プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Human Horizons

Human HorizonsのスーパースマートSUVは2021年前半に納車開始

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026566-O1-uMagla0F

AsiaNet 86382 (2011)

 
【塩城(中国)2020年10月30日PR Newswire=共同通信JBN】中国の大手スマートモビリティー・自動運転研究企業Human Horizonsは、AVP技術搭載のスーパーSUV「HiPhi X」の最初の試作モデルが工場の組立ラインを離れ始めたと発表した。HiPhi Xは、5G対応のVehicle-to-Everything(V2X)技術を活用した世界初の自動運転車として2020年北京モーターショーで正式に発表された。最先端の技術革新とプレミアムクラスの高級感を兼ね備えている。HiPhiXの納車は、2021年前半に開始される。

HiPhi Xの際立つ機能の1つが、サポートエリア内でのスマートパーキングと呼び出しを可能にしたレベル4自動バレーパーキング(AVP)技術の内蔵である。この技術が非常に有用であることは、生産中に証明されている。完成車両は、生産ラインから指定された配送エリアまで自動運転が可能で、完全に無人での移動や積載ができるようになった。この機能は、従来の自動車生産に革命をもたらし、より安全、よりクリーン、より効率的な生産ラインにつながる。

Human Horizonsは、HiPhi X生産用に完全な自動化と柔軟な生産を同時に実現するダイナミックなボディ生産ラインを開発した。車両のボディは、航空業界で採用されている適応スポット溶接、フロードリルスクリュー(FDS)、セルフピアスリベット(SPR)で接合されている。こうした接合技術をワールドクラスの接着剤、シーラーと組み合わせることで、鋼材とアルミニウム材をつなぎ合わせて完全な気密性、水密性を実現するとともに、より安定した耐久性のあるボディを実現している。生産プロセスは完全に自動化されており、消費エネルギーは大幅に減る。

同社の環境に優しい生産理念に従い、HiPhi Xの塗装も完全に自動化されている。HiPhi Xは、ドイツのDurr Groupが提供する最先端の自動塗装技術を採用、内面と外面を全てロボットが塗装する。これにより、ポルシェなどの他の高級車に匹敵する仕上がりになる。無人噴霧塗装エリア内では、循環空気、ドライミスト、回転吸着、蓄熱式脱臭装置(RTO)、その他のワールドクラスの技術を採用、エネルギー消費をさらに減らし、揮発性有機化合物(VOC)の排出を削減している。そうすることでHiPhi Xは、より環境に優しい生産施設づくりの最も厳しい国際規格要件すら十分に満たしている。

スマートリテールの開発で従来のビジネスプロセスへの圧力が強まる中、Human Horizonsは、組織全体のオンラインプロセスとオフラインプロセスをリンクする完全デジタルシステムに投資してきた。これには、発注、生産スケジューリング、品質管理、エラー防止、機器管理、サプライチェーン管理といった分野が含まれる。同システムは、自動的に情報を関係者に中継する。この情報の自動調整により、内部プロセスの速度が大幅に向上し、人的エラーのリスクが軽減される。

部品や車両の物流処理も大幅に自動化されている。車両の組み立てプロセス全体を通じて、無人搬送車(AGV)と超静音EMS輸送技術が、より安全な作業環境を実現している。360°AGV資材配送システム、無線(OTA)高速ワイヤレス技術、およびリモート車両始動の大規模な採用が、部品と車両両方の無人オンデマンド輸送を可能にしている。

Human Horizonsは、生産およびビジネスプロセス全体の最適化と自動化を徹底することで、スマートなスーパーSUV、HiPhiXの大量生産という目標の実現にかつてなく近づいている。

▽HiPhiブランドについて
HiPhiは、Human Horizonsが生み出し、そのユーザーに支えられている高級ブランドである。HiPhi Xは、軽量のハイブリッドアルミニウム構造のEVである。また、ビーガンレザーの採用とリサイクル可能な素材の使用により持続可能性を組み込み、Human HorizonsズのEV製品の持続可能な特性をさらに高めている。

▽Human Horizonsについて
Human Horizonsは、革新的で優れたインテリジェントモビリティー技術の研究開発と、未来志向のスマート車両の産業化のために設立された。さらにHuman Horizonsは、スマート輸送技術を構築し、人のモビリティーを再定義するスマートシティーの開発に貢献している。

ソース:Human Horizons

画像添付リンク
Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375505
(写真説明:完成車両は、生産ラインから指定された配送エリアまで自動運転が可能で、完全に無人での移動や積載を実現)

Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375507
(写真説明:Human Horizonsは、生産およびビジネスプロセス全体の最適化と自動化を徹底することで、スマートなスーパーSUV、HiPhiXの大量生産という目標の実現にかつてなく近づいている)

完成車両は、生産ラインから指定された配送エリアまで自動運転が可能で、完全に無人での移動や積載を実現
Human Horizonsは、生産およびビジネスプロセス全体の最適化と自動化を徹底
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ