プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

AIが交差点におけるヒヤリハット度を算出、 金沢モデルの安心安全対策の構築を目指す

情報工学科 中沢研究室がAIセンサーの社会実証実験を実施

登下校時の安心安全を守るスクールサポート隊の高齢化が喫緊の課題。
AIが交差点におけるヒヤリハット度を算出、
金沢モデルの安心安全対策の構築を目指す。
情報工学科 中沢研究室がAIセンサーの社会実証実験を実施
  

金沢工業大学工学部情報工学科 中沢実教授の研究室では、AIセンサーの社会実証実験を令和2年11月10日(火)7時00分から8時00分まで、金沢市内の四十万町交差点で行います。

中沢実研究室では2019年度より金沢市市民生活AI技術等促進事業の一環で、「市民の安全安心を提供する画像・音声認識を用いたAIセンサーシステム」の開発と実証実験に取組んでいます。

当システムは、最先端のAI技術を活用した画像認識技術と音響認識技術をマイコンに搭載したAIセンサーユニットからなります。自動車やトラック、バス、バイク、自転車、人をリアルタイムに捉えることができるほか、エンジン音やブレーキ音、子供の声などの音がどの場所からどの音が生じているか把握することが可能です。

画像認識を用いて車の交差点への進入速度と退出速度、車間距離を計測し、音響認識により急ブレーキやエンジン音の変化と方向を認識することで、交差点におけるヒヤリハット度の算出を目指します。

児童の登下校時は、地域の方々のボランティアによるスクールサポート隊が交差点等に立ち、児童を守る活動が行われていますが、高齢化が喫緊の課題として指摘されています。

自身もスクールサポート隊の一員として活動する中沢教授は「交差点におけるトラブルが全国的に頻発する中、AIを使った金沢モデルの安心安全対策を構築し、提供していければうれしいです」と語っています。

当実証実験は株式会社日本海コンサルタントの協力のもと、実施します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011046644-O2-9hmV0Ug8】 開発されたAIセンサーユニット

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011046644-O3-d57304EY】 画像認識では自動車などをリアルタイムに捉えることが可能

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ