プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

花王株式会社

Kダブ教授も太鼓判「日本の洗たくはコイツに任せろ!」Kダブシャイン家事ラップ「洗剤講義篇」楽曲配信開始

Kダブ教授も太鼓判「日本の洗たくはコイツに任せろ!」
Kダブシャイン家事ラップ「洗剤講義篇」楽曲配信開始  
   
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O1-a25PBNw1

花王株式会社は、家事を楽しくクールに盛り上げるプロジェクト「家事ラップ」シリーズから新楽曲「洗剤講義篇」を2020年11月5日から公開いたします。

家事ラップ 洗剤講義篇
https://youtu.be/P3YmOea8B8c

 
テレビ朝日/AbemaTVで放送中のヒップホップ番組『フリースタイルティーチャー』で、ヒップホップの歴史や伝説的人物を解説するコーナーに“教授”として出演している日本屈指の知識派ラッパーとして知られるKダブシャイン氏が、本編でも“洗剤教授”に扮し、ラップによって1987年の発売以来30年以上の歴史を誇るアタックブランドの歴史を解説。さらにその歴史を塗り替える最新の洗剤「アタック ZERO」について特別講義をする内容になっています。

楽曲についても、作詞、出演はKダブシャイン氏、作曲はDJ OASIS 氏という日本のヒップホップ・シーンにおいて大きな影響力を示してきた2人が書き下ろしています。

「アタックZERO」までのアタック ブランドの軌跡を描いた家事ラップ「洗剤講義篇」は必見です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O2-3hRvf4u9】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O3-0K4cT6f9
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O4-89c7N87g】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O5-ZA5Q7KW8
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O6-jKvLnw0S】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O7-PVm9ht8T

 
■「洗剤講義篇」に登場する家事ラップアイテム
・アタック ZERO ワンハンドタイプ
・アタック ZERO(ドラム式専用)ワンハンドタイプ
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O8-1Jqdm25x】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026570-O9-kt238T6k

■家事ラップとは
「家事ラップ」は、もともとは「男性の家事をもっと楽しもう!盛り上げよう!」をテーマにスタートした取り組みです。日本のヒップホップ界のレジェンドラッパーKダブシャイン氏とタッグを組み、2016年5月よりYouTube上で配信を重ねてきました。企業とラップミュージックのコラボレーションの先駆けとなった「家事ラップ」の誕生は、日本のヒップホップ界においても大きな話題を呼びました。

各メディアでも取り上げられた「洗たく篇」を皮切りに、「そうじ篇」や「大掃除篇」、また「家事ラップ第一弾から第五弾までの5作品をすべて網羅した「メガミックス」、2018年2月には「家事ラップ最終章」をリリースしました。その後、女性ラッパーも参戦し、COMA-CHIやChiyocoによる家事ラップアンサーソングを発表。復活を期待する多くの声に応える形で、2019年12月に家事ラップリターンズとして、「大掃除裏ワザ篇」をリリース。さらに2020年に生活様式が一変した情勢下、高まる除菌意識を背景に「除菌ing(ジョキング)篇」をリリースしました。

「家事をラップで表現することで、楽しんで洗たくやそうじをするきっかけにしてもらいたい」という想いに強く賛同したKダブシャイン氏が、家事行動をクールで巧みなリリックで表現。これまで文化や生き様をラップで表現・発信し続けてきたKダブシャイン氏独自のメッセージ性が、随所に散りばめられている唯一無二の家事とラップのコラボレーションです。

■Kダブシャインプロフィール

日本のヒップホップMC、タレント。ワタナベエンターテインメント所属。東京都渋谷区出身。1995年にキングギドラ(現KGDR)のメンバー及びリーダーとしてアルバム『空からの力』でデビュー。1997年にアルバム『現在時刻』でソロデビューし、2006年12月にはradio aktive projectを結成。2015年にワタナベエンターテインメントに移籍してからは、地上波ゴールデンタイムのクイズ番組などにも出演する等、活動の場を広げている。また、2020年7月より毎週火曜深夜1:26~1:56スタートの新番組、テレビ朝日「フリースタイルティーチャー」にヒップホップの歴史を解説する教授として出演中。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ