プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GAC MOTOR

GAC MOTORがJ.D.パワーの中国IQS調査で8年連続してチャンピオンに選ばれる

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026584-O1-O61T31bd

AsiaNet 86390 (2016)

 
【広州(中国)2020年11月1日PR Newswire=共同通信JBN】J.D.パワーはこのほど「2020 China Initial Quality Study(IQS)」(2020年中国新車品質評価)リポートを公表し、サードパーティー調査機関としてJ.D.パワーは自動車購入に関する信頼できる参考資料を顧客に提供する。このリポートで、GAC MOTORは、8年連続してSUVモデルのGS3とMPVモデルのGN6がそれぞれの部門でそれぞれ1位と2位にランク付けされ、中国ブランドチャンピオンに選ばれた。

消費者インサイトとマーケットリサーチで最も専門的で権威ある機関の1つであるJ.D.パワーは、独立性と客観性で有名である。2020 China Initial Quality Study(IQS)は、57のブランドの241のモデルをカバーし、218の新車品質の問題を特定し、3万2536のユーザーフィードバックを記録しており、ブランドの信用および信頼性を示している。

中国ブランドチャンピオンを8年連続で受賞したことは、市場および権威ある機関によって認められたということであり、安定かつ信頼できるGAC MOTORの品質を実証した。

GAC MOTORは常に、あらゆる面における車両の品質と信頼性を厳密に管理し、各モデルの精巧な設計を向上させてきた。GAC MOTORは今年、QDR、すなわち高いQuality(品質)、高いDurability(耐久性)、高いReliability(信頼性)のプロジェクトを開始し、製品品質と向上した耐久性基準・品質を総合指数として考え、顧客に高い品質を一貫して保証する。

優れた品質管理とサプライチェーンシステムによって、各モデルはずば抜けた品質を誇る。GS3は製品品質を高評価の機関によって認められ、J.D.パワーのInitial Quality Study(IQS)でミニSUV部門1位にランク付けされた。世界のベストセラー・スターの1車種であるGS3は、威厳のあるファッショナブルな外観、ハイテクインテリアデザイン、快適なドライビング、世界中の消費者が大いに好むコントロール体験によって最先端技術と高品質のモビリティーソリューションを顧客に提供する。

もう1つのスターモデルであるGN6はJ.D.パワーによって認められ、ミッドサイズMPVの中で2位にランク付けされた。品質とファッション、広々とした室内と快適性、インテリジェンス、安全性を一体化したGN6は、高尚なビジネス接待向けのえり抜きのチョイスであり、家族レジャーに最適であり、消費者のさまざまなニーズに応える。

現在、GAC MOTORは世界の26カ国・地域に展開し、販売・サービスネットワークを事前に構築した。パンデミックによる影響が続いているが、GAC MOTORは業界トレンドに抗して成長し、着実な発展への強力なモメンタムを実証した。

ソース:GAC MOTOR

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375555
画像説明:J.D.パワーがInitial Quality Studyを公表し、この中でGAC MOTORがその高品質によって中国ブランドチャンピオンとして浮上

GAC MOTORがその高品質によって中国ブランドチャンピオンとして浮上
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ