プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xtreme Pictures

Xtreme Picturesがヴィン・ディーゼルのトリプルXの映画フランチャイズを取得、プロデュースへ

AsiaNet 86375 (2010)

 
【ロサンゼルス2020年10月30日PR Newswire=共同通信JBN】米国を本拠とする映画・メディア投資とメディア資産管理会社でケイマン諸島企業であるXtremeが完全所有する関連会社のXtreme Pictures Inc.はトリプルX(xXx)の映画フランチャイズを取得し、今後はヴィン・ディーゼル(Vin Diesel)氏と権利を共同所有する。

この米国のアクション映画シリーズはリッチ・ウィルクス(Rich Wilkes)氏の脚本によるものだ。これまで、同シリーズは「トリプルX」(2002年)、「トリプルXネクスト・レベル」(2005)、「トリプルX:再起動」の3つの長編映画で構成されている。同シリーズの全世界総収益は6億9400万ドルにのぼっている。2017年に公開された第3作の全世界興行収入の3億5000万ドルのうち、約半分は中国市場単独からのもので、米国は全体の13%を占めている。

Xtremeは2社の映画投資・制作事業体の共同経営会社で、Johnny Hus(Xtremeの会長を兼任)氏が率いるWeying Galaxyは同ベンチャーならびに映画の知的資産の過半数を持ち、資金を管理している。

Xtreme Pictureの法務顧問はYK Law LLP共同マネジングパートナーのJesse Weiner氏で、同氏の連絡先は jweiner@yklaw.us である。

ソース:Xtreme pictures

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ