プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

合同会社西友

福岡県のスーパーマーケットで初! 西友、福岡市内のサニー4店舗で食品寄付活動を開始

~複数店舗の寄付を自社物流センターに集約し、NPO法人「フローレンス」と協働で地元NPOへ ~

2020年11月4日
合同会社西友

 合同会社西友(東京都北区 社長兼最高経営責任者 リオネル・デスクリー、以下:西友)は、2020年11月4日(水)より、認定NPO法人「フローレンス」(東京都千代田区、代表理事 駒崎 弘樹、以下:フローレンス)と協働し、福岡市内のサニー4店舗で新たに食品寄付活動を開始します。福岡県内のスーパーマーケットでは初めての取り組みとなります。

 西友は小売業界で先駆けて、2009年より関東地方で食品寄付活動を開始しました。賞味・消費期限の管理徹底のために、社内規定に基づいて期限到来前に廃棄処分としている食品を出来る限り有効活用するため、関東地方のほぼ全店にあたる西友約140店からこれらの商品を自社サプライチェーンを通じて集約し、寄付しています。

 今回、より地元密着型の地域貢献を強化したいとの考えから、これまで蓄積した自社物流センター集約型寄付活動のノウハウを使い、福岡市内のサニー光が丘店、向新町店、宝町店、白木原店からの寄付食品を福岡県内の自社物流センターに週1回集約し、フローレンスを通じて地元の子ども食堂を支援する「ふくおか筑紫フードバンク」(注)への寄付活動を開始します。フローレンスに対しては、新たな寄付活動を開始するにあたり、その初期費用や運営管理費の助成を行い、持続可能な取り組みとしていくことを目指します。

 今回の取り組み開始に際し、フローレンス事務局の山崎岳氏は次のようにコメントしています。
「こども宅食事業の普及と開発に取り組む上で、まだまだ必要とされる方々に食を届けることが出来ておらず、地域との繋がりが足りていないことを痛感しています。今回、取り組みに共感してくださった西友様、ふくおか筑紫フードバンク様とともに、親子の繋がりを増やしたいと考えています。」

 また、ふくおか筑紫フードバンク事務局の大谷清美氏は次のようにコメントしています。
「今般、西友の、福岡市内のサニー様から食材をご寄贈頂けることになり大変嬉しく思います。子どもたちの食を支える『こども食堂』が、子どもたちにとって安心ない場所となるよう、これからも活動を継続してまいります。また、食品ロスの観点から『もったいない』を『ありがとう』の想いを共にしてくださった関係者の皆さまに、心よりお礼申し上げます」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011046652-O2-6hY16cW1

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011046652-O1-tg96LX0r
ふくおか筑紫フードバンクの「こども食堂」の様子

 「食は人をつなぐ」です。コロナ禍においては、人との接触や物理的なつながりが少なくなる中、生活困窮者への支援ニーズは今まで以上に高まっています。西友では、スーパーマーケットならではの食品寄付の取組みを通して、地域社会の一員として、経済的困難を抱える子育て家庭や生活困窮者への緊急食品支援も実施しています。今後も、店舗を運営するそれぞれのエリアで食品寄付活動を拡大していくことを目指し、地域社会のライフラインを支える存在として、フードセーフティネット構築を支援してまいります。

注:「フードバンク」とは、主に企業や個人から寄付される余剰食品を引き取り、食の支援を必要としている人のもとへ届ける活動および団体を指します。

■ 西友の食品寄付活動
2009年より、日本初のフードバンクであるセカンドハーベスト・ジャパンに対して、フードバンクやフードドライブによる食品の提供のみならず、助成金の提供、従業員のボランティア活動参画、お客様の店頭レジ募金とそれに対するマッチング寄付等、多方面の協力を行っています。これまでの食品寄付、助成金提供、レジ募金、マッチング寄付の合計額は約4億円に上ります。(2020年9月現在)

■ 認定NPO法人フローレンスについて
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011046652-O4-7weRp4h9

2004年設立。「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」を目指すというビジョンを掲げ「親子の笑顔をさまたげる社会問題」を、事業を通して解決することをミッションに病児保育事業、小規模保育事業、障害児保育事業、赤ちゃん縁組事業などを展開しています。また、生活の厳しい子育て家庭に食品や生活用品、必要な機会を提供することでつながりを生み出し、ときに必要な支援を提供していく「こども宅食」事業の開発と普及に取り組んでいます。フローレンスは西友の社会貢献パートナーとして2011年度から助成先に選定されています。
https://florence.or.jp/

■ふくおか筑紫フードバンクについて(事務局:認定NPO法人チャイルドケアセンター)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011046652-O3-12446NHG

2016年設立。核家族化が進行し、共働きやひとり親家庭の増加に伴い、親子で過ごす時間の減少や孤食の増加、多様な人との交流・子どもの(社会体験)心の貧困が課題となっている中で、子ども達が、地域の方の見守りの中で安心して過ごせる居場所がたくさんあるような地域社会をめざし、趣旨に賛同する個人、企業及び行政等と連携して、子ども達の居場所である「子ども食堂」に「食品」を提供するフードバンク活動を行っています。
http://chikushifoodbank.net/

西友公式HP:http://www.seiyu.co.jp/pb/
西友公式Twitter:https://twitter.com/SEIYU_PB/
西友企業情報:https://www.walmartjapanseiyu.com/
西友Facebook:https://www.facebook.com/walmartjapanseiyu/

logo
Florence_logo
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ