プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ヒルトン

ヒルトン・オナーズ会員の新プログラム延長とさらなる条件緩和を発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026597-O1-5c9I25FA

AsiaNet 86353

ヒルトン・オナーズ会員の新プログラム延長とさらなる条件緩和を発表
マイルストーンボーナス獲得と会員資格贈呈の要件引き下げも

【東京2020年10月30日PR Newswire】
ヒルトンは、旅行が制限される困難な状況に対応するため、ゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」(https://www.hilton.com/ja/hilton-honors/ )の1億800万人以上の会員やお客様が安全で楽しい旅行をできるように、会員資格及びポイント有効期限の延長からヒルトン・オナーズアプリを活用した接触の少ない旅行体験まで、最大限に柔軟性のある付加価値の高いサービスを提供します。

ヒルトンが18のホテルブランドで展開する会員プログラム「ヒルトン・オナーズ」は、2020年と2021年のポリシーを下記の通り見直しました。

・ポイント有効期限を延長:2021年12月31日までポイントの有効期限を延長

・各ランクの会員資格要件を50%削減:ヒルトン・オナーズの会員は、すべてのランクにおいて、2021年は半分の宿泊数、滞在数、ベースポイントで会員資格の獲得が可能となります。例えば、ゴールド会員は、年間40泊、20滞在、75,000ポイント獲得のいずれかの要件を満たす必要がありましたが、20泊、10滞在、37,500ポイントのいずれかで会員資格の獲得が可能となります。また先般の発表の通り、2020年の宿泊数は全て自動的に2021年に繰り越され、ヒルトン・オナーズ会員は会員資格のアップグレードをよりしやすくなります。

・マイルストーンボーナス獲得要件の引き下げ:2021年は20泊(従来は一暦年40泊)でゴールド会員資格を獲得でき、会員が特典を獲得しやすくなります。ゴールド会員は20泊の滞在で10,000ボーナスポイントを獲得し、20泊目以降は10泊ごとに追加の10,000ボーナスポイントを獲得することができます。さらに会員は60泊で、追加の30,000ボーナスポイント獲得することができます。

・2022年3月31日まで会員資格延長:2020年あるいは2021年にダウングレードされる可能性があるシルバー、ゴールド、ダイヤモンド会員資格は、2022年3月31日まで現状の会員資格が維持され、引き続き同資格の特典を享受できます。

・ダイヤモンド会員向け会員資格贈呈の宿泊数要件を引き下げ:ヒルトン・オナーズでは決められた宿泊数に到達したヒルトン・オナーズ会員を対象に家族や知人にゴールド会員やダイヤモンド会員への会員資格を与えられる特典があります。ゴールドの会員資格をプレゼントするには、従来一暦年で60泊以上が必要でしたが、2021年に30泊で贈呈することができます。ダイヤモンドの会員資格は、従来一暦年で100泊以上が必要でしたが、60泊でプレゼントすることが可能になります。

ヒルトン マーケティング&ロイヤルティ担当上級副社長兼グローバルヘッドであるマーク・ワインスタインは、次のように述べています。

「2020年もまもなく終わりを迎えますが、私たちは旅行者が来年の動向を見据えていることを把握しており、ヒルトン・オナーズ会員が再び旅行に出かけ新しい思い出を作るサポートし続けたいと考えています。このたび、私たちは業界に先駆けヒルトン・オナーズのポリシーを見直し、お客様により柔軟に対応できることを嬉しく思います」

ヒルトンはさらに、ポイントを宿泊と交換する以外に、ヒルトン・オナーズ会員にポイント利用の選択肢をより多くより柔軟に提供します。ヒルトン・オナーズ会員は年間を通じて、Hilton Honors Experiencesのウェブサイト(https://bit.ly/2HXpAFn )を通じて、多くの魅力的な体験をポイントと交換できます。体験メニューは、絶品の和牛料理と地酒を堪能できるプランから、旬の海鮮で高級寿司を味わう体験、癒しのスパトリートメントなど多岐にわたります。

▽ヒルトン・オナーズ・ポイントをうまく活用する方法
ヒルトン・オナーズは引き続き、ヒルトン・オナーズ会員が日常生活でポイントを貯めて交換する有意義な方法を提供します。会員はホテル宿泊、チャリティーとして慈善団体への寄付、さまざまなパートナーとポイントを交換することに加え、期間限定で次のようなことが可能になります。

・ダブルボーナスポイントおよびダブルナイトクレジット獲得(https://www.hiltonhonors.com/doublerewards ):ダブルリワード・プロモーションに登録して年内に宿泊すれば、無料宿泊をより早く楽しめるダブルボーナスポイントに加えて、ひとつ上のランクの会員資格を倍の速さで取得できる2倍のご宿泊クレジットを進呈いたします。

・会員ページを通じてポイントを購入(https://www.hilton.com/en/hilton-honors/login/ ):年末までに購入した場合は、ボーナスポイント100%を受け取ることができます(注)。10,000ポイント購入すれば、追加で10,000ポイントが付与されます。(注)最低購入ポイントの条件付

・ヒルトン「EventReady」フレキシブルオファーによるダブル・イベントプランナー・ボーナスポイント獲得:ヒルトン・クリーンステイ衛生基準導入「EventReady」プログラムの追加措置として、ヒルトン「EventReady」フレキシブルオファーは、2020年12月31日までに予約、2021年5月31日までに実施されるミーティングやイベントに適用されます。イベントプランナー・プログラム(https://www.hilton.com/en/hilton-honors/events-planner/ )の会員は、ミーティングやイベントをホテル到着の8日前までに無料でキャンセルできるフレキシブルな条件に加え、2倍のヒルトン・オナーズ・ポイント(お支払い金額1ドルにつき2ポイント)を獲得できます。

ヒルトン・オナーズ・プログラムに関する最新情報、予約、旅行の安全などについてはhttps://covid.hilton.com/#honors (英語)をご参照ください。ヒルトン・オナーズ入会(無料登録)はこちらから HiltonHonors.com(https://www.hilton.com/ja/hilton-honors/ )。

ヒルトン・オナーズについて
ヒルトン・オナーズは数々の賞を受賞しているゲスト・ロイヤルティ・プログラムで、世界118の国と地域に6,200軒以上のホテルを展開するヒルトン傘下の18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを対象としています。ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員には、支払いの一部をポイントで精算、直接予約でしか手に入れられない会員限定割引、無料Wi-Fiといったすぐに利用できる特典をご用意しています。その他にも会員は、業界をリードするヒルトン・オナーズ・アプリ(https://itunes.apple.com/jp/app/hilton-honors/id635150066?mt=8)からのみ利用できる人気のデジタルツール(デジタル・チェックイン、ルーム・セレクト、デジタル・キー)をご利用いただけます。1億800万人の会員を持つヒルトン・オナーズでは、さまざまな方法でポイントを獲得および交換ができます。ポイントは、無料宿泊、プレミアム商品、Amazon Shop with Pointsを利用したAmazon.comでの買い物、チャリティーへの寄付に使用できます。ヒルトン・オナーズへの入会は無料です。
最新の情報はこちらをご覧ください。http://www.hiltonhonors.com/, newsroom.hilton.com/hiltonhonors, https://www.facebook.com/HiltonHonorsJapan, https://twitter.com/hiltonhonors, https://www.instagram.com/hiltonhonors/

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界118の国と地域に6,200軒以上(983,000室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。「2019年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2019年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトンの4ブランド・17軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億800万人を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。

最新の情報はこちらをご覧ください。http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

出典:Hilton

画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375319
写真説明:コンラッド東京

(日本語リリース:クライアント提供)

コンラッド東京
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ