プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

IPG DXTRA

Interpublic GroupがIPG DXTRAを立ち上げ

AsiaNet 86312 (1975)

 
【ニューヨーク2020年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*CMGのサービスは発展の結果、効果的な統合ソリューションを提供するグローバルな特化型マーケティングサービス企業共同体の中核でコラボレーションを促進する

Interpublic Group(インターパブリックグループ)(NYSE:IPG)は28日、Constituency Management Group(CMG)をIPG DXTRAと呼ばれる事業体に発展させたことを発表した。CMGはウェーバー・シャンドウィック、Golin、Octagon、FutureBrand、Jack Mortonを中心に、28の世界的なマーケティングサービスとエージェンシーブランドが集った同持ち株会社のグローバルな共同体である。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1320232/IPG_DXTRA_Logo.jpg

IPG DXTRAは高度に特化された企業グループに、インパクトを強化し、統合ソリューションの実行と管理をシンプルにする目的で設計された強力なコラボレーションエンジンを提供する。これは従来型のモデルを再構築し、アジャイルかつ包括的で文化に根差し、目に見える形で効果的・効率的なアプローチを実現したいという顧客の間でますます高まっているニーズから生まれたものだ。

IPG DXTRAエージェンシーはパブリックリレーションズ、経験価値、スポーツとエンターテインメント、ブランディング、デジタル体験、ソーシャルコンテンツ、インフルエンサーマーケティングなどにわたるクラス最高の専門知識を顧客に提供する。この新たなブランディングは、その関係企業が世界中で共に関与する顧客に提供するオープンアーキテクチャーソリューションに関し、親会社IPGとのグループとしてのつながりを強化するものだ。

IPG DXTRAの会長兼最高経営責任者(CEO)、Andy Polansky氏は「個々のエージェンシーは大手企業だ。このグループが一体になり、われわれがそのソリューションを顧客に提案すれば、われわれは素晴らしい仕事を遂行して他に例のない影響を創出することになる」と述べた。

Polansky氏によると、今日の顧客は複雑なビジネス環境の中で成功するためのさまざまな方法を探している。同氏は「われわれは、独自構成されたエージェンシーのソリューションと多様なチームは力強いビジネスの結果をもたらせることを経験してきた。IPG DXTRAは高度に戦略的で本当の意味の統合に集中したアプローチをするために設立された。それは違いを尊重し、顧客の投資を最大化する形で特化型組織の力とビジョンを融合したコラボレーションモデルである」と述べた。

Polansky氏は、多様な専門知識にわたる顧客向けにソリューションを設定するために既に協力しているIPG DXTRA企業の姿を見れば、この提案はさほど野心的なものではないと述べ、「現在、IPG DXTRAの最大手顧客10社中9社は、チャンネルと領域の全体にわたってわれわれのチームを選んでいる」と述べた。

IPG DXTRAのグローバルポートフォリオには次のような受賞歴を持つ企業がある。それはバブリックリレーションズから経験価値、スポンサーシップ、ブランディングまでに及ぶ5つのコアブランドを超えたものだ。エンターテインメント、ライフスタイル、インフルエンスとポップカルチャーで顧客と結びつくR&CPMK、フルサービスのデジタルマーケティングエージェンシーのGenuine、デジタル体験エージェンシーHugo & Cat、ソーシャルコンテンツ企業That Lot、世界的なインフルエンサー・マーケティングエージェンシーITB、組織とビジネス変革コンサルタントUnited Minds、アーンドを主体とする広告エージェンシーのThe Brooklyn Brothersである。

Polansky氏は「IPG DXTRAのアプローチにより、エージェンシーブランドはますます複雑化する世界で顧客が回復力ならびに関係性を持つことを支援するコラボレーションをしながら、エージェンシー独自の文化と特性を維持することができる。われわれは目的を共有した多数のブランドと数千人の才能ある人材の集まりであり、クリエーティブで協力的な創意工夫を通してわれわれの顧客にビジネスインパクトをもたらす。なぜなら、何にもまして、異なった人々が集まったときに良いことが起きるとわれわれは信じているからだ」と述べた。

Polansky氏は2012年からWeber ShandwickのCEOとして働いた後、IPG DXTRA(以前はConstituency management Group、CMG)の会長兼CEOの職を2019年7月に引き継いだ。

IPG DXTRAの立ち上げは経営陣の指導チームが任命された後、2019年後半のことだった。その陣容は以下の通り。最高成長責任者のCathy Calhoun氏、最高医療責任者のLaura Schoen氏、最高人事責任者のAbby Gold氏、最高多様性・包括性責任者のMargenett Moore-Roberts氏、最高財務責任者のChristopher Carroll氏、相談役兼事業・法務担当上級副社長のJosh Kauffman氏

IPG DXTRAに所属する企業は次の通り。
Advantage、Cappuccino、Current Global、DeVries Global、dna Communications、Flipside、 Frukt、FutureBrand、Futures Sport & Entertainment、Genuine、Golin、Hugo & Cat、ITB、 Jack Morton、KRC Research、Milkmoney、Octagon Sports & Entertainment、Powell Tate、 Prime Weber Shandwick、R&CPMK、Resolute Digital、ReviveHealth、That Lot、The Brooklyn Brothers、United Minds、UXUS、Virgo Health、ウェーバー・シャンドウィック

この新しいブランド、アイデンティティーとウェブサイト(www.IPGDXTRA.com )は、共にIPG DXTRAブランド集団の一部であるFutureBrandとHugo & Catが構築した。

▽IPG DXTRAについて
Interpublic Groupの一部であるIPG DXTRAはウェーバー・シャンドウィック、Golin、Octagon、Jack Morton、FutureBrandを中心に集まった28のマーケティング特化ブランドと7000人以上の従業員から成る世界的な共同体である。IPG DXTRAの企業は経験価値、パブリックリレーションズ、スポンサーシップ、イノベーション、ブランド、インフルエンサー、デジタル、ソーシャルの顧客向けに必要とされるスキルと専門知識の独自のコンビネーションを結集し、スポーツ、医療、エンターテインメント、CPG、ラグジュアリー、技術と金融サービスといった多岐にわたる分野の分析を行っている。より詳しい情報はwww.IPGDXTRA.com を参照。

▽Interpublicについて
Interpublicは価値に基づき、データで力を得て創造的に推進される。大手グルーバルブランドとしてはアクシオム、Craft、FCB(Foote, Cone & Belding)、FutureBrand、Golin、Huge、Initiative、Jack Morton、MAGNA、マッキャン、モメンタム、MRM//McCann、マレンロウ・グループ、Octagon、R/GA、UM、ウェーバー・シャンドウィックを含む。他の大手ブランドとしてはAvrett Free Ginsberg、Campbell Ewald、Carmichael Lynch、 Deutsch、Hill Holliday、ID Media、The Martin Agencyがある。より詳しい情報は www.interpublic.com を参照。

ソース:IPG DXTRA

▽問い合わせ先
William Nikosey
IPG DXTRA
(908) 783-8091
wnikosey@IPGDXTRA.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ