プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Humanising Autonomy

Humanising Autonomyが、Ambarella Cvflow(R)AIビジョンプロセッサーの協力を得て、業界を牽引する次世代ドライブレコーダー用VRU認識を提供

AsiaNet 86239

2020年10月27日ロンドン、/PRNewswire/ — 予測分析AI企業であるHumanising Autonomyは本日、Ambarella, Inc.(Nasdaq:AMBA)と協力して、 先進運転支援システム(ADAS)、自律走行車(AV)、消費者向けドライブレコーダー用の最先端の知覚および人間行動分析を提供すると発表しました。 Humanising AutonomyのHAxEdge意図予測エンジンとAmbarellaのCVflow(R)チップを統合することで、様々な車載カメラで高度な道路使用弱者(VRU)認識が可能となります。このソリューションは、すでに利用可能となっています。

このソリューションは、コアコンピュータービジョンアルゴリズムに関するAmbarellaの深い知識と、Humanising Autonomyの人間の意図予測に関する専門知識を組み合わせ、卓越したASIL(自動車安全水準)Bグレードのカメラソリューションを市場に投入します。 デバイスメーカーと自動車メーカーは、SoCのCVflowレンジで最適化されたHAxEdgeを使用して、ADASおよびAVシステムの安全上重要な機能を向上させることが可能になります。 この低電力のモジュラーソリューションは、前方衝突警告のリアルタイムの意図予測、死角検出、自動緊急ブレーキ、適度なクルーズコントロール機能など、様々な用途で使用できます。

HumanisingAutonomyのCEOであるMayaPindeus氏は以下のように述べています。 「AmbarellaとHumanisingAutonomyには、すべての環境で正確な知覚を提供するという使命があります。」 「CVflowチップのパワーと組み合わせることで、HAxEdgeは、OEM、Tier 1、およびデバイスサプライヤーに、ドライバーと歩行者の両方の安全性を向上させる力を与えることが可能となります。」

Ambarellaのマーケティングおよび事業開発担当副社長であるChrisDayは、次のように付け加えました。 「このコラボレーションにより、ドライブレコーダーおよび自動車メーカーは、単一の低電力AIビジョンプロセッサで最適化された最先端の知覚と人間行動分析に簡単にアクセスでき、幅広い用途をもたらします。また、市場投入までの時間も短縮できます。」

Humanising AutonomyのHAxEdge製品は、ビデオデータから観察可能および予測可能な行動を抽出して、人間行動の全範囲を予測する最先端の意図予測エンジンです。 Ambarellaのチップアーキテクチャは、コアコンピュータビジョンアルゴリズムの深い理解を基盤としており、CVflow(高レベルのアルゴリズム記述でプログラムされた専用のビジョン処理エンジン)が搭載されています。これにより、Ambarellaのアーキテクチャは、非常に低い消費電力でパフォーマンスを1秒あたり数兆回の操作に拡張できるようになります。

HUMANISING AUTONOMYについて

Humanising Autonomyは、自動化されたシステムがあらゆる環境において人々と相互作用する方法を改善できるように世界基準を作成する予測分析AI企業です。Humanising Autonomyの意図予測エンジンは、重要な知覚技術として、リアルタイムの事故とニアミス防止を提供し、世界中の都市におけるモビリティシステムの安全性と効率を向上させます。 性差がなく様々なバックグラウンドを持つ従業員で成り立つ同社は、商業的および技術的な両方の役割を積極的に採用しており、世界中の人々と自律技術の間のより良い相互作用をもたらすために精進しています。 詳細について: https://www.humanisingautonomy.com.

連絡先:
Emily Taylor 
+44 (0)7308 658586 
emily@humanisingautonomy.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ