「Let’s New Value!」をコーポレートビジョンとして、お客様の新たなる価値創造のための情報化戦略・技術戦略・人財戦略を実現する、IT・エンジニアリングパートナー企業です。国内のサイバーセキュリティ関連組織との技術連携を通して、純国産のサイバーセキュリティ対策製品を自社で企画、開発、販売しています。

本連携のように、自社開発の強みを活かした他製品連携にも取り組み、新しいセキュリティソリューションの提供を、積極的に行ってまいります。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106279/202011066759/_prw_PT1fl_4AkVGcbH.png

 

※ A10 ロゴ、A10 Networks、A10 Thunder およびACOSは、米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の

商標または登録商標です。

※ NetRAPTORはトーテックアメニティ株式会社の登録商標です。

※ その他本文に記載の、製品名はそれぞれの会社・機構の商標または登録商標です。

 

 

●本件に関するお客様からのお問合わせ:

 

A10 ネットワークス株式会社 ビジネス開発本部 マーケティング部

電話:03-4520-5700 E-Mail:jinfo@a10networks.com

 

トーテックアメニティ株式会社 テクニカルサービス事業部 セキュリティシステム部 営業担当

電話:03-5657-3206 E-Mail:esales@totec.co.jp

NetRAPTORとA10 Thunder CFWのSSL可視化機能との連携:イメージ図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ