プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Resonance Consultancy Ltd.

2021年の世界のベストシティーを発表

AsiaNet 86357 (1996)

 
【ニューヨーク2020年10月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*Resonance Consultancyが地球上で最も包括的な都市ランキングの最新版を発表(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2965359-1&h=580365975&u=http%3A%2F%2Fbestcities.org%2FReports%2F2021-Worlds-Best-Cities%2F&a=Resonance+Consultancy+has+just+released+the+latest+edition+of+the+most+comprehensive+city+ranking+on+the+planet

Resonance Consultancyは29日、恒例のWorld’s Best Cities Report(世界のベストシティー報告書)の上位100都市を発表した(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2965359-1&h=1760947900&u=http%3A%2F%2Fbestcities.org%2FReports%2F2021-Worlds-Best-Cities%2F&a=World%27s+Best+Cities+Report )。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1322822/Resonance_Consultancy_Ltd__The_World_s_Best_Cities_in_2021_Revea.jpg

観光、不動産、経済開発の主要アドバイザーであるResonanceのベストシティー・ランキングは、100万人以上の大都市人口を持つ世界の主要都市の場所、評判、競争力のあるアイデンティティーの相対的品質を数値化して評価する。ランキングは、主要統計とユーザー作成のレビュー、Google、Facebook、Instagramなどのチャンネルでのオンライン活動を分析する独自の方法に基づいており、世界で最も綿密な都市ランキングとして評価されている。

ResonanceのChris Fair社長兼最高経営責任者(CEO)は「世界のベストシティー・ランキングは、人々が生活し訪問する都市を選択する上で最も重要と考える体験的要因と、事業の意思決定者が事業や投資にとって重要と考える経験的要因で構成されている」と語っている。

このため、Resonanceのベストシティー・ランキングは、都市を生活、労働、訪問の場所として考えるだけでなく、雇用、投資および/または訪問者の誘致との正の相関関係を示すさまざまな要因を使って、より全体的なアプローチも取っている。これらは、食事体験や博物館の数から、Global 500(世界の大企業500社)の企業、直行便の接続、Instagramでの各都市のメンションの数にまで及んでいる。

25の要因で分析された各都市の成績に基づく2021年の世界のベストシティーは次の通り。

1) ロンドン(英国)
2) ニューヨーク市(米国)
3) パリ(フランス)
4) モスクワ(ロシア)
5) 東京(日本)
6) ドバイ(アラブ首長国連邦)
7) シンガポール(シンガポール共和国)
8) バルセロナ(スペイン)
9) ロサンゼルス(米国)
10) マドリード(スペイン)

上位100都市の全ランキングはwww.BestCities.org/Reports/2021-Worlds-Best-Cities/ を参照。

なぜ世界の都市のランキングが今、重要なのか?

ResonanceのChris Fair社長兼CEOは「今年のランキングのために集められたデータは、パンデミックに通じるこれらの都市の実績の一面を示す。今から1年後、われわれは、COVID-19がそれぞれの都市にどのように影響を与えたか、そして、どれらの都市がこの危機の中で最も立ち直りが速いと判明するのかを見ることができるだろう」と言う。

▽Resonance Consultancyについて
Resonanceは戦略的・創造的なプレースメーカーの世界的なコンサルタントである。不動産、観光、経済開発の主要アドバイザーとして、Resonanceは調査、戦略、ブランディング、コミュニケーションの専門知識を組み合わせ、デスティネーション、都市、開発をより価値のあるもの、より活気のあるものにする。
ResonanceCo.com

▽BestCities.orgについて
Best Citiesは、Resonanceによる世界トップの都市デスティネーションの独自ランキングのホームである。そのデータは、ナショナルジオグラフィック(National Geographic)からLonely Planetに及ぶ報道機関によって使用され、ブルームバーグ(Bloomberg)はそれを「この種のもので最も包括的な研究、すなわち、それは単に住みやすさや観光の魅力を見るというよりもむしろ、地元の人々、訪問者、ビジネス関係者にとって最も好ましい都市を認定している」と指摘している。
BestCities.org | #BestCities

▽問い合わせ先
Tom Gierasimczuk
VP, Communications
Resonance Consultancy
+1-604-649-8664
tomg@resonanceco.com

ソース:Resonance Consultancy Ltd.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ