プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hikvision Digital Technology

Hikvisionが2020年第3四半期決算を発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011026524-O1-IOE2Q9UP

AsiaNet 86363 (2000)

 
【杭州(中国)2020年10月29日PR Newswire=共同通信JBN】ビデオをコアコンピテンシーとするIoTソリューションプロバイダーのHikvision(ハイクビジョン)は、2020年第3四半期決算を発表した。この四半期の売上高は前年同期比11.53%増の177億5000万元、株主帰属の純利益は同0.12%増の38億1000万元だった。

Photo- https://mma.prnewswire.com/media/1323218/Hikvision_Q3_2020_financial_results.jpg

2020年第1四半期から2020年第3四半期までに累積した全売上高は前年同期比5.48%増の420億2000万元、株主帰属の純利益は同5.13%増の84億4000万元だった。

Photo- https://mma.prnewswire.com/media/1323219/Hikvision_Q3_2020_financial_results.jpg

世界的に異常な社会的・経済的環境でHikvisionは、2020年の3四半期にわたり堅実な成長を達成した。Hikvisionはこれからも、不確実性を克服して着実な発展を維持するため、経営を最適化し続け、刷新を怠らず、提携先と密接に協力していく。

2020年第3四半期決算の全文は次をクリック
https://www.hikvision.com/content/dam/hikvision/en/brochures/hikvision-financial-report/Hikvision-2020-Q3-Report.PDF

▽Hikvisionについて
HikvisionはビデオをコアコンピテンシーとするIoTソリューションプロバイダーである。幅広く高度なスキルを持った研究開発陣を擁するHikvisionは、広範なバーティカル市場向けの包括的な製品とソリューションの完全スイートを製造している。セキュリティー業界に加え、Hikvisionはスマートホームテクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にもリーチを拡大し、長期ビジョンを実現する。Hikvision製品は、エンドユーザーに強力なビジネスインテリジェンスも提供し、より効率的なオペレーションとより大きな商業的成功を可能にする。Hikvisionは究極の品質と製品の安全性にコミットし、パートナーがHikvision Cybersecurity Centreを含むHikvisionが提供する多数のサイバーセキュリティーリソースを最大限に活用することを奨励している。詳細はwww.hikvision.com を参照。

ソース:Hikvision Digital Technology

画像リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375389
(画像説明: Hikvisionの2020年第3四半期決算)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375391
(画像説明: Hikvisionの2020年第3四半期決算の主要会計データ)

Hikvisionの2020年第3四半期決算
Hikvisionの2020年第3四半期決算の主要会計データ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ