プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

文化庁

令和2-3年度「文化庁文化交流使」を指名しました

2020年10月29日
文化庁

令和2-3年度 「文化庁文化交流使」の指名

文化庁では、平成15年度より、芸術家、文化人、研究者等、文化に携わる人々を一定期間諸外国へ派遣する「文化庁文化交流使事業」を実施しています。

派遣された文化交流使は、それぞれの専門分野における実演、実技指導、講義、共同制作など、世界の人々の日本文化への理解の深化や、諸外国の芸術家・文化人などとのネットワークの形成・強化につながる活動を行います。

令和元年度までに、伝統音楽や舞台芸術、生活文化やポップカルチャーといった多様な分野で活躍する芸術家、文化人等、延べ143人と26組(団体) を88か国へ派遣しています。

この度、以下のとおり、令和2-3年度 「文化庁文化交流使」として以下の6名を指名しましたので、お知らせいたします。

■太田 宗達(おおた そうたつ)(公益財団法人有斐斎弘道館代表理事,有職菓子御調進所老松主人,茶人,工学博士)

■落合  陽一 (おちあい よういち)(メディアアーティスト)

■北村  明子 ( きたむら  あきこ)(振付家・ダンサー,信州大学人文学部 准教授)

■志田  真木 (しだ まき)(琉球舞踊家,琉球舞踊重踊流二世宗家)

■藤舎  推峰 (とうしゃ すいほう)(邦楽笛演奏家)

■吉川  壽一 (よしかわ じゅいち)(SYOING アーティスト)

※敬称略、50音順
※略歴は別添資料を御覧ください。

●本件に関する詳細は以下の⽂化庁ホームページを御覧ください。
  https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/92619901.html

●⽂化庁⽂化交流使事業については以下の公式ホームページを御覧ください。
  https://culturalenvoy.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ