プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社プロシード

【無料】11月9日から配信開始!CXセミナー 5日間見放題 

銀行・カードのコールセンターのDX成功事例など各企業に語っていただきます

いよいよ11月9日(月)よりプロシード・ベンチマーク・サミット【CX Leaders Week Japan 2020】が開催されます。

コンタクトセンター業界の様々な事例を2021年のトレンドと共にお伝えます。
詳細、お申込みはこちら:https://cxweek.jp/

★11月9日(月)~11月13日(金) 各日10:00-18:00
参加費:無料

★盛りだくさんな内容からピックアップ★
——————————————————————————————-
■銀行・クレジットカードのコールセンターでのデジタル化チャレンジ(入電減・販売増)
——————————————————————————————-
キャセイユナイテッド銀行では、複雑なプロセスを単純化し、使いやすさ、利便性を上げることで、過去最高の満足度と利益高を達成しました。AI活用の歴史に新たなページを紡いだ秘訣を紹介します。

——————————————————————————————-
■コンタクトセンターがVoC発信拠点となるために
——————————————————————————————-
SMBC信託銀行プレスティアコールセンターにおける、顧客の声を収集・発信する重要な役割を担うコールセンターで見えた課題と、それらをレベルアップするために連動して取り組んだSV育成や品質改善の取り組み事例を紹介します。

——————————————————————————————-
■NPSとCX改善 ~新時代、経営指標として活用するポイント
——————————————————————————————-
「とりあえずNPSを測定する」ではなく、新時代でNPSをどのように活用していくべきか、また、コンタクトセンターにおけるNPS活用のポイントについて解説します。

——————————————————————————————-
■日本のカスタマーサービスはDX変革のジレンマを乗り越えられるか
——————————————————————————————-
この先5年で企業がDX変革を成功させ、日本のサービスが世界での競争力向上の為に、経営はどのようにDX変革を重視実行すべきかをお伝えします。

——————————————————————————————-
■DX時代における新たな人材教育モデル解説
——————————————————————————————-
如何にして新入社員が楽しく学習し、素早く会社に共鳴、溶け込み、カスタマーサービス品質と顧客満足度をあげることができたのか、その秘訣をご紹介します。

——————————————————————————————-
■カスタマーファーストを実現するための、EX向上の取り組み
——————————————————————————————-
社員の主体性を重んじ、センター社員参加型のユニット活動や社員主導のモチベーション向上施策など、様々な活動の実例を紹介します。

——————————————————————————————-
■コールセンターと接点がないお客様の声を見える化する
——————————————————————————————-
WEBサイトへ埋め込むレビュー機能により、コールセンターだけでは見えなかった顧客接点の声を収集活用する活動を紹介します。

★★★★★4日間で、上記以外にも様々な事例やノウハウを紹介します。★★★★★

■■全ての講演内容はこちら■■
https://cxweek.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ