プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan

EY、 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング社と業務協力

コーポレートファンクション(社内業務)のDX支援サービスにおいて

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤 聡、以下EYSC)は、データサイエンティストやエンジニアが多く所属するテクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:東垣 直樹、以下TDSE)とAIおよびデータサイエンスの領域において業務協力を開始したことをお知らせします。

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業で予測できないビジネス環境の変化に対して迅速に対応可能な仕組み作りが求められていますが、EYSCはAI・データサイエンスの技術者を有するTDSE社と業務協力することで、クライアント企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)をハンズオンで迅速に推進する体制を整えます。

企業がDXを実現させるためには、1.(紙情報などの)デジタル化、2.データの蓄積・加工・管理、3 デジタライゼーションというステップを踏みます。両社の協力関係は「3.デジタライゼーション」のサービス提供機能の強化を目指すものです。EYSCでは、コーポレートファンクションのDXとして、経営管理の精緻化/予知・予測、経理・財務不正検知等のリスク管理の高度化、人事採用の最適化や人材活用の高度化などの課題解決を、AIやデータサイエンスの技術を活用したデジタライゼーションにて推進することを目標としています。

協力関係の第一弾として、EYSCはTDSE社の協力を得て、コーポレートファンクションのDXにおいて、経費の不正検知領域でのアナリティクスサービスの提供を行います。

今後、EYSCはグローバルで保有するコーポレートファンクションの業務効率化のノウハウやデータアナリティクスのアセットと、TDSE社が保有する高度なAI・データサイエンス技術を融合することで、コーポレートファンクションのDXを支援するサービスをより一層強化し、提供してまいります。

EYJapanのチーフ・イノベーション・オフィサーの松永達也は、次のように述べています。
「クライアント企業のDXを支援する一環として、EYSCではデータアンドアナリティクスサービスを提供する体制を強化しています。その意味で、TDSEの協力を得られることは大変有効です」

EYSCが提供するデータアンドアナリティクスサービスについて:
EYSCではアナリティクスやAI領域において技術力の高い企業群と業務協力を積極的にすすめることによって、クライアントに対して「①DX戦略・計画の策定支援」や「②データ活用基盤構築、及びガバナンス体制の構築支援」といった付加価値の高いコンサルティング業務にフォーカスします。そして、「③業務プロセスでのアナリティクス&AI導入支援」領域においては、クライアントに対してソリューション導入後の運用面の費用や体制を考慮しながら、スピーディかつ適正価格でサービスを提供することを目指します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010296451-O1-432IrV9Z

 
<テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社について>
TDSEは、高度なAI技術をコアバリューとするデータサイエンティストや、業界・業務に精通した知識及びビッグデータ活用技術を保有するエンジニアを抱えるプロフェッショナル集団です。幅広い業界、業種でのAIプロジェクト経験をふまえ、豊富なAI構築ノウハウが備わっており、機械学習やディープラーニングを活用した独自の人工知能ブランド「scorobo®」を活かしたサブスクリプションビジネスを展開しております。

<EYについて>
EYは、アシュアランス、税務、ストラテジー、トランザクションおよびコンサルティングにおける世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

〈EYのコンサルティングサービスについて〉 
EYのコンサルティングサービスは、人、テクノロジー、イノベーションの力でビジネスを変革し、より良い社会を構築していきます。私たちは、変革、すなわちトランスフォーメーションの領域で世界トップクラスのコンサルタントになることを目指しています。7万人を超えるEYのコンサルタントは、その多様性とスキルを生かして、人を中心に据え(humans@center)、迅速にテクノロジーを実用化し(technology@speed)、大規模にイノベーションを推進し(innovation@scale)、クライアントのトランスフォーメーションを支援します。これらの変革を推進することにより、人、クライアント、社会にとっての長期的価値を創造していきます。詳しくはey.com/ja_jp/consultingをご覧ください。

〈EYストラテジー・アンド・トランザクションについて〉
EYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントと共に、そのエコシステムの再認識、事業ポートフォリオの再構築、より良い未来に向けた変革の実施を支援し、この複雑な時代を乗り切る舵取りを支えます。グローバルレベルのネットワークと規模を有するEYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントの企業戦略、キャピタル戦略、トランザクション戦略、ターンアラウンド戦略の推進から実行までサポートし、あらゆるマーケット環境における迅速な価値創出、クロスボーダーのキャピタルフローを支え、マーケットに新たな商品とイノベーションをもたらす活動を支援します。EYストラテジー・アンド・トランザクションは、クライアントが長期的価値をはぐくみ、より良い社会を構築することに貢献します。
詳しくは、ey.com/ja_jp/strategy-transactionsをご覧ください

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ