プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

広州交易会(Canton Fair)

第128回広州交易会が閉幕、国際貿易の回復に力を与える

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010276287-O1-Ce4uE0P2

AsiaNet 86281 (1960)

 
【広州(中国)2020年10月26日PRNewswire =共同通信JBN】国際的企業とバイヤーが指を1本動かすだけでバリアフリーの貿易体験ができるというユニークな機会を提供する最先端のデジタルプラットフォームで、10日間に渡って開かれてきた第128回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair(Canton Fair))が閉幕した。

Photo- https://mma.prnewswire.com/media/1319955/1.jpg

交易会は、記録を塗り替える226の国・地域からのバイヤーを迎え入れた。10月24日現在、このプラットフォームは、企業の仮想展示ホールへの789万回以上の訪問を含む5117万回の訪問を受けた。

広州交易会のスポークスパーソンで、中国対外貿易センターの-徐兵(Xu Bing)副ディレクターによると、現在のCOVID-19パンデミックは各国が経済拡大と救命を同時に行おうとする際に極度の難題をもたらしてきたと述べた。中国は、国際貿易と投資の回復を助けると同時に国際的な産業とサプライチェーンの正常な状態への復帰を促進するよう努めている。

30カ国346の国際出展者の8500製品など、2万6000の出展者が247万以上の製品を持ち寄った。これは前回と比べ16.5パーセント増だった。その中で、21.6パーセント増の73万点の新製品がイベントで発売された。

今年の広州交易会では、デザイン、機能、職人技、素材面で革新性を持つ相当数のトレンド製品が見られた。91社の131の製品は大胆で革新的なデザインが評価され、名誉ある2020年Canton Fair Design Awards(広州交易会デザイン賞)を受賞した。

この華やかな見本市は、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能などの「新しい」テクノロジーも使われ、グラフィック、ビデオ、3D、バーチャルリアリティ(VR)の各プラットフォームを通してバイヤーに没入型体験を提供した。VR展示ホールは2,046社の製品を展示し、合計16万3200回の訪問があった。一方、カスタマイズされたライブストリーミングショールームもまた189万人が参加する盛況ぶりだった。

バイヤーは仮想の広州交易会について、イントラアクティブな会話への参加で新技術と市場情報を知り、新製品の閲覧によって特別なユーザー体験を提供したとコメントした。アップグレードした機能によってバイヤーはオンラインで多数のサプライヤーとメーカーの高品質な製品に効率的にアクセスできるようになった。

展示会に加えて、広州交易会はまた、国際貿易を探求し、さらに後押しするために一連のオンラインおよびオフライン支援イベントを主催した。38の仮想ビジネスマッチングイベントが37の国・地域で開催され、アフリカ、欧州、アジアの6業界団体がCanton Fair Global Cooperative Partnership Program(広州交易会協力パートナーシッププログラム)に参加した。

ソース:Canton Fair

画像添付リンク:

Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=375016
(写真説明:第128回広州交易会が終了、国際貿易の回復に力を与える)

第128回広州交易会が終了、国際貿易の回復に力を与える
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ